2017年11月21日 (火)

顔見世歌舞伎夜の部

1112日 吉例顔見世大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
日付を打って、あらもう1週間以上も経ってしまったわ、と我ながら…。
「仮名手本忠臣蔵五段目・六段目」

仁左様の勘平に触れる前に、特筆しておきたいのは彦三郎さんの千崎弥五郎である。終始勘平への友情に満ちていて、再会の喜び、50両を返す無念さ、裏切られたことへの怒りと悲しみ、勘平の無実が明らかになった時の安堵と喜び、その直前に起きた衝撃の切腹、すべてが勘平への思いを表していた。勘平の絶命後、外へ出て泣く姿は、千崎の気持ちに観客を同化させる、と言おうか、あるいは見る側の気持ちを千崎が代弁していると言おうか、私はそういう千崎がとても好きである。権十郎さんがよく演じていた千崎、おお叔父から甥へ、という感慨もあるが、こんな千崎は初めて見たような気がする。
彌十郎さんの不破数右衛門は年上でもあり、勘平に対して千崎ほどの個人的な友情はないせいか(多分、ない?)、冷静に見ている感じがした。一方で彌十郎さんという役者の人柄が大きな暖かさを示していたと思う。
仁左様、舞台中央に座っている幕開き、笠を取った時の猟師としての生活感を感じさせながらも一抹の寂しさを含む姿が美しい。千崎と出会った懐かしさにはこちらも胸が躍った。武士である勘平の、落ちてからず~っとの気持ちが伝わってくる。そして人を撃ってしまった驚きとおののき、それなのに50両を奪う…それってどうなの?と疑問が湧いた(何回も見ている場面だけど、そんな疑問、これまでに持ったことあったかな)。
自分が撃って金を奪ったのは舅らしいと気がついてからがず~っと辛さに耐えていたから、潔白がわかった時の嬉しい表情がリアルに胸に沁みた。売られていくおかるを呼び止め、抱き寄せて「まめで」と別れを告げる場面、二人侍に申し開きを懇願する場面には泣けた。「色にふけったばっかりに」は、「色に」で一度言葉を止め、再び「色に」と始めるのが、勘平のどうしようもない悔いを強調しているように感じられた。
この物語は勘平の物語でもあるが、いっぽうでおかやの物語であるともいつも思っている。しかし、今回はおかやの物語がやや薄かったような気がする。なん全体にちょっと違う…吉弥さんは案外ニンじゃないのかも。
孝太郎さんのおかるはよかった。秀太郎さんのお才の巧みさ、松之助さんの源六の軽妙さもよかった。
染五郎さんの斧定九郎、線が太くてなかなかよかった。ただ、五段目は全体に<雨>があまり感じられなかった。

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

2017年11月17日 (金)

フランスの伝統工芸:「フランス人間国宝展」

1110日 「フランス人間国宝展」(東京国立博物館表慶館)
171117maitredart_3
運慶を再見しようと16時過ぎにトーハクへ(金曜日なので21時までやっている)。しかし入場50分待ちですと‼ では先にフランス人間国宝展を見よう。ということで表慶館へ戻る。
さほど関心があったわけではなかったのだが、見てよかった。15人のフランス人匠(メートル・ダールは13人で、2人はメートル・ダールに近いと言われている)は私が日本の伝統工芸の人間国宝にもっている狭いイメージと違って、1947年~1977年生まれと若い。それぞれの作品は興味深く、これもまた私のもっているイメージとしての日本の感覚とは違うが、職人技という点では世界共通のものがあるんじゃないかと思った。
「陶器」のジャン・ジレル(1947)は曜変天目の再現研究をしているそうで、暗い室内の壁には風景が焼き付けられた陶板が掛けられ、中央の大きな机にずら~っと並べられた茶碗は11点に小さな光が当てられ、圧巻であった。
「鼈甲細工」のクリスティアン・ボネ(1949)の作品は主に眼鏡。サン=ローラン、ル・コルビュジエ、オナシス、I.M.ペイ(この人だけ知らなかった。中国系アメリカ人建築家だそうだ)に提供した眼鏡(復刻)には、それぞれの顔が思い浮かんでちょっとテンション上がった。
「革細工」のクフ王19の名がつけられた美しいバッグはピラミッドから着想を得たという。私はバッグが好きだから欲しいけれど、高すぎて手が出ないよね~。作者のセルジュ・アモルソ(1950)はケリー・バッグを手掛けたそうだ。
「金銀細工」のロラン・ダラスブ(1959)のグラスや皿などは繊細で、微妙なバランスが美しいが、実用性は薄いかも。と言うより、もったいなくて使えない。
リゾン・ドゥ・コーヌ(1948)の「麦わら象嵌細工」。初めて聞く技術だ。ライ麦の藁を乾燥させ、中を開いて平らにして土台の上に1枚ずつ貼るのだそうだ。展示作品はコナラの木に麦藁を貼ったルクソール(サイドボードのようなものかな)1点のみ。解説を読んで想像していた物とは全然違い、麦藁を開くとこうなるのか、と初めて知った。根気のいる作業だろうなあ。

