« 浅草第一部再見 | トップページ | 歌舞伎チャンネル存亡の危機か »

2009年1月28日 (水)

本年浅草最後のお楽しみ

127日 浅草歌舞伎千穐楽特別編(浅草公会堂)
時系列を逆にして、終演後の話から。短期記憶が蓄積されると古いものがどんどん海馬から消えていってしまうので、直後でないと忘れていることがたくさんある。間違って覚えていることもきっとたくさんある。メモっておけばよかったけど、自分がしっかり楽しんじゃったからcoldsweats02お許しを(その辺はmami様non様のところでご確認をcoldsweats01)。
これまでの3回は終演後にいわゆる浅草メンバーによる楽しいトークがあったが(去年はなかったかも)、今回はまたがらっと趣向を変えて驚かせてくれたup
七之助さんが鐘の上に巻きついて定式幕がしまる。しばらくして(七クン化粧落として衣裳着替えているのかな、っていうくらいの時間)定式幕が再びあく。吊り下がった鐘、紅白の幔幕と舞台は道成寺のまま。あらっと思っていると、花道から所化さんたちがぞろぞろ。先頭は松也クン(かっわゆ~いheart04 もう今日は最初のお年玉ご挨拶から松也クンにめろめろlovely)。手拭を2階に投げあげ、花道脇にも撒いて歩く(う、うらやまし…。私、実はカーテンコールで手拭撒きがあるって予感してたのよねwink)。
「聞いたか聞いたか」で道成寺そのままに始まる聞いたか坊主たちのセリフ、時間が戻ったわけではない。今日が浅草千穐楽であると聞いたか、ってなことで、まずはお客へのお礼。そして道成寺の台詞をパロって、「来月松竹座で歌舞伎があるよ」、「で、その演目は?」と続く。すると徳松さんがチラシをコピーしてきたんだとか言って懐からモノクロコピーの紙bleahを取り出し、読み上げる。松也クンの台詞にしても徳松さんの読み上げにしても、終演後に急いで覚えたって感じで、時々トチるのが微笑ましいhappy01 徳松さんは「さねもりものがたり」をトチって、「普段女方なもんですから立役は慣れなくて…」って言うからウケた(私も、女方以外の徳松さんって初めてかもeye)。
松竹座には出演しない松也クンは、「来月は木挽町におりまして、再び道成寺で鐘を守ります(だったかな?)」。ここも道成寺の台詞のパロディー。「歌舞伎座の演目を知っている賢い僧は?」…澤五郎さん(だと思う→松五郎さんだそうです。失礼しました)が「師のご坊と木挽町に行った折にチラシをもらってまいりました」と歌舞伎座の写真入りチラシ(こっちはコピーじゃないからカラーbleah)を手に、浄瑠璃ぶれよろしく演目を読み上げた。このとき、澤五郎さんの後ろで亀ちゃんらしきプロンプターの声が聞こえたゾcoldsweats01
で、今月の「土蜘」と来月の「蜘蛛絲梓弦月」はどう違うのか。これは松也クン調べ(何しろ、今月の頼光だからね)→ともに頼光モノの一つであるということ(「土蜘」は能の要素が強い)。それだけかいっbearing
と、ここまでは今日本当にやりたかったことのフリだったのね。松也クン以外の主要メンバーが1人も登場していないし、付け打ちさんが舞台に控えたので、ん、これは蜘蛛が出そうだな、と期待していると、なんと頼光(勘太郎heart04 今月は蜘蛛、来月は頼光)を先頭に四天王が花道から現れた。七之助、亀鶴、男女蔵の面々(四天王には1人足りないか)。オメッティーは女方で、「わたなべのつま~」と名乗りを上げる。うまいっgood(でも、空気を読めないヤツにされていたなsmile)。
そして最後に幔幕があき、蜘蛛こと亀ちゃん現るheart01 迫力ある声は段四郎さんに似ている(勘太郎ちゃんに向かって、浅草で討ち取られた悔しさ恨み大阪で晴らす、みたいなことを言った以外は、何言ったか忘れちゃった)。激しくツケが打たれる中、蜘蛛の糸が4回飛び、場内の盛り上がりは最高。蜘蛛の精と頼光主従がにらみ合い、所化の松也クンが1人舞台上手でそれを見つめ、幕。
松竹座のCMも多分にあるかもしれないけれど、それだけではない、客を喜ばせようというサービス精神なくしては、終演後のわずか十数分のために、これほど気合の入った芝居を計画できはしまい(ちょっと俳優祭気分、って思ってたgood。ありがとうsign03happy01 所化としてその他のメンバーが終演後の舞台に立ったのも、浅草歌舞伎の結束を感じるようで好もしかった。願わくは、松也クンが来年も浅草出演を果たし、さらには浅草メンバーの1人として、地方公演にも参加せんことをsign03

|

« 浅草第一部再見 | トップページ | 歌舞伎チャンネル存亡の危機か »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様

