« 歌舞伎座さよなら公演 | トップページ | さらば、ゲルト »

2008年10月22日 (水)

Aプロ再見

1021日 仮名手本忠臣蔵Aプログラム
ひょんなことから、急遽仮名手本のAプロを同じような席で再見した(まったく予定外のことで、そのため今週の観劇4連チャンになってしまったshock)。2度見られたことは嬉しいのだけど、実は今Dプロをモーレツに見たくなっていて、正直なところDプロだとよかったのにな、なんてゼイタクを言ってみる。

最近、余裕があるときにはなるべく浄瑠璃の語りを聞き取るようにしているのだけど、歌舞伎教室などでよく言われる「浄瑠璃は、状況や登場人物の気持ちを語っている」というのがよく理解できる。演技と浄瑠璃の相乗効果で感動がいや増す。仮名手本も、ああ、これが義太夫狂言の良さなんだ、って少しわかってきたように思う。今回はまた、ツケが登場人物の気持ちを代弁するかのように打たれていたことに気付き、さらに感動した。
塩冶判官が師直にいじめられているのを見ていたら、判官はそうとう我慢に我慢を重ねていたんだなあと、今さらながら痛ましく思った。自分が刀を抜いたらどうなるか、ってことはわかっていた。でも抜かずにはいられなかった。抜いた以上、師直の命を奪わねばならなかった。加古川本蔵に取り押さえられ、刀をぽーんと放り投げた(んじゃなくて、逃げた師直に投げつけたんだね)後の勘三郎さんの表情が、その無念さをよく伝えていた。
仁左様は悲しみと無念が全身からにじみ出ていて、やっぱり泣けた。足利館に攻め入ろうとはやる諸士を強くたしなめる場面では、こちらも力が入った。花道引っ込みの送り三重の三味線は栄津三郎さんだったのね。前回は三味線が出ているのが全然見えなくて。今回も一部しか見えなかったのだけど、あれは栄津三郎さんでしょう。

おまけ1大序で、人形の口上がすんだ後、定式幕がゆるりゆるりとあけられるが、桜席と梅席を隔てる定式幕も同じ速度であけていた。また、東西声を数えたら、ちゃんと七、五、三になっていた。当たり前なんだけどcoldsweats01 いつも数えようと思って忘れちゃうから。
おまけ2浄瑠璃の三味線と太夫は桜席右側の下の御簾の中にいる。大序が終わって出てきた姿は汗だく。ただでさえ熱演なのに、あの中ではさぞ暑いことだろうと同情しちゃう。
おまけ3舞台写真を2枚買った。筋書きには写真が入らないと確認したのが一つの理由。もう一つは、売り切れがたくさん出ていたから。仁左様の写真で討ち入りのは、もうなかった。で、1枚は勘三郎さんと仁左様のツーショット写真、1枚は勘太郎クンの討ち入りの写真。帰りの電車の中でニンマリしながら写真を眺めていたら、はっと気付いた。あれ、たしか、勘太郎クンは小林平八郎だったよな…この写真eye、竹森だぞ…、やや、これは七之助クンではないか!! よく見ればそうなんだけど、一見勘太郎クンそっくりなんだものcoldsweats01 それだけ、このときの七之助クンは男っぽかったわけだ。ま、かなりいい写真だから良しとしよう。
おまけ4またトイレの話で恐縮だが、ユーモアたっぷりのトイレ誘導が進化していた。出るときは個室のドアを半開きにしてください、というもの。ドアが閉まっていると空室をさがすのに時間がかかるから、というわけで。たしかにそのとおりだ。このおかげで、列の動きが少し早くなっているはずだ。でも、みんな閉めるのがクセになっているから、半開きにする人としない人半々くらいだったかな。

|
|

« 歌舞伎座さよなら公演 | トップページ | さらば、ゲルト »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌舞伎座さよなら公演 | トップページ | さらば、ゲルト »