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

2017年11月10日 (金)

野外アートが映える町、上野

171110sukifes1
幻想的。
171110sukifes2_3
昼の姿。
171110sukifes3_2
芸大の学園祭で展示された巨大神輿
171110sukifes4_2
同じく。カッコいい。
171110sukifes5_2
すべて、本年度の新入生が制作したものだそう。

» 続きを読む

| | コメント (2)
|

2017年11月 8日 (水)

お燈明って?

先日、神棚のお燈明が壊れたので100円ショップに買いに行った(お燈明を100均で、って不謹慎かしら。まあ、父なら許してくれるでしょう)。なかなか見つけられないので店員さんに「お燈明はどこですか?」ときいたら、「え?」と不審げな顔。「お燈明ですが」ともう一度きくが、通じない。そこで「仏壇などに…」と説明を始めたら、「仏壇用品は○○のそばにあります」と答えが返ってきた。
言われた場所の近くまで行ったが、やっぱり見つけられない。そこで別の店員さんにもう一度きいた。同じことの繰り返し。私も二度目は最初から「仏壇用品」と言えばよかったのだが、自分が求めているのがお燈明だからつい、ね。
さて、やっと見つけた商品の名は「LEDろうそく」。何種類かあるそれらのすべてに「燈明」という文字はない。う~む。商品名がそうだから、「燈明」はもう通じないのか。
時代かしらね~。ちょっとショックなのでありました。

| | コメント (0)
|

2017年11月 7日 (火)

顔見世歌舞伎昼の部

116日 吉例顔見世大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
自分では別の日にいつもの3階席を取っていたのだが、たまたま2階席のチケットをくださる方がいて、ありがたく観劇してきた。演目・配役が発表になった時には演目の方に注意がいって、重いなあという感想だったのだが、よくよく考えれば(考えなくても)今月はいかにも顔見世らしい大看板揃い。藤十郎、菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、東蔵と人間国宝が5人も揃っているんじゃない、と今さらながらすごいと思った。相変わらず眠い日々で、各演目少しずつ(少しずつ、ね)寝落ちしてしまったが…。それに、同行者とオペラグラスを分け合ったので、よく見えなかった部分もあり、感想はとりあえず簡単に。
「鯉つかみ」
そういう中で、染五郎さん、児太郎クン、廣太郎クンと若手中心の演目だった。それに、染五郎さん、最後の舞台になるんだとあらためて気がついた。
演目自体は過去に2回見ているのだけど、今回は明治座の大詰から始まるため、物語としてはちょっとわかりにくいかも。とくに、本物の志賀之助が登場してからの進行がいまひとつはっきりしないように思えた。その辺はある意味歌舞伎らしいとも言えるかもしれないけれど、見ている側としてはもどかしい。再見の際に、確認したい。
開演時刻になると場内真っ暗になり、幻想的な蛍夜の舞踊が始まるが、この場面はすっかり忘れていた。舞踊劇かと思うほど、所作の時間が長かった印象だが(途中で眠くなった)、後半、染五郎さんの早替り、舞台上での宙乗り、本水を使った鯉との立ち回りと、これが朝一番の演目か、とちょっとびっくり。早替りでは、吹替えの役者さんの顔がはっきり見えたが、どなたかはわからなかった。鯉には足があったけど、明治座でもそうだったかしら…。

» 続きを読む

| | コメント (6)
|

2017年11月 2日 (木)

