2018年5月19日 (土)

プーシキン美術館展:風景画、いいね

520日 「プーシキン美術館展―旅するフランス風景画」(東京都美術館)180519pushkin2 会期は78日までだが、手持ちのチケットが25日までで、体調もかなりよくなってきたので出かけた。まったく予備知識を持たず、点数も多くて疲れそうと覚悟していたが、風景画、それもフランスの風景に焦点を当てた展覧会で、出品点数は65点、ゆっくり見られたし、疲れもしなかった。個別の感想はなしで、全体的に感じたことを。
1章「近代風景画の源流」
風景画は宗教画や歴史画と違って背景がわからなくても鑑賞できるからいい。第1章は神話や歴史の背景としての風景。画家は物語を主体としているのかもしれないが、背景である風景が主体なんじゃないかという印象を受けた。物語を知っていればなお理解が進むのではあるが、知らなくてもその風景から物語性を感じ取ることもできるような気がした。そういう展示をしていることや、実際は11点につけられた解説(全部の作品に解説があるのはありがたい)を読んでいるからそんな気がするだけなのかもしれないけど。
2章「自然への賛美」
単純に自然=風景画という公式にあてはめられないような、人も動物も「自然」の一部であり、そういう「自然」に視点を置いた作品たちであるように見えた。
3章「大都市パリの風景画」
パリという風景の中に生き生きと息づく人たち。人を描きながら、その時々のパリの空気までも描いている、そんなふうに感じられた。一番好きな章である。
4章「パリ近郊―身近な自然へのまなざし」
印象派が登場する。人物は描かれていても風景の一部であり、光・色などから風景そのものへの関心が一段と高まっているのではないかと思った。
5章「南へ―新たな光と風景」
鉄道網の発達によって中~南部フランスへの旅が可能になる。画家たちも南仏の明るい陽射しを描き、フォーヴィズムが誕生する。こうして第1章から眺めてくると、そういうものに魅せられた画家たちの気持ちがわかるなあと思う。
6章「海を渡って/想像の世界」
面白いと思ったのは、ゴーギャンは実際にタヒチに渡ったがルソーは植物園から遠くに行ったことはないそうで、彼のあの独特の絵は想像で描かれたものだということ。そういう目であらためてルソーを見ると、うまく言えないが自由と想像の枠が重なりあっているようで、非常に興味深い。

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

2018年5月13日 (日)

512日 五月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
5月に入ってから体調があまりよくなく、ほぼ家に閉じこもりっきりで、電車に乗ったのは15日ぶり。ただでさえ眠い昼の部がよけい眠かった(家でも眠ってばかり)。そういう中での感想ということで…。
「雷神不動北山櫻」
多分3度目。それなのに発端と序幕はほとんど覚えていなかった。前回(201412月)は口上が人形によるものだったことも忘れていた。幕開けの口上で海老蔵さんが、今年は成田山開山1080年であること、十二代目團十郎五年祭であることを伝えていた。幕間、成田山の不動明王出開帳にはお詣りの列が絶えなかったが、私が見ていたわずかな時間に團十郎さんの祭壇の前で足を止める人はほとんどなく、寂しい気持がした。祭壇に手を合わせるとあらためて悲しみが押し寄せるとともに、生前意識しなかったのに私って相当團十郎さんが好きだったんだなと胸が熱く痛くなった。

海老蔵さんの五役では鳴神が一番よかった。海老蔵さん特有の、内にこもる暗さみたいなものが活きているし、雲の絶間姫の籠絡によって堕ちていく様もいいし(弾正のイタズラよりもうぶな鳴神のほうが好もしく見えた)、怒りもすごい。龍神を閉じ込めた是非はともかく、二度も騙された鳴神の悲しみのようなものも感じられ、同情を禁じ得なかった。菊之助さんも美しく(久しぶりに菊之助さんの正統派美女を見たような気がする)、知的で、任務を遂行するために鳴神を騙す中に心からのやさしさが感じられてとてもよかった。
粂寺弾正は、ユーモラスなところはいいのだが、セリフ(発声)がどうも好きになれない(なんか、あまりキレ者に感じられなくて)。團十郎さんに似ているようでいて、ちょっと違うんだなあ。弾正と鳴神についての感想は前回観劇時とほぼ同じだ。
安倍清行は100歳を超えても見た目超美青年(ありえねえ感がいい)。声がふわふわしてセクハラじいちゃんだったが、嫌いじゃない。
悪役の早雲王子は前半ちょっとの出番でどうということもなかった(安倍清行との早替りは見事だった)が、最後の立ち回りで四天とともに暴れ、存在感発揮。花道の大ハシゴは蘭平みたい。どなただかわからなかったが、六人?七人?返り越しもばっちり決まり、大拍手。
口上でも物語を簡単に説明していたが、発端・序幕があったことで、「毛抜」へのつながりがよくわかった。文屋家と小野家に対する悪事、鉄の簪が錦の前に亘る経緯、小原万兵衛の正体等、単独でも十分楽しめる「毛抜」をもっと楽しく見ることができた。

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

2018年5月 8日 (火)

