« やっぱり初春は浅草歌舞伎・第1部 | トップページ | はじめて泣けた「封印切」:演舞場夜の部 »

2009年1月16日 (金)

やっぱり初春は浅草歌舞伎・第2部

113日 浅草歌舞伎第2(浅草公会堂)
09010604part2 1
2部を見て、私、亀ちゃんの歌舞伎に飢えていた、と激しく思った。そりゃ、ミーハーですから、亀治郎がTVに出るといえばバラエティーでもクイズでもドラマでも見る(さすがに「おんな太閤記」は早送りでところどころちょこっと見ただけ)。でも、私が見たいのはそういう亀ちゃんではない。歌舞伎の亀治郎なのだ。この飢餓感って、なんなんだろう。いくら海老ちゃんだ菊ちゃんだ勘太ちゃんだ獅童だといってもそうそう湧くものではない。こと亀ちゃんに関しては無性にその歌舞伎が見たくなる。ほんと、浅草、待ってたよhappy02
お年玉ご挨拶は七之助さん。9年前、七之助さんはまだ16歳。舞台からふと2階を見るとお客が20人くらい。3年目からは上演時間やポスターを工夫し、だんだん客が入るようになった。このメンバーで地方へ行きたいという願いがかない、今年松竹座へ行くことになった(松也クンもお忘れなく)。
昼の亀ちゃんは、大蔵卿の化粧で出てきたが、七之助さんは素顔。あら、勘三郎さんにお顔が似ているわ、とは新発見。
09011605mohee 「一本刀土俵入」
勘太郎クン(勘太郎って、クンまたはちゃん付けで呼びたくなっちゃうのよね。今さら勘九郎襲名なんてしなくていいんじゃないgawk)が茂兵衛をやるとなれば、どうしたって勘三郎さんと福助さんのコンビが思い出されるが、私、勘太郎・亀治郎コンビのほうが好きかも。勘太郎クンにはハラをすかせた取的はこんな感じかもしれないというリアルな存在感があったし、女は女でこうやって生きていくしかないのよねという諦めと哀しみのすれっからしと、でもどこかに希望の混じった、日常の小さなことにも喜びを見出せるような感性を亀ちゃんのお蔦に感じた。亀ちゃんの三味線を弾きながら口ずさむ「小原節」が嬉しい。
そして10年たった後半、茂兵衛のなんとカッコいいこと、スッキリと毅然として真面目で、相撲とは別の、渡世人という裏街道で成長してきた男の真情。茂兵衛が何をやっても、ステキと目が輝いてしまうlovely 勘太郎クンの端正な(それでいて楷書的つまらなさはない)演技はいつ見ても好もしい。
お蔦も前半のすれっからしが抜けて、地道に子育てしている様子がいじらしい。「おきみちゃん、おきみちゃん」。あら、どこかで聞いた呼び声。「竜馬がゆく」のおりょうscissors あっちのおきみちゃん(君江っていうのね)も可愛かったけれど、こっちのおきみちゃんもとても可愛い。両方とも谷口可純ちゃんが出ているけれど、私が見たのは可純ちゃんだったのかしら(確信がもてません)。
茂兵衛が恩人として10年の間忘れずにいたお蔦は、そういう温かい心を当たり前のようにもっていたのだろう。だから覚えていない。お蔦が茂兵衛を思い出すのは、茂兵衛が頭突きをした瞬間で、これが後半の大きなポイントになっている。「思い出したっ!!」このタイミング、私のと亀ちゃんのとでちょっとズレていたな(私のほうが1秒早かったcoldsweats01)。
松也クンの辰三郎、若いからどうしても年齢的に大丈夫かと心配になるのだけれど、全然違和感なかった。 妻子への愛情、気持ちの弱い自分を責める根は真面目なこの人には、親子3人幸せにつつましく暮らしてほしいと、ついつい思い入れる。亀ちゃんにしても松也クンにしても、子を持つ親の気持ちがよく表現されていて感心した。
ちなみに松也クン、今日の「必殺」にゲスト出演するそうですから、どうぞお見逃しなくねsign03

