2017年7月18日 (火)

ハッピーエンドはやっぱりいいね「紺屋と高尾」

716日 七月名作喜劇公演(新橋演舞場)
迷った末にポイント稼ぎで取ったようなものだけど、ポイントは多分八月歌舞伎座を取った時点で達成したから、あまり気にしなくてよかったかも。
日曜日夜の部、3階は空席が目立って寂しかった。
「紺屋と高尾」
浅野ゆう子が演舞場初登場とは知らなかった。熱海五郎で出ていると思っていたが、BSの「コントの劇場」に出ていたから熱海五郎にも出ていると勘違いした。
高尾の役は藤山直美が予定されていたそうで、藤山さんがやっていたら、ところどころに笑いの要素をちりばめ、味わいはまったく違ったものになっていただろう。浅野さんの高尾はそのクールさが役に合っていたし、江戸一の太夫であっても8歳の時から苦界に身を沈め、年季が明けたら明けたで行くところのない悲しみ、寂しさが滲んでいて(だからこそ、金の絡まぬ久造の一途さに惹かれたのだ)、当時の遊女の置かれた状況やその気持ちに思いが至り、胸にしみた。コミカルな部分は緑郎さんに任せながら、どことなく可笑し味も漂う。
見初めは「籠釣瓶」と同じ。ポン引に騙されそうになるのも同じだが、ここでは紺屋職人久造はまだ出てこない。騙されかけるのは同じお店の先輩職人たちだ。久造は花魁道中にくっついて行っちゃって先輩とはぐれてしまったのだ。やがて久造が合流して帰ろうかという時、高尾の花魁道中に出くわす。「籠釣瓶」との違いは、久造はしがない職人で金がないこと、ハッピーエンドになることだ。
緑郎さんが喜劇もイケるのはこれまでの何作かでわかっていたが、今回も一筋に高尾を恋い慕う久造を真面目に可笑しく演じていた。久造は純朴という設定なんだけど、緑郎さん自身がかっこよくてイキなので純朴というよりは、ただただ一直線という感じか。恋煩いが可笑しくて可笑しくて。当人はいたって大真面目に恋煩っているのだから笑っては気の毒と思いつつも可笑しい。それから、やっとお金を貯めて医者の玄庵(文童)の案内で高尾に会いに行く時の可笑しさ。紺屋の職人では太夫に相手にされないからとお大尽に仕立てられるのだが、お大尽の立居振舞が久造にできるはずもなく、何を言われても「おう」と答えておけと玄庵に入れ知恵される可笑しさ(緑郎さんの色々な「おう」に笑った笑った)。「蘭平物狂」おりくの「はいはい、左様左様」を思い出した。ここでは股引騒動というドタバタ喜劇的な面白さも楽しんだ。緑郎さんは藤山寛美のDVDを見て久造が大好きになったそうだが、時々寛美さんに似ているなと思うところがあった。

» 続きを読む

| | コメント (2)
|

2017年7月15日 (土)

七月歌舞伎鑑賞教室:「一條大蔵譚」

711日 歌舞伎鑑賞教室(国立劇場大劇場)
半蔵門駅から国立劇場までわずか歩くだけでもユーウツになる。運動不足、こんなことじゃいかん、と自分を叱咤しながら、半蔵門駅に新しくできたエスカレーターをつい使ってしまった(多分、次も使う)。
「歌舞伎のみかた」
場内真っ暗になると学生がどよめく。亀蔵さんの姿がセリに浮かび上がり、盆がまわり、大小のセリが上下しながら舞台は平らになる。尺八によるBGMがちょっと時代劇を思わせる(あの音楽、聞いたことあるようなないような…)。舞台両脇には電光掲示板があり、キーワード(回り舞台、セリ、花道、上手・下手、黒御簾、ツケ、女方、見得、義太夫節、竹本)が表示される。ちなみに、「女方」は「形」ではなく「方」と書くのが本来だとどこかで見たので私もなるべく「方」を使っているが、電光掲示板でも「方」となっていた。
亀蔵さんはバツグンの声、滑舌でオーソドックスながらそれらキーワードをてきぱきとわかりやすく説明する。
黒御簾の中を見せてもらうのは久しぶり。いつもながら狭い空間だ。今回は三味線3人、鼓2人、太鼓1人、唄3人。三味線さんが去って大太鼓が入る。大太鼓は自然現象を表す。「大蔵卿」の屋敷の場面の音楽は雅楽をイメージしているのだそうだ。
この後、竹本+ツケ+驚いた演技/見得を亀蔵さんが披露。「本朝廿四孝」から白須賀六郎のセリフ(かな?)と「国姓爺合戦」の虎との立ち回り(黒御簾も加わる)の実演があった。やはり虎が出てくると盛り上がる。最後に浄瑠璃・三味線・ツケに加え虎の紹介があった。「虎クンです」との亀蔵さんの紹介に虎クンが立ち上ってお辞儀をしてひょこひょこ後ろの幕に引っこむ姿がウケていた。

