« Aプロ再見 | トップページ | いろいろあったけど満足「仮名手本忠臣蔵」 »

2008年10月22日 (水)

さらば、ゲルト

1022日 対ガンバ大阪戦:ACL(埼玉スタジアム、1930キックオフ、53,287人)→13で完敗
4
連続観劇3日目の今日は、昼間は中村座、夜はACLとハシゴでした。
08102201vsgamba
そりゃね、ここ何試合もホームで勝ちがなく、試合ぶりを見ていたってどこにも勝てる要素がない。そんなチームがACLだけは勝てるなんて思うこと自体がおこがましい。でも、でも、私だってレッズサポのはしくれ、やっぱり心のどこかで夢を見ていたの。ひょっとして、5万サポの力が実を結ぶんじゃないかって。
甘い夢でした。
せっかく高原が1点決めたのにな。役に立たないFWは決定的なチャンス23回を実に見事にはずしてくれたし。久しぶりの出場で試合勘の戻らないDFは動きが鈍く、ちっとも走れないし。過密スケジュールでへとへと満身創痍のDFは献身的な働きを見せるも、前半だけでいっぱいいっぱいだし。
使えないな、と思ったら、さっさと代えればいい。なぜ、動かない、監督は。残り15分とか10分になってFW4人に増やしたって…
この前の神戸戦もそうだけど、負けるべくして負けたとしか言いようがない。
試合終了後、場内を一周して挨拶にまわる選手たちに監督が加わった。普段はこんなことないから、私はゲルトがサポにさよならを言うためにまわっているんだと解釈した。クビになる前に辞任か、と思った。いや、私の中ではゲルトとはっきり決別した。今のままのサッカーだったら、もうこの先は歌舞伎に専念するょ。前監督のオジェックも好きだったし、ゲルトにも好意を抱いていたのに、残念だ。でも今ふと思いついてゲルトを弁護すると、ゲルトは監督としての能力よりも監督補佐としてのほうが力を発揮できるんだと思う。そういう人物を監督にしたのは誰だpunch おかげで、みんな悲劇だ。ゲルト自身にとっても悲劇だ。
で、家に帰ってテレビをつけたら、そうだ久米宏の新番組に海老ちゃんが出てるんだっけと思い出し(kirigirisu様に教えていただきました)、政治の話なんかしている海老ちゃんに癒されましたheart04(役割はコメンテーターかsign02)。やっぱり歌舞伎一筋だわ~。番組は録画したので、後でちゃんと見ます。

08102202vsgamba_6 08102203vsgamba_6
浦和のプライドはどこへ行った~weep 後半戦開始にはデカ旗も出たのに。

|
|

« Aプロ再見 | トップページ | いろいろあったけど満足「仮名手本忠臣蔵」 »

サッカー」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

観劇&観戦お疲れ様でした…weep
試合をちゃんと見ていないので感想は控えますが、SwingingFujisanさん達サポが危惧していた問題や憤りを感じていたことが、この試合で全て噴出したって感じでしょうか。
5万人の溜息が聞こえてくるようです。
しばらくサッカーのことを考えたくない気持ち、本当によく分かります。
さすがに監督も交代でしょうね。
それにしてもハードスケジュール!浅草から埼スタってwobbly

投稿: non | 2008年10月23日 (木) 00時39分

non様
ありがとうございます。
選手と監督の挨拶に対し、ゴール裏のサポ席以外は拍手していたんですよ。私は複雑な気持ちでした。選手には拍手したい、監督にはブーイングしたい。でも一緒に来られたらどうすりゃいいのよbearing だから、何もしないで、心の中で分けて応えていました。
ゴール裏サポの反応はよくわかりませんでした。拍手している人もいるようだったし、前のほうの何人かは文句言っているようにも見えたし。
でも帰り道、あちこちから聞こえてくる声は、やっぱり選手起用、戦術、FWに対する不満が多かったように思います。
ここで監督が変わるのか、来季になるのかわかりませんが、クラブもそういう声は無視できないでしょうねぇ。
浅草→一時帰宅→埼スタ、そしてしょうもない試合、さすがに疲れて、飲む気も起こらず、まじめに帰宅しましたsmile

投稿: SwingingFujisan | 2008年10月23日 (木) 01時04分

度々失礼します。
マイブログにリンクを貼らせていただきました。事後報告になりすみません。

投稿: non | 2008年10月23日 (木) 01時28分

non様
リンク、ありがとうございます。
non様のところでお礼を言わず、ごめんなさい。

投稿: SwingingFujisan | 2008年10月23日 (木) 01時44分

ほんとに昨日は残念でした。
サポは私も含めて声の限り応援しましたが、総合的には完敗でした。
仲間が北のサポ席に行って聞いてきたところのよると、ブーイングとまばらな拍手が入り混じりゲルトに対しては別れの拍手だったように感じられたということです。
来年必ずや生まれ変わるレッズを是非又応援しましょう。
昨年の喜びをまた感じたいですね
復活を支えましょう

投稿: red-blood-11 | 2008年10月23日 (木) 22時23分

red-blood-11様
ほんと、悔しい。実力差があっての完敗なら諦めもつくけれど、力のある選手を無視して疲労困憊の選手で戦ったのが、シャクでたまりません。ま、それが今のレッズの総合的な実力なんでしょうが。
天皇杯は新体制でいけるといいですね。

投稿: SwingingFujisan | 2008年10月23日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Aプロ再見 | トップページ | いろいろあったけど満足「仮名手本忠臣蔵」 »