09011606dojoji_2 「京鹿子娘道成寺」
まず、出てきた時の美しさ。まるでそこに一輪の可憐で華やかな花が咲いたよう。はっと息を呑むような美しさであった。そして、これまで見たどの花子とも違う印象を受けた。ダイナミックというのとはちょっと違うのだけど、なんと表現したらいいのかなぁ…。鐘に対する怨念も割とあっさりしているような…。<若い>花子というのかしら。でも、とても魅力的で、途中途中の表現に強く惹きつけられて見入ってしまう。今後が楽しみな可能性を強く感じた。
亀ちゃんの所化は初めて(だと思う)。やっぱり踊りは一日の長があるなぁ。
09011607tenugui ラッキーなことに手ぬぐい、ゲット。どなたが投げてくださったのかわかりませんが、ちょっと伸ばした手にジャストミート。嬉しいです。どんな手ぬぐいか広げたところは、はなみずき様のところでご覧ください(ズボラですみませんデスcoldsweats02 はなみずき様、ごめんなさい)。
<上演時間>お年玉ご挨拶5分(15301535)、「一本刀土俵入・序幕」50分(15351625)、幕間10分、「一本刀土俵入・大詰」50分(16351725)、幕間25分、「京鹿子娘道成寺」50分(17501840

|

« やっぱり初春は浅草歌舞伎・第1部 | トップページ | はじめて泣けた「封印切」:演舞場夜の部 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

私も、勘太郎丈は、「勘太郎クン」か「勘太郎チャン」と口では呼んでしまいます。(七之助丈は「ナナちゃん」(笑)。) 
勘太郎チャンの茂兵衛、お若いから、よほどお作りになって(外見や声色等)なさるのかしら、と思っていましたが、逆にストレートな表現方法で、かえって「リアル」感がございましたよね。そうそう、「リアルな存在感」、それでございます!! 

玉三郎丈が、お芝居(演技)に関して、(1)事象を受け留め、(2)心で反応して、(3)それが自分のアクションになる、という過程を大事にされているというようなことを書かれていたと思うのですが、亀治郎丈の「1秒」は、心で「思い出した」と思ってから、言葉として発するまでの時間だったのかもしれませんね。あまりにも衝撃的だったりしますと、なかなか言葉が出ないときもありますし。かくいう私も、時差が1秒ほどありましたの。でも、やっぱり亀治郎丈の「間」は絶妙だったと思います。

七之助丈の「花子」は、おっしゃるとおり、「巧い」とか何とかいうよりも、ある意味ユニーク(個性的)で魅力でしたよね。手拭いゲット、おめでとうございます!

ついついSwingingFujisan様のレポが嬉しくって、長話いたしました。失礼致しましたっ!

投稿: はなみずき | 2009年1月17日 (土) 07時37分

はなみずき様
コメント、ありがとうございますsign03
ブログを書くときに役者さんをどう呼ぼうかと迷うことがあります。敬称を一切つけなければ気楽なのですが、流れとして「さん」だったり「クン」だったり「チャン」だったり、「様」だったり。時には敬称なしがこの流れには合っているということもあり…think
はなみずき様は「丈」で統一なさっていらっしゃいますね。歌舞伎役者さんなんですから、それが一番いいのかもしれませんねhappy01 ちなみに、私は七之助さんは「セブンくん」かな。「ナナちゃん」のほうが可愛いheart04
なるほど、亀治郎さんの「思い出したっ」は玉三郎さんのアクションまでの理論に適っているのでしょうね。私たち観客はここでそのセリフがあるのを知っているから、一瞬早く反応してしまうのかもしれませんね。納得です。ありがとうございます。
若い役者さんがこうして大きなお役を演じるのを見ていると、役に取り組む真摯な姿勢が感じられ、また若くてもこんなに力量があるのだということがよくわかり、長生きしてこの人たちの10年後20年後を見たいと強く思います。その頃には彼らのジュニアの活躍も見られるでしょうしね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月17日 (土) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/27184485

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり初春は浅草歌舞伎・第2部:

« やっぱり初春は浅草歌舞伎・第1部 | トップページ | はじめて泣けた「封印切」:演舞場夜の部 »