« <歌舞伎>堪能その2:河内山 | トップページ | 久しぶり »

2008年9月24日 (水)

たまには…

好きなことばかりしてご先祖さまをないがしろにしては申し訳ないと、昨日墓参りをしてきた。父も行きたがったが、足の状態と休日の混雑状況を考えると難しく、今回は断念、私が名代として1人で出かけた。
08092401kodaira_2 08092402kodaira_3
私が生まれたときにはすでにこの世にいなかった祖父母、孫の顔を見ることができなかったのはさぞや無念だろうと、こんなオバサンになってしまったけれど、しっかり顔を見せてきた。

祖父母に別れを告げるときはいつも後ろ髪を引かれる思いだ。気持ちよく掃除できただろうか、遠いことを言い訳に年に1度か2度程度しか会いに行かない孫が帰っちゃったらおじいさんおばあさんは寂しがりはしないだろうか、そう思うとその場を去りがたく、「又来るからね」と語りかけながら振り返り振り返り、墓所を後にした。
墓参したご褒美だろうか、夕方時々刻々と変化する空の妙味にしばし時間を忘れて見入った。
08092403sunset

|
|

« <歌舞伎>堪能その2:河内山 | トップページ | 久しぶり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お墓参り、お疲れ様でした! ご先祖さま、さぞお喜びのことだったでしょうね。私も、お墓の前を辞すときは、「またね!」という言葉が自然と出ます。私がお墓参りした日は雨でして、あまり掃除できませんでしたが、おはぎだけはしっかり食べました…(苦笑)。

私も昨日の秋の空に見とれていたので、SwingingFujisan様が写真に撮ってくださって、嬉しかったです。やっぱり鉄塔がフレームイン(笑)。素敵です。

投稿: はなみずき | 2008年9月24日 (水) 10時30分

はなみずき様
ありがとうございます。
雨のお墓参りは大変でしたでしょう。晴れていても、箒に手桶、柄杓、お榊(うちは神道なので)はけっこう荷物ですもの。

やはり、お墓に行くと、ご先祖様(といっても、うちの場合祖父母だけですが)を普段より近く感じるような気がします。だから「またね」という言葉が自然に出てくるのでしょうね。

鉄塔はねえ、うちの近く鉄塔だらけで、どこで撮影しても入ってくるんですよsmile

コメントのお返しが遅くなってごめんなさい。

投稿: SwingingFujisan | 2008年9月24日 (水) 17時14分

私も普段のご無沙汰をお詫びしながら、昨日ようやく墓参りに行くことが出来ました。写真を拝見するとおそらく SwingingFujisanさまの墓所と同じあの広い霊園のようですね。どこかですれ違ったかもしれません。

あの墓地は地味がいいですから、少し行かないと草木が密生してしまい、昨日はその剪定と雑草の掃除で汗だくになってしまいました。

夕方同じような秋の夕暮れに見惚れましたが、残念ながら写真はうまく撮れませんでした。

投稿: 六条亭 | 2008年9月24日 (水) 22時57分

六条亭様
コメントありがとうございます。
六条亭様も同じ霊園ですか!! きれいになった墓所というのは清々しいものですね。ご先祖さまもきっととても喜ばれたでしょうね。うちは、父が行かれなくなってからは、植木の剪定などはお茶屋さんにお願いしています(つまりは私がダメ子孫ってことですsad)。それでもたしかに雑草はあっという間に伸びてくるみたいですが、私も行ったからには多少草取りぐらいさせてもらえるのは有難いことかもしれませんsmile
昨日の夕暮れは雲が何とも言えない表情を見せていましたね。

投稿: SwingingFujisan | 2008年9月25日 (木) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <歌舞伎>堪能その2:河内山 | トップページ | 久しぶり »