2017年3月28日 (火)

楽しくて楽しくて俳優祭、頭痛もとんだ

328日 第8回俳優祭夜の部(歌舞伎座)
先週末から頭痛がひどくて、なんかいつもより気分が盛り上がらないまま出かけたのだけど、行けばやっぱりテンション上がるよね~。もう楽しくて楽しくて、気がついたら頭痛のことなんてすっかり忘れていた。次も絶対行きたいな、なんて現金なもので。
4
月にNHK Eテレで放送があるので、簡単に(放送は43021時~。必見ですぞ)。
「二つ巴」「石橋」
「二つ巴」は仮名手本忠臣蔵の七段目と十一段目を題材にした舞踊。素踊りの魅力を堪能した。
前半の七段目、仲居3人(門之助・笑也・笑三郎)は目で見る姿は男性なのに頭の中ではちゃんと女性に見える。中でも私は門之助さんが一番女性らしい情感がにじみ出ているようで好もしく思った。由良之助(芝翫)とおかる(扇雀)の間が濃密なのは、身請けを舞踊で表現しているからかしら。芝翫さんもいずれ、由良之助を持ち役にするんだろうなあと思った。
十一段目は立ち回り。塩冶浪士はみんな凛々しいけど、まるるの凛々しさがまぶしい‼ 歌昇・種之助・萬太郎(塩冶浪士) vs 松緑(小林平八郎)で「おいしい」とテンション上がったら、3人は竹森喜多八(亀寿)と交替して、この段一番の例の立ち回り。スピード、力強さ、「とーっ」などという掛け声も豪快で見応え満点だった。男女蔵さん、おつむがごま塩で、若手の中で存在感が目立った。
「石橋」は扮装での舞踊。鳶頭の又五郎さんがスキッとカッコいい。又五郎さんのこういう役はあまり見ないと思うが、俳優祭では普段見られない役どころで俳優さんが出てくるのが興味深い。
鳶頭が若い者と絡んだ後、白毛の仔獅子がセリ上がってくる。松也・巳之助・隼人・橋之助の4人。オペラグラスを誰に当てたらいいのか、あっち見てこっち見て、全体も見たいし。そのうち赤毛の仔獅子が4人花道から出てきた。私の席からは花道がほとんど見えないのよね、残念ながら。赤毛は壱太郎・児太郎・尾上右近・米吉の4人。娘獅子という感じかな。8人の毛振りは若さにまかせて舞台狭しとモーレツ。決めのポーズはさすがに右近クンが一番きれいだと思った。
模擬店説明
実行委員の亀三郎さんが出てきて「本日、亀三郎最後の日です」。この説明を聞かないで席を立つ人が多々いて、「だいぶ立っちゃいましたね」とカメ兄もしょうがないなあという感じ。お買い物は金券で、金券は今日中に使い切って…あ、金券は売り切れているので、大きな声では言えないけれど、現金でもい・い・よ。写真コーナーの説明とか、次のお芝居に出る役者さんは途中でいなくなるからとか。まだ喋っているうちに又席を立つ人が続々で、「まだ終わってない」とのカメ兄の声は響く。みんな少しでも早く模擬店に行きたいものね。

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

2017年3月27日 (月)

予告?

「続・新説西遊記」
「パロディ・二重の声」
三月大歌舞伎夜の部

いまのところ、これだけたまってる。
ここのところ、急に忙しくなっちゃって。
できたら来週はじめくらいには感想を書き始めたいと思っています。

| | コメント (0)
|

2017年3月24日 (金)

プリンタ変えてストレス解消

これまで使っていたプリンタ、紙送りがひどく悪くて、常にイライラしていた。
そのうち前面給紙が使えなくなり、背面給紙にしたが(それも、1枚1枚手差しでね)、それでもしょっちゅうトラブルが起きて(中で紙がくしゃくしゃになったり、詰まってないのに「紙が詰まっています」ってエラーが出たり、紙を置いているのに、「紙を置いてください」とメッセージが出たり、紙が真っ直ぐに送られずにインクの汚れがついたり)、そのたび悪態をついて、我ながら性格悪くなりそうなんて…(でも、この機種、私だけじゃなくてトラブル多いらしい)。
去年の暮れに背面給紙の安いプリンタを見つけて買ったのだけれど、古いプリンタのインクがまだ取り替えたばかりでもったいない、というわけで、黒のインクが空になるまで使ってついに使い切ったぞ~。
新しいのは安いから紙を引っ張り込む時の音はびっくりするくらい大きいし、印刷速度も遅いけれど、紙送りのトラブルはないから、かなりストレスから解放された。
インクをもったいながって3カ月ストレスを重ねていたわけよね~coldsweats02