» 続きを読む

| | コメント (4)
|

2017年7月13日 (木)

七月歌舞伎座昼の部

79日 七月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
外は暑く、歌舞伎座内は寒く…。幕間にあたたまりに外へ出たほど。
いつもの座席が取れなかったのだけど、今回の席もなかなか良い。8月も同じ席を取らざるを得なかったが、やはり「いい」と思ったら、今度からその席を狙うかも。
「矢の根」
季節はまったく逆だけど、右團次さんにぴったりの演目ではあるよね。右團次さんの「矢の根」は2年前の5月明治座以来。寝ている間も力が漲っているなど、大らかで荒唐無稽で、いろいろ見どころがあって楽しめる。ミーハー的一番の見どころは仁王襷の結び直しで、毎回、後見さんのてきぱきと力強い働き、仕上がり直前の三味線さんとのアイコンタクトがたまらない。
九團次さんの大薩摩文太夫は「らしさ」があった。
笑也さんはいかにも夢の中に登場したという、独特の透明感が活きた。
弘太郎さんはコミカルで、楽しい笑いをもたらしてくれた。
「盲長屋梅加賀鳶」
花道は4人(右團次、巳之助、男女蔵、亀鶴)までしか見えないので、ツラネはほぼ声のみ。先頭右團次、しんがり左團次で若手からベテランまでなかなかの顔ぶれ。でもセリフは黒御簾音楽と重なってあまり聞こえなかった(これまでに何回か見ているが、いつもそう)。男寅クンは横顔がおとうさんに似てきたなとか、秀調さんのこんな役は珍しいようなとか…。
梅吉は顔の色が濃くて、道玄と同じに見えた(光の加減かしら?)。暗くて凄みがあったが、「自分を殺してから行け」といきり立った男たちを止めるくらいだからそれくらいの凄みはあった方がいいのだろう。
松蔵は中車さん。あんなに忙しそうなのに、どんどん歌舞伎を吸収していってるのがすごい。落ち着いた演技で大きさも感じさせた。これも毎度同じなんだけど、殺しの現場でほぼ証拠となるような品を手に入れながらそれを道玄に返してしかも10両を与えるのは未だに納得できない。
道玄は、7年前に見た團十郎さんがめちゃめちゃ面白かった。團十郎さんの大らかで愛嬌たっぷりな悪党ぶりとはずいぶん違うけれど(もうああいう役者さんは出てこないだろうなあとあらためて残念、寂しく思った)、海老蔵さんにはふてぶてしさ、松蔵にやり込められた時のカクッときた感じ(ここ、なんだかとってもよかった)などに愛嬌があった。久々に<やんちゃな海老蔵>、<海老蔵のやんちゃ>を見た気がして、嬉しい。御茶ノ水坂の場面は海老蔵さんのセリフ回しが幸四郎さんにとても似ていた。
齊入さんは海老蔵さんとの年齢差がどうかなと懸念したけれど、完全に杞憂。世の泥水をたっぷり飲んだ感じは海老蔵さんより上だけれど、この悪党カップルには違和感がまったくない。
笑三郎さんのおせつはしっとりとしており、なぜこんなDV男と結婚してしまったのか、哀れであった。大詰一場での折檻の場面はなく、いきなり縛られて転がされていた。折檻は気持ちのいいものではないので、まあいいか。
立ち回りは面白いが、これもいつも同様、やや長いと感じた。
江戸の市井の話は面白い。

» 続きを読む

| | コメント (12)
|

2017年7月 8日 (土)

胸きゅん甦る:「冒険者たち」

77日 映画「冒険者たち」(文化村ル・シネマ)
以前、コメント欄でカトウ様に教えていただいたル・シネマのアラン・ドロン特集。なかなか上映日程とこちらの日程を合わせるのがむずかしいなあとため息をついていたところ、幸いピンポイントでこの日の初回、1020の「冒険者たち」を見る計画が立った。もっとも、当日早起きができたら、という条件付きで。見たい気持ちが勝ったのかな、ばっちり早起きできて、寝ちゃうかもしれないという自信のなさも克服して、しょっぱなにあの口笛のメロディーが流れたとたん、胸きゅんが甦った。