ご無沙汰

180508
5月に入ってから家に閉じこもりっきりで…

| | コメント (0)
|

2018年5月 2日 (水)

七月歌舞伎座演目発表

七月歌舞伎座の公演情報が出た→ココ

昼は「三國無雙瓢箪久」
夜は「源氏物語」

どちらも通し狂言で、海老蔵さんの宙乗りがあるようだ。
昼夜とも初めて見る演目なので期待大です。

| | コメント (4)
|

2018年4月30日 (月)

名作誕生

420日 「名作誕生 つながる日本美術」(東京国立博物館)
180430meisaku いずれきっと混むからと、珍しく会期の早いうちに鑑賞。
ミーハー素人が生意気だけれど、流れもよくわかり、大変いいものを見せていただいた、と思った。
1章 祈りをつなぐ
 テーマ1 一本の祈り
 テーマ2 祈る普賢
 テーマ3 祖師に祈る
2章 巨匠のつながり
 テーマ4 摂州と中国(①風景をつなぐ、②玉澗をつなぐ、③本場の水墨をつなぐ④「和」「漢」をつなぐ)
 テーマ5 宗達と古典
 テーマ6 若冲と模倣(①鶴の変容、②若冲の鶏)
3章 古典文学につながる
 テーマ7 伊勢物語
 テーマ8 源氏物語
4章 つながるモチーフ/イメージ
 テーマ9 山水をつなぐ(①松林、②富士三保松原、③吉野山)
 テーマ10 花鳥をつなぐ(①蓮、②雀)
 テーマ11 人物をつなぐ(①戸をたたく男、②縁先の美人、③交わされる視線、注がれる視線)
 テーマ12 古今をつなぐ(①江戸の坂、東京の坂、②寒山としての麗子)

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

2018年4月26日 (木)

一世一代の悪の華:四月歌舞伎座千穐楽夜の部

426日 四月大歌舞伎千穐楽夜の部(歌舞伎座)
180426kabukiza 仁左様の一世一代は
20096月の「女殺油地獄」以来だろうか。そしてカーテンコールも多分あの時以来。あの時はやっと開いた幕の中に与兵衛の姿はなく、お吉が倒れたままという見事なカーテンコールに万雷の拍手が送られた。

 今回は「これぎり」で幕が閉まった後、拍手が鳴りやまない。松嶋屋~の掛け声もさかんにかかる。仁左様は出てこないんじゃないかと思いつつ拍手していると、ついに幕が開いた。身なりを整えた大学之助が舞台真ん中で三方向にお辞儀をする。感動して涙が出そうになった。

最後というこちらの意識がそう感じさせるのか、いや、実際そうだったのだろう、大学も太平次も悪がグレードアップしていた。そして仁左様が楽しそう。愛嬌と冷酷さを交互に見せる太平次、高笑いする大学、本当にのびのびしていた。そのせいか、あるいは仁左様の爽やかさなのか、南北のドロドロは薄いかもしれないが、私にはほどよい感じだった。子供の場面もつらいながらこれまでよりは…。
これだけ魅力的な悪はそうそうはない。
芝居そのものもテンポよかったし、他の役者さんもみんなよくて、大満足。


仁左様は、太平次の女性について、利用するだけで惚れたことがないのだろうと筋書きで言っている。確かにそうかもしれないけれど、女房には利用するだけではない特別の感情があったのではないかと思いたい。自分で手を下さなかったことがその理由なんだけどね。私の勝手な願いである。

| | コメント (2)
|

2018年4月20日 (金)

四月歌舞伎座昼の部

414日 四月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)

昼の部は長いなあとおそれをなしつつ観劇したが、案外長さは感じなかった。夜の部もそうだったが、一幕一幕が1時間前後だったのとその割にブツブツ切れる感じがなかったのがよかったと思う。
「西郷と勝」
西郷の3つの感動に共感を覚えた。
雪の富士を見た時。日本人に生まれてよかった。現在の私でさえ富士山が見えると日本人でよかったとの感慨を覚えるのである。鹿児島の西郷さんが富士を見ての思い、どれだけのものだったろうと胸が熱くなった。
御殿山から江戸の町を仰ぎ見た時(「仰ぎ見る」と言ったと思うけれど、聞き違いかも)。図面の上だけで、こことこことここから攻撃すると決めたのは間違いだった。江戸の町の広大さ、そこには人が住んでいる。そうだ、図面からは人の息吹は感じられない。目の前に町を見てこそだ。
イワシ売りと長屋の住人の喧嘩を見た時。政治のことなど何も知らない無辜の人たち、五十文にこだわって家族の生活を支えている人たちが明日は火の海に巻き込まれる。恐ろしいことを考えたものだ。
「実に戦争ほど残酷なものはごわせんなあ」(正確なセリフじゃないかも)には思わず拍手が起きる。
などなど、長い西郷(松緑)のセリフには説得力があった。涙が出た。しかし一方で、慶喜に対する評価には首をかしげた。敵前逃亡については現代でも色々言われていて、なるほどと頷ける説もなくはないけれど、西郷のこの評価はどうかなあ。
松緑さんの中に垣間見える陰影が西郷の豪快さに深みを加えて、とてもいい西郷だったと思う。
私の勝手な想像として勝は鋭さがあると思っていたんだけど、錦之助さんは鋭さというよりは鷹揚で包容力がある感じだった。染五郎×亀治郎の「竜馬がゆく」では、錦之助さんが西郷だったんだなあと懐かしく思い出しつつ。