建築家による個人住宅:「日本の家」

1028日 「日本の家」(東京国立近代美術館)
171102nihonnoie 7
19日に始まった「日本の家」、1029日の終幕を前にまさに駆け込みで見てきた(感想も積み残してしまった)。好評でチケット売り場に行列ができているなど聞いていたが、実際その通りだった。私はすでにチケットを持っていたので並ばずに済んだが、こういうちょっと特殊な展覧会だけに、建築関係の人が多いように見えた。後で知ったんだけど、スマホに無料の音声ガイドアプリをダウンロードできたんだそうだ。なかなか画期的なこのシステム、知らないで失敗した。

展示は時系列に関係なく13のテーマに分かれていて、建築がわかる人には見やすかったんじゃないかな。私は「ドリームハウス」が好きで見ているが、その程度で建築のことは全然わからない。それでも戦後からの日本建築の流れを辿った映像はとても面白かった。黒川紀章のあの中銀ビルも紹介されていた。「プロトタイプと大量供給」では2×4とか、プレファブとか、画期的な製法だったんだなあと改めて思った。
欧米では建築家の仕事の中心は公共建築だそうだが、日本では個人の家を手がけることもしばしばということで、丹下健三、伊藤豊雄、清家清など、私でも知っている有名建築家(もちろん、他の建築家も私がしらないだけで有名)の設計した住宅が写真と設計図とともに展示されていた。私など建築の素人には設計図も解説もよくわからないものの、無印良品の「木の家」シリーズのもととなった「箱の家」(無印良品のそんなシリーズ知らなかったぁ)、建築家の自邸は興味深かった。丹下健三の自邸は映像も公開されていたので、丹下自身の息遣いが感じられた。清家清の「斎藤助教授の家」は実物大の模型が展示されていて、中に入り、畳や椅子に座ることもできた。この日は専門家の解説があって、私が行った時には斎藤助教授の家の解説をしていたが、熱心に聞いている人がたくさんいた。
展示の後半は写真撮影OK。色々な建築の模型がたくさん展示してあり、私の家は耐震性とか心配なので建て替えるならどういう家がいいかなあという目で見てしまった(お金がないから、実際の建て替えは無理…)。それも、ついついそれぞれの家のネガティブな問題を考えてしまう。現実的には掃除。家事の中で一番苦手な掃除だから…。とはいえ、建築家の創意工夫を見ると、家にはやはり夢が詰まっているんだなあと思う。ポジティブな思考なら、どの家も一度は住んでみたい。
171102kaitakusyanoie 写真は石山修武「開拓者の家」

| | コメント (0)
|

2017年10月31日 (火)

「霊験亀山鉾」千穐楽

1027日 「霊験亀山鉾」千穐楽(国立劇場大劇場)
初見の際、入りの良さにびっくりしたが、千穐楽のこの日もほぼ満席で嬉しかった。いつもこれだけ入るといいのに。
再見なので感想は思い出すままに。
・錦之助さんの源之丞は優しくて何となく頼りなさげなところが、いかにも女性にモテそうだなあ。落とし穴にはまって最期とは…。
・孝太郎さんのお松は可愛い。初見の時はそうでもなかったが、今回はとても可愛らしい奥さんだと思った。お松が可愛いだけに、おつまのほうには思い入れがあまりできなかった。でも、おつまだって源之丞のために体を張っていたんだよなあと思うと哀れになる。雀右衛門さんの細やかな一途さがおつまの気持ちを見る者に伝えていた。
・初見の時に寝落ちして見逃した鏡の場面、実は前回も見ていた。ただ、前回は二階から水右衛門が顔を出したところ(仁左様の早替り)だけに目がいっていたので、それが鏡の場面だと認識していなかったのだ。
・仁左様の冷酷非道な悪(おつまのお腹の子まで…)は恐ろしいが、あんまり素敵なので嫌悪感はない。しかし、こんなひどい人間がどのようにして出来上がって来たのか。ということを芝居を見るとよく考えるが、この水右衛門に限ってはそんなこと考えるのは野暮かもしれない。悪いから悪い、悪は悪、それでいいような気がする。八郎兵衛のほうは愛嬌に裏打ちされた小悪党ぶりがよい。おつまへの思いなんて案外かわいいところがあるなと思った。
・おりき(吉弥)の場面で好きなのは、狼騒ぎで棺が間違えられたと知ってからの慌て方と、棺の中の水右衛門に語りかけるところ。なぜだか自分でもわからないが、おりきの別の一面を見るようだからだろうか。
・狼騒ぎは、ども又の虎騒ぎを思い出したが、こちらは本物の狼で、舞台を走り抜けていった。
・眠いは眠かったけれど、やっぱり面白かった。子役ちゃんが可愛かったことも忘れずに記録しておこう。

| | コメント (2)
|

2017年10月30日 (月)