見ているうちに思い出したり、完全に忘れていたり、が多々あった。忘れていたのは前半部分が多い。レティシアとローランが知り合うきっかけは完全に忘れていた(後の展開に、この場面は絶対必要だったなと思う)。レティシアが個展で着ていたメタルのドレスは、ああそうそう、このドレス素敵だったな、彼女にしか着こなせない、って思ったことを場面ごと思い出した。パコ・ラバンヌの甲冑ドレスだそうだ。ジョアンナ・シムカスはすごく美人というわけではないが、まさにレティシアそのもの。レティシアの魅力はすなわちジョアンナ・シムカスの魅力だ。シドニー・ポワチエと結婚したため早く引退した彼女の映画をこの1本しか見ていないのは残念だ。
後半部分、パイロット(セルジュ・レジアニ)の存在はすっかり忘れていた。財宝の在り処を知っている大事な人物なのに。イヤな奴だと思っていたが、財宝を横取りしようと狙うヤツらにマヌーを売らなかったので見直した(バレバレだったけどね)。このパイロット、生命力が強いというか、飛行機の遭難でも生き残ったし、3人の船に泳いで乗り込んできたし、ローランとマヌーに救命ボートで大海に放り出されても生きていたし。でも最後はヤツらに…。
財宝探しってたいがい情報がガセだったりしてうまくいかないものだけど、この4人(3人に途中からパイロットが加わる)はあっさり見つけてしまう。そして4人で均等に分ける(パイロットは海に潜っていないレティシアに分け前を与えるのは不満そうだったが、ローランがレティシアもちゃんと協力していることを理由に)。レティシアは自分の分け前をローランのと一緒にする。そしてマヌーも。この場面、好き。


» 続きを読む

| | コメント (2)
|

2017年7月 3日 (月)

秀山祭

九月歌舞伎座の演目と配役が発表になった→ココ
昼の部では染五郎×菊之助の「毛谷村」、夜の部では久々の「逆櫓」、初めて見る「再桜遇清水」が楽しみ。
藤十郎×壱太郎の「道行」も楽しみではあるんだけど、寝てしまいそうで…。
「幡隨長兵衛」、好きだねえ役者さんは。染五郎さんに水野としてどれだけの大きさが感じられるかが見所の一つかな。

» 続きを読む

| | コメント (7)
|

2017年7月 1日 (土)

おかえり

170701kutinashi
4年前に庭の奥から真ん中へ植え替えたくちなし。その後全然咲かなくて、もう諦めかけていたら、突然開いているのを見つけた。
今年はたった1輪だけど、この1輪のためにずっと準備してきたのね。
おかえり。

| | コメント (0)
|

2017年6月30日 (金)

6月追記

書き忘れていたこと。

1.「名月八幡祭」のラスト、満月が本水の舞台床に映ってとてもきれいだった。さっきまで賑やかだった舞台に人は誰もおらず、煌々と照る月だけが余韻を残した。

2.初めて見た「名月八幡祭」の美代吉は福助さんだった。あれから7年。初めて見た「弁慶上使」のおわさは福助さんだった。あれから12年。そう思い出すと、福助さんが演じた色々な女性が脳裏に浮かんできた。

3.「黒蜥蜴」のプログラムで久々に「大ぜい」と書かれているのを見た。仮面舞踏会の男女、私服刑事、一寸法師の手下、岩瀬家の女中。今回の「大ぜい」は、名前の載っている出演者がその場面で大ぜいの人々に扮していたと思われるが、昔の歌舞伎座の筋書きでは名題下さんの名前が載っていなくて「大ぜい」になっていたものだった。今は全員の名前が載っているのが、こちらとしてもうれしいし、ありがたい。

| | コメント (2)
|

2017年6月29日 (木)

西武鉄道の記念電車

170629seibu1
約1週間前に見たのにすっかり忘れていた。
170629seibu2
西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車だそうで、3月18日から西武新宿線を中心に運行されていたそうだ(鉄道協定が3月14日に2周年を迎えたのだとか)。先月も新宿線に乗ったけど、この電車は今回初めて見た。

| | コメント (0)
|

2017年6月28日 (水)