追記:もう一つストレス。ホッチキスで止めようとしたら針がないっbearing これ、相当くるわ(今、いらっとした)。ホッチキスが悪いわけじゃないんだけど、あたりたくなる。

| | コメント (0)
|

2017年3月23日 (木)

芸術院賞

2016年度の芸術院賞に、歌舞伎関係者から渡辺保さん、市川左團次さん、鳥羽屋里長さんが選ばれた。
渡辺さんには、作曲家の一柳慧さん、書家の高木聖雨さんとともに、恩賜賞も贈られるそうだ。
ほかに、日本画の西田俊英さん、洋画の根岸右司さん、小説家の高樹のぶ子さん、能楽の大槻文蔵さんと計9人が受賞する。
長年努めてきたことが認められるのは、ご本人でなくても嬉しい。
おめでとうございます。

| | コメント (0)
|

2017年3月22日 (水)

三月歌舞伎座昼の部

321日 三月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
今月、私の歌舞伎座はこの日が初日。自分の健康がちょっと怪しくなりかけていたので無事見られるか心配したが、早起きもできたし、苦手な昼の部の割にほとんど寝なかったし、春の珍事というほどでもないか(でも春眠暁を覚えずって言うから)。
ちょっと不満は、筋書きに舞台写真が入っていない‼ 21日なのにどういうこと? おまけに、いつ入るかという連絡も来ていないって。夜の部観劇まで待ちぼうけだわ。
「明君行状記」
5
6分経った頃遅刻者がちょこちょこ到着してちょっと集中力がそがれた(この日は半蔵門線にトラブルがあったから、いつもより遅刻の人多かったのかも)。で、そこで話が途切れたが、その後はぐいぐい引き込まれ、面白くて面白くて夢中になって見た。
何と言っても梅玉さんが素敵な殿さまで、初めて「御浜御殿」を見た時の梅玉さんを思い出して、やっぱり梅玉さん大好きとあらためて思った。人を見る目の確かさ、温情、大きさは綱豊卿、苛立ちは「頼朝の死」の頼家、殿の本当の心を知りたいと言われる立場は青山播磨と重なる。どの役も梅玉さんが一番合っていると私は思う。この後の義経も梅玉さんがベストだし、新歌舞伎でも古典でも絶品の梅玉さんを見られて幸せ。
亀三郎さんはその美声でぐいぐい殿さまに迫っていく。死罪を望むその頑なさに光政公も手を焼いていたが、時に善左衛門を跳ね返し、時に懐深く受け止め、時に相手の懐深くへ切り込んでいく。その緩急自在な応対が時に客席に笑いを起こし、感動を呼ぶ。自分に向かって鉄砲を向けろ、引き金を引け、と善左衛門に向かって言い放ち、躊躇う善左衛門を叱咤するその気迫の凄まじさ。ほんと、カッコよかったわ~。一方の善左衛門のがちがちの一本気も決して嫌味ではない。それは亀三郎さんのアツく真っ直ぐな演技と声がそう感じさせたのだと思う(ただ、3階では時々亀三郎さんの声が籠って聞こえることがあった)。
敷居を挟んでやりとりしていた2人だが、突然光政公が「中へ入れ、ちこう来い」と呼んだときにも御浜御殿を思い出した。状況は違えど善左衛門もやはりなかなか敷居をまたげない。
最後、「人間として負けました!!」。
他の出演者では、新歌舞伎ではあるが、歌舞伎というよりは時代劇っぽく見えた役者さんもいた。橘太郎さんがやっぱり役の心を摑んでいてよかった。
ところどころで、気がついてみると涙している自分がいた。
「義経千本桜 渡海屋・大物浦」
仁左様カッコよすぎ。颯爽とした出(と言っても花道七三からしか見えなかったが)、相模五郎と入江丹蔵に対する姿の大きさ、浴びせる言葉のカッコよさ。門出の舞を舞い納めると「知盛早う」と天皇。「ははぁ」と受ける知盛の声には喜びが籠められているようだったが、一方で白装束での引っこみには悲壮さも感じられ、勝利を目指しながら死を覚悟しているのだと思った。弁慶にかけられた数珠をけがらわしいと引きちぎった知盛に天皇が「我を供奉なし永々の介抱はそちが情け、今また我を助けしは義経が情け、仇に思うなこれ、知盛」と声をかけた時、大事に大事にお育てしてきた若君がこんなに立派になったと、知盛の張りつめていた力がふっと抜けたように見えた。「昨日の敵は今日の味方、あら嬉しや」では泣けた。碇が重そうで重そうで、ああ知盛は本当に力尽きるまで戦って、今最後のわずかに残った力を振り絞っているのだと、胸が痛くなった。