日本への憧れとゴッホへの憧れと:「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

1023日 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」内覧会(東京都美術館)
171030goch
ジャポニズムの展覧会が秋の上野で
2件。1つはその名もずばり「北斎とジャポニズム」(西洋美術館)、そしてもう1つがこのゴッホ展だ。
ゴッホが浮世絵の影響を受けていたことは知識としては知っていたが、実際にこの絵が浮世絵のこの部分を取り入れているということは、解説を見ないとわからない。タッチとか色使いが違い過ぎて、解説されてもよくわからない部分が多々ある。絵を見て影響、類似を指摘できるほど、絵のことはわかっていないのだ、私。その一方で、ああそういうことか、となんとなく理解できることもある。ゴッホばかりでなく、浮世絵も展示されているから、比べて見ると、なんとなくわかった気になるんでしょうね。たとえば「雪景色」の地平線を高くした構成、画面右上から左下に流れる構図は広重の雪景色を意識しているそうだが、浮世絵そのものの構図についても、あらためて認識したことであった。また、「アルルの女<ジヌー夫人>」「男の肖像」が浮世絵の人物画の影響を受けているのも、解説を見てなるほどと思い、ゴッホの日本への憧れが何だか愛おしく感じられるのだった。
興味深いのは、ゴッホの日本憧憬に対し、逆にゴッホに憧れた日本人の足跡である。ゴッホが日本に紹介されたのはその死から約20年後のことだったそうだ。白樺派及びその周辺の文学者・美術家たちが渡仏し、ゴッホのコレクションを所有していたガシェ家のあるオーヴェールを訪ねる(聖地巡礼のはしりだろうか)。ガシェ家に残されている芳名録3冊、ガシェ(息子のほう。父親のガシェ医師はもう亡くなっていた)からのハガキ、日本人の旅行記、写真等々、貴重な資料が展示されており、これまた日本人のゴッホへの憧れが愛おしく感じられるというか、互いの憧れを通じてゴッホと日本がつながった気がした。
ゴッホはアルルを日本と同一視しており、「ここに日本の絵を置いておく必要はない。ここにいるのは日本にいるようなものだ」と言うほど日本に傾倒していたそうだが、そこまでとは知らなかった。実際に訪れたことのない日本への憧れをアルルで膨らませていたゴッホの気持ちが、先述したように愛おしく胸が熱くなる。しかし、私もかつてアルルに行ったことがあるが、日本と同一視…そうかなあ…。いや、それはゴッホの心の中にある日本だから、そんなヤボなことを言っちゃいけないね。ちなみに、ゴッホの「夜のカフェテラス」のモデルになったカフェで食事した際、店の真ん中の通路に大きな犬のフンが落ちていたのが強烈な思い出である。
ゴッホは既に同じ都美の「ゴッホとゴーギャン」、上野の森美術館の「ボストン美術館の至宝」などで何度も紹介されており、ジャポニズムに視点を合せた今回の展覧会もなかなか面白いが(西美はまだ見ていないが、やはりゴッホも展示されているのだろうか。チケットの相互割引があるようだから、展示されているかもね)、日本人はゴッホが好きだなあとあらためて感心したのでありました。

| | コメント (2)
|

2017年10月29日 (日)

