« 大変こみあっています | トップページ | 演舞場昼の部・その2 »

2009年1月11日 (日)

演舞場昼の部・その1

19日 初春花形歌舞伎昼の部(新橋演舞場)
09011101enbujo いよいよ本格的に歌舞伎モードに突入してきたので、仕事とのやりくりで感想アップが遅くなりました。
この演舞場、海老蔵・獅童・澤瀉屋とくれば、heart04のごひいき多々、私の見方に独断と偏見があっても、そこは大目にみてね。
「二人三番叟」
前半は能仕立てだから私には苦手なのだが、案外見ることができた。笑也さんの千歳は上品でおっとりと美しい。段治郎さんの翁は見目姿も麗しいのだけれど、動きとしてこなれていないような…でも綺麗。三番叟の2人(右近・猿弥)は息もぴったり、ドンドンドン(いや、トントントンかな)の足拍子、激しい踊りを軽やかに。あれだけの動きをするから、右近さんのほうが疲れきっちゃって、何度も踊りをサボろうとする(もちろん、踊りの上での演技です。でも実際にも相当疲れるだろうと思う)。へたり込んだり、橋懸かりにもたれたり、あげくに幕内に引っ込もうとさえする。そのたびに猿弥さんが引っ張り上げ、連れ戻し、と笑わせてくれる。やっぱり「三番叟」は、三番叟の踊りになってからが面白いな。附千歳の弘太郎さんは、静々と格調高く翁の面箱をささげ持ち、三番叟に鈴を渡し、と仕切り役みたいな感じで、舞という舞はないのでちょっと残念だった。
「口上」
成田屋さんの三升の紋に囲まれた(?)舞台に海老蔵さんが登場すると、まばゆいようなオーラが発せられる。後見の右之助さんがもってきた三方にかかった赤い布を海老ちゃんがとると、そこには白ぬきで「大入」の文字が。客席からちょっと笑いが起こった。三方に載せられた巻物には今月の演目が書かれており、それを海老ちゃんが読み上げる。座頭としての若々しい貫禄十分である。そして待望のにらみ。襲名披露のときはまだ歌舞伎会会員になって日が浅く、2階の後ろのほうで人々の頭の間から小さく見えるにらみを拝むしかなかったし(これをきっかけとして、翌年の勘三郎襲名に向けて特別会員の資格を得るべく頑張ったのに、その年からゴールド会員の制度ができてガクっときた)、オペラ座でも席が遠かったから、3階とはいえ最前列*の今回は期待していた。
しっかりにらんでいただきました。まさに浮世絵の世界。美しく、迫力あって、海老蔵さんのオーラにすっかり取り込まれました。
長くなるから、「義経千本桜」は別記します。

*きょうの座席は3階席としては最高のところじゃなかったかしら。座席表を見てそう思ったからすぐに取ったものの、だんだん「ひょっとしたら何も見えないんじゃないかしら」と心配になってきた。ところが、実際に座ってみたら、花道はやや浅めに腰掛ければ七三が十二分に見えるし、舞台も見切れるところがない。手すりも邪魔にならないし、演舞場は後ろとの段差も大きいから他の劇場ほど後ろの人に気を使わなくてもいいし、なんとまあ、お値打ちなお席でしたことでしょうscissors

|

« 大変こみあっています | トップページ | 演舞場昼の部・その2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/27006052

この記事へのトラックバック一覧です: 演舞場昼の部・その1:

« 大変こみあっています | トップページ | 演舞場昼の部・その2 »