» 続きを読む

| | コメント (4)
|

2017年3月21日 (火)

チケット転売を嘆く

国立劇場のHPに、チケット転売対策として、
・3月28日午前6時以降にインターネットで購入したチケット
・NTJ会員
を対象に、
・ネットでの購入から72時間を経過していないチケットは自動発券機での受取ができなくなる
こと
が発表されていた。
この時間内に受け取りたい場合は条件がある。詳細は→ココで。

比較的取りやすいと思われる国立劇場でも不正購入や営利目的の転売が行われているのかとちょっとびっくりしたが、国立劇場側も相当手を焼いているのだろう。でも、72時間を過ぎたチケットについてはどうなの? 

チケット転売といえば、俳優祭の転売がひどい‼ 私は、本当に行きたい人たちが多いから入店しづらいのもあっと言う間に完売するのも当然だろうと思っていた。そうじゃなかったんだね。営利目的の人がたくさんいたんだね。本当に行きたい人たちの足元を見た値段にやりきれない思いになった。買わなければいいと言うのは簡単だけど、見たい気持ちの強さはわかるから…だからよけい腹が立つんだわ、そういう値段設定に。でも、やっぱり高値で売る→買う→高値で売るの連鎖を断ち切るには、買わないことしかないと思う。本当に行きたい人が正規に買えるように。

| | コメント (0)
|

2017年3月20日 (月)

あの味求めて

15年以上も前、ベルギーからニースに行くEU国内線(当時は安いサベナ航空を使ってフランスに行っていた。でもサベナ倒産しちゃった)のサービスで出た、ほぐしたタラの味(パンにのせて食べる)が忘れられなくて、それから何度も自分で試してみたけど、どこか違う。
結局、スキンレスタラをレンジでチンしてからフライパンで乾煎りしつつほぐし、刻んだキュウリと混ぜ合わせて軽く塩を振り、マヨネーズで和えるところに落ち着いた。それなりに満足していたら、あの味を忘れてしまった…。

| | コメント (0)
|

2017年3月18日 (土)

日本の科学発展史:理研100年

316日 「理化学研究所百年」(国立科学博物館)
170318riken1 大英博物館のついでに見ようと出かけたら、大英はまだやっていなかった(318日~)。そこで理研のみ見たのだが、単独で見て正解。展示は企画展で小規模なのだが、じっくり見て、さらに関連展示で地球館を久しぶりに訪ねたらすっかり疲れてしまった。体力落ちてるし…。