» 続きを読む

| | コメント (6)
|

2018年4月12日 (木)

四月歌舞伎座夜の部

48日 四月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
最初に見たのがあの地震の6日前、お芝居自体のインパクトに公演中止となったことが相俟って強烈な印象が残っている。そして1年後の4月公演はなんと3度もリピートしていたから(それは忘れていた。しかし6年前はまだ元気だったんだなあ、私も)、今度で4回目となる。
「絵本合法衢」
今までの2回(一応1公演を1回として)に比べて面白さが増したような気がしていたが、自分の感想を読み返すと2回とも今回に劣らず面白く興奮していた。お話自体はとにかく人が死ぬ。これでもかこれでもか、というほど善人側のほぼ全員が大学之助と太平次の手にかかる。大学はどうしたらいたいけな子供さえも平然と手にかけるような冷酷・残忍な人間になったのか。人面獣心と言うが、獣よりひどい。生まれた時はかわいい赤ん坊だったろうに。何があったら人間こうなるのだろう(「悪の種子」だろうか。この本、父の蔵書にあったが、読みそびれたので、タイトルだけから想像)とついつい考えてしまう。それに、あの場面はどうしても好きになれない。だけど、こんなに面白い、また一幕一幕が短い割には堪能できるのは、ひとえに仁左様の<悪の華>の魅力に尽きるのではないだろうか。というか、あんな物語、主人公が魅力的でなければ成り立つわけがない。その魅力を楽しめばいいのだ、多分。

» 続きを読む

| | コメント (10)
|

2018年4月 6日 (金)

名残

180406tram
数日前の写真ではありますが…


| | コメント (0)
|

2018年4月 3日 (火)

「黒蜥蜴」へ、そして本公演へを期待したい「怪人二十面相」

41日 「怪人二十面相~黒蜥蜴二の替わり~」千穐楽(サンシャイン劇場)
三越劇場で見た新派の「黒蜥蜴」が面白かったし、緑郎・貴城けい夫婦の初共演(夫婦になってからの初。ちなみに結婚前の初共演の芝居も見ている)という超ミーハー的興味でチケットを取った。
以前はキャラメルの芝居をよく見に行っていたが、改装されてからは多分初めてのサンシャイン劇場は私にとって都電東池袋四丁目がとても便利(JRからくるとサンシャインの一番奥だから)こんなに近いと思わなかった。しかし劇場の二階席は遠かった。8段ほどの階段を8回。
座席は最前列だったが、手すりは他の劇場に比べて邪魔さ加減が緩かった。ただ、傾斜がきついので後列のほうが案外見やすかったかもしれない。

幕が開くと、貴城さんがレビューのトップスター花菱蘭子として登場。さすがの華やかさで、歌もダンスも宝塚ファンならずとも楽しくて嬉しい。セリフもレビューのスターらしく宝塚的で独特のオーラがあった。しかも、蘭子はただのスターではない。なんと黄金仮面だったのだ。男役はもちろんカッコいい。ほんと素敵。ここに警官が突入し、風紀を乱すと言って蘭子たちと乱闘、ひとまず幕。
そして緑郎さん扮する講釈師・悟道軒円玉が登場、この講釈師がうまくて感心した。メリハリきかせ物語をユーモアたっぷりに、生き生きとわかりやすく伝える。もう一役、メインの明智小五郎はもちろんカッコいい(夫婦でカッコいいね)。優しさと正義感は緑郎さんぴったり。この物語は「黒蜥蜴」につながっており(ということが最後にわかってびっくりした)、こちらの明智は「黒蜥蜴」より若い。緑郎さんも若々しい。新派にとって久々の若手(と言っていいよね)二枚目だし、三枚目も講釈師のような役もできる演技の幅が広い役者さんは本当に貴重だとあらためて思った。
大河原美弥子の雪之丞さんは、悲しい過去が彼女を強くし、それでいて過去から逃れられぬ謎の女を好演。雪之丞さんでなければ出せない雰囲気をまとっていた。明智に語る彼女の過去は、傍観者である明智の前で芝居として繰り広げられる。若いつらい弱々しい時代と今の堂々たる存在を雪之丞さんはうまく演じ分けていた。
美弥子にひどい仕打ちをするお鉄婆の伊藤みどりさんの怪演が効いていた。
春本由香さん(河野不二子)はお嬢さんから脱皮して二十面相の世界へ入っていく変化を<らしく>演じていて好感がもてた。
自主公演ではあるが、面白い脚本でテンポよく、しっかりした演技に裏打ちされたレベルの高い面白い芝居で、ぜひぜひ本公演での上演も期待したい。


» 続きを読む

| | コメント (0)
|

«六月歌舞伎座演目・配役発表