« 高原ゴォォォ~ル | トップページ | 俊寛再び »

2008年8月24日 (日)

心をかき乱された俊寛

823日 第6回亀治郎の会(国立劇場大劇場)
080824kame 23
24日とたった2回の公演だから、亀治郎さんを見たいファンで入口は長蛇の列、プログラム売り場はラッシュの電車並み。私もここだけは大汗かいてゲットしました。そうしたら何のことはない、あとでスタッフが座席に販売に来たり、2階でも売っているようであった。
この日の座席は3階かなり上手寄り席。俊寛のあの素晴らしい海と道成寺の鐘がお目当てである。でも、なんと、オペラグラスをもつのを忘れてしまった。ところが、お隣の方と言葉を交わした折に何となくグチったら、ご親切にも時々ご自分のオペラグラスを貸してくださったのである。本当にありがとうございました。また開演前と幕間には両隣の方との楽しい芝居談義で盛り上がりました。一期一会ではありますが、亀治郎さんを通じてのご縁でした。
今日、もう一度見に行くので、大急ぎで、「俊寛」だけ感想を。
俊寛
亀ちゃんのことだから、絶対何かやってくるぞ、と睨んでいたが、おおこう来たか、と驚いた。それによって、これまで「俊寛」で気付かなかったことがいくつか浮き彫りになって、人物の気持ちもよりわかりやすかったような気がする。
たとえば、私の知っている俊寛は、浅葱幕が落とされると舞台下手奥から海草を手に提げてよろよろと登場する、康頼と丹波少将は2人一緒に花道から登場して俊寛を訪ねる、千鳥を俊寛に紹介しようと花道のところで呼びかけるのは康頼である。御赦免船は上手からやってきて、丹左衛門は瀬尾がさんざん俊寛をいじめてから下船する。
亀治郎版俊寛は、浅葱幕が切って落とされると舞台中央からわび住まいごと板付きでセリ上がってくる。康頼と丹波少将は別々に俊寛のところにやってくる。少将は花道から、康頼は舞台上手の岩間の細い道を降りて。これは鬼界ケ島の険しい地形を印象付けて、俊寛たちの置かれた状況の厳しさが強く胸に迫ってくる。またこういう地形ではなかなか3人が一堂に会する機会も少なかろうと察せられて、従来の平坦な舞台よりわかりやすいと思った。3人で語らうときの並び位置も俊寛を中央にしているのが、絆を感じさせる。許嫁となった千鳥を呼びに立つのは丹波少将自身である。私はこのほうが素直に納得できて好きである。御赦免船は下手から現れ、丹左衛門は瀬尾の後ろに続いて下船する。
後でプログラムを読むと、これは近松の原作を踏襲しながら前進座や澤瀉屋のやり方の<いいとこどり>をしたらしい。康頼が岩間の険しい道を降りてくるのは、俊寛が餓鬼道に落ちた我が身かと見るという意味があるのだそうだ。なるほど、俊寛の思いを表すためには、別に吉右衛門さんや幸四郎さんの型でなくてもいいわけだ。
であれば、最後も亀治郎さんなりの工夫がみられる。「さらば」で別れを告げるのではなく、「未来で」の言葉を互いに交わす。「お~い」のタメがたっぷりしている。まわりを海に取り囲まれ(このとき、俊寛の住まいは再びセリの底へと下がっていく。上から見ていると、セリのところには広い穴があいたままになっている)、岩にのぼって船を見送るとき、岩から落ちそうになるくらい身を乗り出し、がっくりと岩壁に倒れこみ、やがて頭をあげて、身を乗り出したまま沖の船を見送る。
このラストにはひどく心をかき乱された。これまでの俊寛は、狂気のように「お~いお~い」と手を千切れんばかりに振ったあと、孤独と諦めの境地で静かに沖を見つめるのであった。この悟りにも似た俊寛の姿が胸を打つのである。その後の俊寛の孤独を思いながら、気持ちを昇華させることができるのである。しかし亀治郎俊寛は手を振り船を追いかける動作を大げさにはしない。それでいて最後まで未練を見せている。諦めきれない、全然悟ってもいない、あまりに人間的で、心を乱されるのではあるが、ああこういう幕切れもいいものだと思った。

亀ちゃんの俊寛は、表情がよく見えなかったのだが、セリフ(段四郎の口調に似ている。猿之助さんはよく知らないが、きっと猿之助さんにもにているのだろう)や仕草で十分気持ちが伝わってきた。赦免状に自分の名前がないことを知り、「ない」「ない」と数回繰り返す。その口調の違いに絶望が現れていて、涙が出た。瀬尾が「清盛公の厳命じゃ」とか言って瞬間と睨み合う。段四郎さん(瀬尾)と亀ちゃんの親子対決は見ごたえがあってドキドキしたが、顔つき合わせて睨み合う場面に観客席から笑いが起こったのはどういうことか。
千鳥の右近クンがとてもよい。初々しくて、丹波少将に甘えかかるのも娘らしい。俊寛と瀬尾の死闘を後ろではらはらやきもきしながら見ているのも可愛い。俊寛のかわりに船に乗るなんてとてもできない、といやいやする仕草に真情が溢れている。強引に千鳥を船に乗せる俊寛の父親としての真情とともに涙を禁じえない場面だ。先月の「高野聖」といい、右近クンの成長著しい。都に帰る丹波少将と別れなければならないことを嘆いているとき、右近クンの足が砂浜として敷かれている布を引っ掛けてしまった。そのため、その下から浪布が少し顔を出し、はっとしたが、黒衣さんがさりげなく直しにきた。

この「俊寛」は鬼界ケ島の人々の絆の強さを感じさせる。なかなか相まみえる機会はなくとも真に互いを思い遣る空気が濃密に漂っている。御赦免船を見つけた4人(俊寛、康頼、丹波少将、千鳥)が手を取り合って喜ぶ様子は、共感でただでさえ涙が滲むのに、後の展開を知っていればこその悲しさが押し寄せてくる。少将が千鳥を置いて行くなら自分も残る、という気持ちには強い愛情がある。康頼の俊寛に対する姿勢には父親への敬愛が見える。「未来で」と言い交わして別れる康頼と少将からは、俊寛への思いが切々と感じられる。役者さん同士のチームワークの良を思わせる。
<
上演時間>88分

|

« 高原ゴォォォ~ル | トップページ | 俊寛再び »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhappy01
SwingingFujisan様も「亀治郎の会」2日間行かれたようで。詳しいレポ有難うございますnotechickな自分には知らないことばかりなので本当に勉強になりますeye。型の違いとかわかるようになったら、もっと面白くなるんでしょうね。
それにしても満員御礼、大混雑でした。それに応える亀ちゃんの熱演、素晴らしかったです。
おかげで鬱々とした気分が一気に吹っ飛んじゃいましたよ。

投稿: non | 2008年8月25日 (月) 00時25分

non様
ありがとうございます。
亀治郎さんの大熱演により、時間が大幅に延長されましたね。2日目もそうでしたよhappy01
俊寛にも色々な演じ方があるのだということ、それぞれの面白さがあるということ、私も初めて知りました。
亀ちゃんは9月も掛け持ちですから、楽しみですね。

投稿: SwingingFujisan | 2008年8月25日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高原ゴォォォ~ル | トップページ | 俊寛再び »