十月歌舞伎座夜の部

1022日 十月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
相変わらず眠い。夜の部はリピートしないのに睡魔と闘いながらの観劇で、やっとの感想です。
「沓手鳥孤城落月」
新劇と歌舞伎の融合みたいな…。玉三郎さんが新劇的で、「美」ということにとてもこだわっているように見えた。もちろん、玉三郎さんはいつもそうなのだが、こうした狂気とも言える状態に陥った人間を演じることでとくに「美」を意識していたように思う。それはそのまま七之助さんの美へとつながっているように感じられた。
玉三郎さんは最初の出から圧倒的だった。この演目は先代芝翫さんで2度見ているが、芝翫さんは徐々に狂気に捉われていく感じだったのに対し、玉三郎さんのは自ら狂気を作り出していくような…(違うかな?)。どちらがいいとかいうのではなく、違いが興味深かった。
今回は裸武者は出ず、そのかわりに徳川方の密命を帯びて婢女に身をやつした常盤木が千姫を連れ出そうとする。前回上演(平成239月)の際の裸武者は児太郎クン、そして今回の常盤木も児太郎クン。当時はまだ幼さを残す細い身体で勇ましく立ち回っていた児太郎クンが、今回は強い覚悟をもった女性として任務に当たり自害する。ちょっとテンションが高すぎるような気もしたけれど、潔さがよかった。
七之助さん(秀頼)、松也さん(大野治長)、坂東亀蔵さん(大住与左衛門)、梅枝さん(饗庭の局)、米吉クン(千姫)、彦三郎さん(氏家内膳)と登場人物が前回公演からぐんと若返ったが、みんな、とくに彦三郎さんがよかった。
「漢人韓文手管始」
コメディタッチの前半に油断していたら、後半はまったく違う展開になってびっくりした。七之助さん(高尾)の愛が屈託なく可愛いだけに、女の怖さを思った。鴈治郎さん(伝七)は知らぬ間に典蔵(芝翫)の心変わりに翻弄されとまどいつつも主君を守ろうとする心意気が感じられた。芝翫さんは、あんなに堂々として大きな人物に見えるのに嫉妬と遺恨で相楽家を窮地に陥れる心の変化と意地悪ぶりがよかった。松也さん(奴 光平)はカッコよかった。昼夜の3役、どれも骨太で、松也さんにはこういう役のほうが合うような気がした。出色は高麗蔵さんの相楽和泉之助。典型的なつっころばしで、自分じゃ何もできない主君のだらしなさ、品格が見事に表現されていた。
和泉之助、伝七、光平は「伊勢音頭」を思い出させた。

» 続きを読む

| | コメント (2)
|

2017年10月28日 (土)

マハーバーラタ戦記再見

1019日 十月大歌舞伎昼の部再見(歌舞伎座)
「マハーバーラタ戦記」
とにかく眠くて。今月は家庭の事情で超多忙(感想も今ごろになってしまった)、この後もずっと超睡眠不足で眠い日々。
そんな中でも面白ければ何とか頑張れる。今回は何度も寝落ちしたけれど、自分としてはかなり頑張ったほうだと思う。
全体の感想としては初日と同じ。
今回気がついたことは、
・鶴妖朶王女(七之助)とその弟道不奢早無王子(片岡亀蔵)の心の闇。100人もの兄弟がいながら1人ぼっちだったという鶴妖朶王女の寂しさがああいう人物像を作ったのだと思うと哀れな気がした。迦楼奈とは似ている、と言い、そういう人と出会えたことの喜びにも哀れを覚えた。亀蔵さんは初見時も気になる存在だった(亀蔵さんもこういう立ち位置の役がとてもうまい)が、姉に従うだけの存在だと自分を評していたのが心にしみた。
・二幕目で弗機美姫(児太郎)が乗って登場する象。この日は前脚も後ろ脚もなんとなく危なっかしい感じで、先導する侍が前足に手を貸していた。後ろ脚はすごく踏ん張って耐えていた。初見時は、おお象で登場か、とただ目を奪われていたのだが、脚役の役者さんがどんなに大変かを垣間見た思いがした。
・動物と言えば、大詰の迦楼奈(菊之助)と阿龍樹雷(松也)戦闘シーンで、ベン・ハー並みの戦車が使われるが、これを引く馬の脚も素晴らしい働きだった。戦車での戦いは初日より長かったような気がする。まずは<馬らしさ>が見事だったし、舞台を何周も走り回る馬さんたちの活躍・運動量は特筆されていいと思う。象とともに国立劇場賞の特別賞に匹敵するんじゃないかしら。
・きれいな2人(菊之助×松也)の直接対決はビジュアル的にも大満足。阿龍樹雷は戦いが始まる前に戦闘意欲を失っていたが、久理修那に諭されて戦いに赴く。兄と知ったから迦楼奈を殺せない気持ちはわかるし泣けたけど、兄じゃなかったら…と思う気持ちもある。
再演熱望。


| | コメント (0)
|

«大きな悪の華:「霊験亀山鉾」