« 秋深し、国立劇場 | トップページ | 裏表人間豹 »

2008年11月17日 (月)

花形昼再見

1117日 花形歌舞伎昼の部(新橋演舞場)
「伊勢音頭恋寝刃」の再見です。当然ながら初日に比べ、テンポがよくなっていたほかは、初日に感じたこととあまり変りがないので、簡単に。
海老ちゃんのオーラは私にとっては夜の部のほうが断然強烈で、とは言えやっぱり貢の海老ちゃんはたまらなく素敵で、アップのレンズが捉えるのはついつい貢さんの美しいお顔になってしまうlovely
殺人の場面が歌舞伎座の仁左様より怖くないのは、あちらは見ているほうまで深い恨みの底に引きずりこまれるような恐怖を覚えたのに対し、こちらは妖刀に魅入られた貢を客観的に眺められるという違いのほか、ビジュアル的なものもあったように思う。貢の動きは一種舞踊のようであり、また返り血を浴びた全身、赤い血の跡が残る顔はそのまま受け止めることができても、仁左様のほうは想像力が掻き立てられ、痛みや恐怖を感じたのだろう。しかも、猿四郎さんの斬られた首を貢がこちらへ向ける場面はからくりが見えてしまったしcoldsweats01
獅童さんの奴・林平、かっこいい。適度な滑稽味もあり、大きさもあり、適役だと思う。歌舞伎以外の演劇でも貴重な人材なのかもしれないけれど、もっと歌舞伎に専念してよwobbly
門之助さんはこういう役を見ると、この人って二枚目なんだなあと思わされる。
猿弥さんのお鹿には女の意地を感じた。それはやはり化粧や大げさな演技でお鹿の不細工ぶりを強調していないからだ。猿弥さんのお鹿にはリアリティがある。
「吉野山」
初日よりはかなりちゃんと見られたけれど、ところどころカクっときた。ちゃんと見れば、屋島の合戦のところなど面白かった。狐の忠信って、本当は静のこと好きなんじゃないかなあ。メリハリある松緑さんとしっとり菊ちゃんの組み合わせがよかった。
最後に逸見藤太が「忠信やらぬ」と言うと、忠信が藤太に向かって笠をぽ~んと投げるのだが、そういえば初日は思い切りはずしていたなと思い出した。今日はワンバウンドキャッチsmile
桜を満喫した吉野山を一歩出れば、外は美しい紅葉なのでした。
おまけ:今日から舞台写真売り出しで~す、ということだったが、政岡の写真が1枚しかないって、どういうことsign02(それも千松の遺体に覆いかぶさるようにして悲しんでいる場面で、顔が俯き加減)静は6枚もあるのに。海老ちゃんにしても貢2枚、弾正2枚のたった4枚。追加販売はないらしい。
08111701enbujo

08111702enbujo
初日には2台あったのですが…(写真、ブレちゃって載せられませんでした)。どなたがお乗りになるのでしょう。あるいは舞台用?

|

« 秋深し、国立劇場 | トップページ | 裏表人間豹 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

忠信が藤太に投げる笠、16日には「お見事sign03」と言いたくなるくらい、綺麗なストライクでした。いつもそうなのかと思ってたワcoldsweats01
海老蔵さんの福岡貢は、ほんと妖刀パワーで夢遊病みたいになってる感じが、すごかったですね。
自分の感想を早く書かなきゃ、忘れてしまうぅ。

投稿: きびだんご | 2008年11月18日 (火) 00時12分

おはようございます。
そうですよね。私もこれまで、立ち回りでの刀の見事なキャッチを何回か見ていますので、こういうことって毎日成功するのかと思っていました。コントロールがちょっと乱れるとうまくいきませんし、受け止めるほうも野球と違って体勢を崩すわけにいきませんから、むずかしいですものねぇ。
昨日は通路を歩く海老ちゃんを上から見ながら、きびだんご様はあの辺りでlovelyになっていらしたのね、とニヤニヤしておりました。
お仕事、もうじき一段落というところでしょうか。お体をお大切に(私は、昨夜、久しぶりに00時前に寝ましたhappy01)。

投稿: SwingingFujisan | 2008年11月18日 (火) 09時01分

海老蔵丈の貢さん、本当に、自分の意思とは掛け離れたところで、何か(=妖刀)に操られているような立廻りでしたよね。SwingingFujisan様のおっしゃるとおり、不思議と、ニザ様のときのようは恐怖感はあまり感じませんでした。どちらがどう、ということはないのですが…。油屋の前から観ているせいもあるかもしれませんね。これから益々、磨かれる海老蔵丈の貢を観てゆける私たちは、幸せですね♪

舞台写真情報も、ありがとうございます! 政岡の写真が1枚…っ。気になりますわ。

投稿: はなみずき | 2008年11月18日 (火) 21時19分

はなみずき様
毎月毎月、「見てよかった」と思える演目があって、本当に有難いことだと感謝感謝です。今月は菊之助さんの政岡、海老蔵さんの貢に出会えて幸せconfident こわ~い仁左様に出会えたのもまた幸せです。
政岡の写真、多分1枚だけだったと思うんですよ。私のそばにいたおばさまたちも「政岡が1枚しかないってどういうことよannoy」と口々におっしゃってましたから。

投稿: SwingingFujisan | 2008年11月18日 (火) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋深し、国立劇場 | トップページ | 裏表人間豹 »