熱海五郎一座2017

627日 「消えた目撃者と悩ましい遺産」千穐楽(新橋演舞場)
年一のお楽しみ。ここのところ笑うのが躊躇われる気分だったけど、たくさん笑わせてもらい、立ち回りにショーと楽しんだ。今年はゲスト女優が藤原紀香さんということで、別の意味の興味も(我ながら下世話)。
ノリカ(親しみを込めてこう呼ばせていただきます)がステキだった。姿を現すだけで、ゴージャス。声がきれいで、滑舌がいいから、セリフが心地よく耳に入ってくる。歌もミュージカルをこなしているだけあって、うまい。おばあさん(気がつかなかったわ~)、ナンバーワンホステス、サブライズ歌謡の夫婦デュオ、スケバン。演技を見ていると、何よりこの人は真面目なんだなと思う。真面目に芝居に取り組んでいるのだ。
題材としては痴漢の冤罪と遺産を絡ませているのだが、痴漢の冤罪についてだけはあまり笑えない気分だった(真犯人にちょっと腹が立ったりしてね)。芸能人が痴漢容疑で逮捕され裁判にかけられたら、世の中大変な騒ぎになると思うけれど、その辺はスルーで、それが原因でデュオが解散したという程度。コメディだからいいんだけどね。
熱海五郎一座は14年目になるそうで、チームワークは当然見事。いつもいじられる昇太さんが今回もたっぷりいじられていた。笑点司会者とか、大河役者とか、結婚のこととか、噛むとか。2幕目では、蕎麦とうどんのすする音の違いをやってみろ、と無茶振りされて、「蕎麦食べます」「太い麺だな」でごまかす昇太さん。オグちゃんも毎度身長のことでいじられる。今回はノリカとコンビだからよけいね~。
ダブルキャストのTake2、千穐楽は最初の2回は東MAXだったけど、去年に続いて深沢邦之さん。悪徳検事役は深沢さんに合っていたと思う。この検事、名前が木曽賢治という。「木曽賢治検事」というわけ。熱海五郎は、登場人物の名前も一つの楽しみで、三宅裕司さん演じる弁護士が「橋上通」と名乗った瞬間、噴き出してしまった。ナベちゃんの医者「藪診誤」や昇太さんの弁護士になり損ねた僧侶「六法禅宗」よりも私としてはずっとウケた。あと、裁判長の「海山熱蔵」、刑事の「杉上左京」もちょいウケ。見ていない目撃者が「三田キヨ」、本当の目撃者が「南井実(みないまこと)」、夫婦デュオが「シャケ&京香」とか、作者(吉高寿男)遊ぶよね。
ラサールさんの大物弁護士「黒伊賀護(くろいがまもる)」に密着する番組「灼熱大陸」には大笑いした。葉加瀬太郎ならぬ弾加瀬次郎(ひかせじろう)、あの曲。そして黒伊賀の事務所は「整列のできる法律相談所」。いろいろなパロディが楽しい。
ハッピーエンドのラストはシャケ&京香(オグちゃんとノリカ)の歌のバックにキラキラのジャケットを着た三宅・渡辺・ラサール・昇太・深澤の5人が舞台上で宙づりになって盛り上げる。そこへ突然、アストライオス(星の神)のフライングが‼ びっくりしているうちに地上に戻ってしまったが、スピーディーできれいな弧を描いていた。

深沢さんの前説は、トランプ大統領。アメリカ国歌とともに登場し、「アタミファースト」とかわかりやすい英語で少し喋り、出演者の名前も英語で紹介し、カタコトの日本語で「メキシコとの間に壁はほしいが、お客様との間に壁は作りたくない」「顔だけ笑うのはやめて」(声を立てて笑ってほしい)「真剣に芝居見ないで」。いつもより前説短いような気がした。

» 続きを読む

| | コメント (2)
|

2017年6月27日 (火)

歯の安静

上の歯の1本がちょっと刺激を与えるだけでも痛い。虫歯の痛みじゃなくて、なんか根本的にヤバそうな痛み。先生は症状を聞き歯を見ただけで、噛み合せのせいで神経が炎症を起こしているのだろうと診断(この先生の診断はいつも早くて的確)。物を噛んだ時にこの歯に特別な負荷がかかるようなのだ。神経を取らなくてはいけなくなるかもしれないが、それは最終的な手段にしたい、ということで、上下の歯を少し削って噛み合わせを調整し、ボンドで隣の歯にくっつけて、患歯に負担をかけないようにする処置を行い、1週間様子をみることになった。ボンド?? 塗られている間、普通の接着剤のにおいがぷんぷん。処置が終わった後、口腔用のボンドなんてあるんですねえ、と感心したら、歯列矯正用にアメリカから導入されたという話であった。
普通に食事をしてもいいのだけれど(普通に食事ができなければ困る、と先生)、患歯はなるべく使わないように、「安静にしてほしい、ということです」。また、ボンドはとりあえずの処置なので、取れたら取れたでかまわない。
う~む、歯の安静って…。治療のおかげで負荷は減って痛みもなくなったものの、安静は守りたい。でも食事するのに1本だけ歯を使わないって難しい。かと言って片方の歯だけで噛んだら今度はそっちを痛めそう。というわけで、とりあえず、噛まなくてもいいミキサー食にしてみた(母の食事とあまり変わらない。母は誤嚥予防でとろみをつけているが、私はとろみなしという違いだけ)。主食なしの煮魚、サラダ、豆腐の味噌和え。サラダはちょっと青くさいが、どれも意外と美味しい。そしてミキサーにかけるために少し水分を足すせいか、通常食に比べて満腹感が強い。そうか、母が半量の食事をさらに半分しか食べられないのはそのせいもあるんだろうか。
多少面倒ではあるが、数日は歯の安静に努めよう。歯はほんと、大事です。トシを取ると切実にそれがわかる。

| | コメント (0)
|

«六月歌舞伎座昼の部