« 抜け出せ、プチ鬱 | トップページ | めでたさも中くらいなり »

2009年1月 7日 (水)

95歳掻痒顛末

11月頃からだったろうか、じいさま(父のこと)が体じゅうを痒がり始めたのは。例年、冬の乾燥した時期になると、これが始まるので、とりあえず、市販の痒みを抑える成分の入ったボディミルクやアルカリの弱い石鹸などで対応してきた。
しかしその程度ではおさまらず、しょっちゅう掻きむしるために、上半身はいつも血だらけ(どういうわけか、痒いのは上半身だけ)。下着のシャツはおろか、シーツにも血のしみがつく。「そんなに掻いちゃダメ」と言っても「痛いより痒いほうがつらい」と掻きむしるのをやめない。しまいには、「生きているのがつらくなった、死にたくなってきた」と弱音をはくdespair とくに食事をして体が温まると耐えられなくなるようで、「つらいつらい」と繰り返すから、いい加減こっちもウンザリしてきたwobbly
そこでついに重い腰を上げ、風邪とインフルエンザの院内感染を恐れながら近所の医者に連れて行った。医師は首のあたりをさっと見て、痒み止めの飲み薬と塗り薬を出してくれた。さあ、これで治るぞと喜んだのも束の間、痒みはぜ~んぜんおさまらない。
暮れからじいさまの薬塗り係り*をやってくれていた息子が「これ、ダニじゃないの?」と言い出したのが数日前。言われて見れば、確かに小さなポッツリポッツリが上半身無数にある。布団は毎日干しているから大丈夫だろう。そうか、痩せている父の部屋は私など汗をかくほど暑く、また普段父が寛ぐ(ほとんどsleepy用)肘掛け椅子は布が張ってあって、しかも薄汚いクッションがのっている。時にはここで食事をしたりもするから、食べこぼしも椅子にしみているに違いない。こいつが元凶だな。
そこで、ダニ殺隊・Swingの登場impact 前に買ってあったダニアースを手に突撃bomb 父の部屋中に撒布する、注入する、撒布する、注入する…こっちがむせて中毒を起こしそうだ。そして、汚いクッションはとりあえず日に当てるか捨てるかするように、部屋の空気も時々は入れ替えるように、と<指導>した(掃除でも何でも私がやってもいいのだが、自分でできることは極力自分でやってもらうようにしている。ボケ防止を掲げて、その実、私が楽をしたいだけなんだけどsmile)。
さあ、するとどうでしょう。夕食の最中も食後も平気でいる。「今日は痒くないの?」ときくと、「痒くない」と。古い刺され跡はまだ多少痒みを残しているようだが、新たに刺されなくなったから。
こんなことならもっと早く気づいてあげるべきだったと思うのだが、男親に対して娘は案外冷たいのですcoldsweats02 息子がいなかったら、父はもっと苦しんでいただろうな。
若いばかりがダニの好みではないらしい。みなさま、ダニにはご用心sign03 

*ぜ~んぜん関係ないんだけど、「いきものがかり」って「生き物係り」なの? 私は「神がかり」と同様の言葉だと思っていて、意味がまったくわからなかった。

|
|

« 抜け出せ、プチ鬱 | トップページ | めでたさも中くらいなり »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

連投baseball失礼します。
痒みもほんとツライですもんね。お父さま、おさまってよかったです。でも、お医者さまではダニと見破れなかったのかしら??
というのも、うちの息子も掻きむしった挙げ句、皮膚科通いで、アトピーと言われてるんですが、もしかして・・・あの汚い部屋が?とsad まあいかにもアトピー的な箇所ではありますが。でも不安。
ところでこんなことを書いてる暇には仕事しろ、自分punch すでに5日に、提出日延期を申し出てしまってて(余裕があるのを知ってたからいけない)、なおさら捗らなくなってしまいました。

投稿: きびだんご | 2009年1月 7日 (水) 00時51分

きびだんご様
痒くても痛くても、自分のことでないから、ついついその辛さを放置してしまい、父に申し訳なかった、と殊勝に反省しております。
近医は皮膚科専門ではないせいか、患部をほとんど見ないんです。皮膚は「見る」ことが一番大切なのにね。それでもそこへ行くのは、近いのと、一応主治医だから。
息子さんの場合、皮膚科のお医者様がアトピーとおっしゃるのですからアトピーなんでしょうね。大人になってからの発症ですか? うちの息子は子供のときからずっとアトピーと付き合っていますsad 

仕事、私も昨夜は思い切って切り上げてしまいました。きびだんご様ご同様、締め切りに余裕があるのを知っているんですbleah ただ、こんなこと、毎回はできませんよね~。新年特別スケジュールで、ってことで…

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月 7日 (水) 07時29分

おはようございます。本日めでたく「初日」でしょうか。おめでとうございます!

お父様の件、原因が分かり症状も改善されているようで、良かったですね。読んでいて安心いたしました。

私も昨日、アレルギー検査のために採血をしました。色々とアレルギーがあるのは分かっているのですが、改めて検査することに…。私の血管は扱いにくいらしく、毎度のことですが4回も針を刺され、大量に血を抜かれフラフラでした〜。それでも、いくらか痩せたかしらぁ〜と思ってしまうわたしです。。。

今日は楽しんでくださいませ〜♪

投稿: aki | 2009年1月 7日 (水) 09時52分

aki様
ありがとうございます。
本日、初日happy01でございました。

なんにしろ、病気は原因がわかれば安心しますよね。
aki様の咳、ずっと心配しておりますが、検査で原因がはっきりすればいいですね。それにしても、4回も針を刺されるなんて、お気の毒sad 検査って、患者に苦しい負担を強いることが多いので私は嫌いですが、必要とあれば仕方ないし…
血液を抜かれて痩せた、なんて思ってはいけませんよ、お気持ちはわかるけどcoldsweats01

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月 7日 (水) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/26876513

この記事へのトラックバック一覧です: 95歳掻痒顛末:

« 抜け出せ、プチ鬱 | トップページ | めでたさも中くらいなり »