« ぐっすりおやすみ:笑って笑った三谷芝居 | トップページ | 12月13日の軌跡2:ランチ@Ken’s cafe »

2008年12月14日 (日)

12月13日の軌跡1:道成寺幕見

1213日 京鹿子娘道成寺(歌舞伎座幕見)
08121403hirunobu

今月は歌舞伎座行かないつもりだったけれど、これだけは見たかったのよね。で、幕見することは早くから決めていたんだけど、日程がむずかしくて。今日バレエ「ザ・カブキ」を見る前に本物の歌舞伎を見ておこうっていうわけ。
どうせ今月はすいているだろう、なんて<独断と偏見>で甘く見たのが大間違い。六条亭さまのところで、立ち見も出ていると知り、今日は土曜だしヘタすりゃ…と覚悟。それならいっそ3Bを取ろうかと思ったら、完売だった。なんだ、意外と入ってるんじゃんsmile
08121401queue 12
25分発売のところ、1140分に歌舞伎座着。もう、歌舞伎そばの前の折り返し点になっていた。3040人くらい待ちってところだろうか。
何となく落ち着かない気分でいたら、歌舞伎座のおじさんが郵便物を事務所に運んできた。胸に抱えたその郵便物の大半はハガキ。おじさんのおなかのあたりからのどくらいまでの山になっているハガキは、来年12日の顔寄せ手打式の応募だよね~とため息交じりで見送った。1回にあんなに来るんじゃ、全部でどれだけよ。
そのうち、今度は別のおじさんから幕見チケットの買い方(料金とか、発売時刻とか、その場にいる人しか買えないとか)についての案内があった。日本語に続いて、おじさん、英語で料金と発売時間をガイドする。幕見で英語の案内を聞いたのは初めてかも。
さあ、やっとチケットを手にして4階へ駆け上がり、一目散に上手へrun ひえ~っ、40番台もういっぱいだよshock(私、幕見は40番台と決めているのです) 焦りながら、荷物を置いてない席を探し、30番台後半を何とかひとつ見つけた。前列だった(普段なら後ろの人に気を使わなくてすむ後列がいい)。
08121402dojoji_2 道行はかろうじて、三津五郎さんの肩くらいまでが見えた。それも前の人の頭にしょっちゅう隠れる。3階席は満席で、舞台正面も人の頭をよけながら見ていたため、あまりじっくりと楽しむ気分にはなれなかった。
でも、三津五郎さんはとても綺麗で、見えないながら花道での常盤津、本舞台での長唄に乗った踊りも意外なほど柔らかくて心地よく楽しく、引き抜きも素敵だった(鐘への執念はさほど強くないけれど、それが気にならないほど、ひきつけられた。所化サンの中では、梅丸クンの踊りが目を引いた)のに、自分がそんな気分だったのがとても残念。もう一度、平日にゆっくり見たいけど、もうむずかしいかなぁ。
一応筋書き買ったんだけど、割引券もっていくの忘れちゃった。100円、惜しかったなcoldsweats01
<上演時間>70分(12:25~13:35)

|

« ぐっすりおやすみ:笑って笑った三谷芝居 | トップページ | 12月13日の軌跡2:ランチ@Ken’s cafe »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~☆
郵便局のおじさんが山のように抱えていた束のなかには、12日に投函されたSwingingFujisan様(と、akiさんも?)のお葉書も入っていたんでしょうね~! 当たりますようにっ。でも、1回分でおなかから顎あたりまでですか~…。希望薄っ。

三津五郎丈の道成寺は、私も幕見したかったです。舞踊としての道成寺、素敵だったでしょうね~。

投稿: はなみずき | 2008年12月14日 (日) 20時19分

こん♪♪は。

やはり土日ではその時間に並ぶようですと、上手寄りの花道がよく観える席の確保は難しかったようで残念でしたね。

それでも三津五郎さんの新鮮な花子を味わえたようですね。私ももう一回くらい幕見をしたいのですが、時間の調整が難しいと思います。

山のようなハガキ!う~ん(@_@)。

最近外人さんの幕見が多く、係りの人が案内板と口頭で英語による幕見の説明をしているのをよく見かけます。

投稿: 六条亭 | 2008年12月14日 (日) 21時31分

はなみずき様
こんばんわ。
コメント、ありがとうございます。
私もおじさんのハガキをじ~っと見ながら、akiさんと私のも入っているのかしら、それとも次の便なのかしらと気になって仕方ありませんでした。
三津五郎さんの花子さんはとても柔らかな感じで、す~っと素直に溶け込めました。これからでもご覧になるチャンスがあるといいですね。

投稿: SwingingFujisan | 2008年12月14日 (日) 22時27分

六条亭様
こんばんわ。
コメントありがとうございます。
花道が見える席をご存知の方がだんだん増えてきたのかもしれませんねcoldsweats02 
最後の鐘はよく見えたし、三津五郎さんの花子の雰囲気を味わえたということで今回は満足すべきかなぁ…。
英語の案内が必要なほど外国人観客が増えたのは、建替えが影響しているのでしょうかしらねえ。幕見のガイジンさんを見ると私、「日本にはこんな素晴らしい文化があるのよ」と誇らしくなります。
手打式は、運のみですねbearing

投稿: SwingingFujisan | 2008年12月14日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぐっすりおやすみ:笑って笑った三谷芝居 | トップページ | 12月13日の軌跡2:ランチ@Ken’s cafe »