理研は最近ご無沙汰しているが、過去に23度一般公開日に見学したことがある。ニホニウム合成チームのリーダー、森田浩介博士から直接お話も伺っているのだ(プチ自慢、いやかなりの自慢)。熱心な研究者の熱心な解説というのは人を惹きつける、と当時感動したものだった。そのくせ理研のことは何にも知らないに等しいと、この展示を見て思い知らされた。科学のことなんてさっぱりわからないけれど、記録しておくことは自分にとって必要だと思うので、以下に。
財団法人理化学研究所ができたのは大正6320日、今から100年前のことである(20日に行けばよかったかしら)。高峰譲吉(タカジアスターゼ、アドレナリンの発見者)らの提唱で政財界、官学界協働で設立された。明治時代、日本は欧米の文化や科学技術を導入してきたが、その欧米の工業は基礎研究に基づくものへと変化していた。そうした事情を熟知していた高峰が、欧米諸国に劣らぬ国力をつけるには国産の基礎科学研究が必要と考えて各界に働きかけたそうだ。設立に尽力したメンバーとして、渋沢栄一、櫻井錠二(化学者)、池田菊苗(グルタミン酸ナトリウムの発明)、伏見宮貞愛親王の名が挙がっていた。
理研の発展に大きく尽力したのは第3代所長、大河内正敏である。研究費は惜しまず、一方で理研の財政を支えるために製品化に結びつきやすい研究に力を入れた。ベンチャー企業のさきがけだね。財団法人理研は1948年に解散するが、大河内は192146年の実に25年間所長を務めたのだ。
この時代に活躍した研究者として、長岡半太郎(長岡原子模型提唱)、本多光太郎(新KS鋼発明)、鈴木梅太郎(ビタミンB1発見)、寺田寅彦、真島利行(日本の有機化学の父)、朝永振一郎、湯川秀樹、黒田チカ(日本で初めて帝国大学に入学した女性の1人、ベニバナの色素研究、日本で2人目の女性理学博士。ちなみに第一号を調べたら東大の保井コノという人だった)、加藤セチ(アセチレンの重合研究により、3人目の女性理学博士)がいる。長岡、本多、鈴木は理研の三太郎と言われていたそうだ。
そしてかの有名な仁科芳雄。大河内の後、4代目所長となり、その後1948年に理研が株式会社科学研究所になるとその初代社長に就任した。仁科は1921年からヨーロッパに留学し、コペンハーゲン大学のニールス・ボーア教授の下で量子力学を学び、28年に帰国すると理研に仁科研究室を開設した。ボーア教授を日本に招いた時の貴重な映像が紹介されていたが、若き日の朝永振一郎らの屋上でのランチやはしゃいでいる姿が印象的であった。また研究者たちが活発に討論している映像は、なんか感動的であった。仁科は湯川にボース粒子の助言を与え、それが中間子論のヒントになったと言われているそうだ。湯川秀樹のノーベル物理学賞受賞は1949年のこと。そして1958年には朝永振一郎がノーベル物理学賞を受賞する。
仁科は1937年小サイクロトロン、1943年大サイクロトロンを完成させるが、小サイクロトロンは空襲で損壊、大サイクロトロンは、原子爆弾の研究に繋がるとのGHQの誤解で太平洋に投棄された。これには海外の科学者から抗議の声が上がったそうだが、この時の仁科らの心情を思うと胸の奥がフツフツしてきたし、一方で海外の声について知ると仁科が世界レベルで尊敬を集めていたことと科学者たちの科学に対する誇りを感じてまた別の意味で胸が熱くなった。

» 続きを読む

| | コメント (2)
|

2017年3月17日 (金)

どうなる上野

170317ueno 昨日、上野に行ってびっくりした。駅前が思い切り変わってたんだもの(写真左側は文化会館)。いつの頃からか、駅前が工事中で、めぐりんバスの停留所が離れてしまい不便になったからトーハクに行くのにも歩くようになった。文化会館の前では樹木を囲う土台がどうこうって注意書きがあった。
そして昨日、風景が変わったのには驚いたが、じゃあ、前はどうだったっかと言うと正確には覚えていない。風景っていつもそう。なんか変わったことはわかるのに、前はここに何があったっけと覚えていない。

ところで、上野公園については
23日前の新聞で『どうする? 上野公園「玄関口」』という記事を読んだばかり。昨年末、公園口エリアの樹木伐採計画が持ち上がり、反対署名によって伐採は中止になったこと(私、なんにも知らなかった。中止になってよかったぁ)、上野公園を<風格ある広場>にしようと駅前をロータリー化するプランがあるtことなどが書かれていた。噴水広場の大改修はその一環だったらしい。
たしかに噴水広場はきれいになった。でも、<風格ある広場>ってなんだろう。私は今のままのちょっと雑然とした公園入口も、気の置けない上野の森も好きだけどな。そのくせ、整備されたらされたで何となく満足してしまうような気がする…。

 

 

| | コメント (2)
|

2017年3月16日 (木)

初白謙

先日、白謙のかまぼこをいただいた。
これまで口にする機会がなく、初白謙。
東日本大震災の津波で壊滅的な状態に陥りながら、4カ月後には製造を再開したということはテレビの報道等で見聞きしていた。口に入れた瞬間、そういう報道が思い出され、ちょっと涙が出た。
酒によし、ごはんによし、その美味しさにすっかりハマってしまった。東京でも入手できるようなので、これからは時々食卓にのせよう。

» 続きを読む

| | コメント (0)
|

«寿鴻さん