おはようございます!
浅草レポ拝読させていただきましたっwinkわたくしもとうとう千秋楽だった浅草、通しで観劇いたしました。SwingingFujisan様のレポ拝見しながら、昨日の夢心地を想い浮かべてcatfaceにやけてしまう次第happy02です。

それにしても千秋楽、カーテンコールでは大阪の「蜘蛛軍団heart04」で登場!まさかの演出でございましたねhappy02 観客みなさまも大興奮でした。亀ちゃんの活躍ぶりにメロメロheart01最後の「亀蜘蛛」にわたくし思わず「きゃあっhappy02」とミーハーしてしまいました、ハイ。
お年玉もよかったわlovelyカーテンコールは所化のみなさんの登場、ほんとチーム浅草の団結力を感じ、嬉しいですよねshine 初主演のまっていnoteこと松也くん声もお顔も素敵ですよね!浅草定着したらいいですぅheart04
大阪いきます〜って今からバリバリでございますgood 勘太郎蜘蛛から亀蜘蛛にバトンタッチheart04 SwingingFujisanもお越しくださりませねhappy01

投稿: かりん | 2009年1月28日 (水) 08時28分

おおっ。朝一番に素晴らしい千秋楽レポ拝読(「素晴らしい」は千秋楽とレポの両方に掛かるbleah
SwingingFujisanさまの、そして会場にいらした皆さんの熱気が伝わってくるようです。何度も足を運ぶ熱心な方、千秋楽はココと決めた方々がいて、またその思いをきっちり受け止める役者さんたちがいて・・・なんとアツイ空間だったことでしょう。あー、羨ましいです。
松也くんもほんと大活躍でしたよね。私と同じ日に七之助さんのお年玉挨拶を聞いた友人は「松也くんは来月大阪」と思ってしまったんですが、木挽町ですね。大阪には一緒に行けなくても、こちらで得るものもいっぱいあるでしょうから、来年の浅草で一段と成長した彼を是非拝見したいですscissors

投稿: きびだんご | 2009年1月28日 (水) 09時24分

かりん様
おはようございます。
アツいコメント、ありがとうございますhappy01
かりん様も千穐楽、通しでご覧になったのですね!! お疲れ様でした。いや、あれだけ楽しかったのだから、疲れてはいらっしゃらないかしら、ねwink 私はカーテンコール狙いで第二部だけでしたが(動機が不純だcoldsweats01)、これがあるから浅草千穐楽はやめられません。松竹座千穐楽も芝居のあとのお楽しみに期待しています(まったく動機が不純だぁぁぁ)。
しかし亀治郎さんは宣伝上手ですよね。あんなに盛り上げられたら(蜘蛛、カッコよかったですよね~heart04)、どうしたって大阪へ行かずばいられないでしょうthink 去年の博多座も私は諦めていたのに、新年会でモーレツな宣伝攻勢をかけられ(はは、ちょっと大げさです)、もうたまらなくなって、日帰り強行軍で行ってきちゃったほどですもの(このときは千穐楽ではなく、公演期間半ば)sign03
早くも心は大阪へ飛んで、ああ、初日にも行きた~いぞぉぉ。
思わず興奮、失礼いたしました。

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月28日 (水) 09時28分

きびだんご様
でへへへ、コメントありがとうございます。でへへへ(まだ、頬が緩んでいますcoldsweats01
浅草歴4年目の私が最初に公会堂に足を運んだ時には、もう既に浅草の人気が固定していたように思いますが、9年前がらがらだったとお年玉ご挨拶で皆さんおっしゃるのは、やはり客席を見渡して胸に迫るものがあるのでしょうね。芸の上でもお客の入りを増やすうえでも、地道な努力を重ねてこられた若い役者さんたちの思いを感じて、とくに千穐楽は胸が熱くなりました。
松也クンの成長を見ると、この浅草歌舞伎の存在の大きさがわかりますよね。昨日は、今後の浅草歌舞伎については何も言っていなかったように思うのですが、来年もぜひメンバーに入っていてほしいですわ~happy02

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月28日 (水) 09時39分

おはようございます♪
浅草千穐楽のレポ!ありがとうございます。
浅草文扇堂ご主人と、附け打ちエッセンスの山崎徹さんの記事を拝見して感激し・・・
Swinging Fujisan さんなら 絶対この現場にいらしたに違いないと思ってやってきました♪
期待どおりの臨場観溢れるレポで大興奮です!!
浅草メンバーの千穐楽は本当に楽しいのですね~! 
よしっ!来年は絶対千穐楽に行くぞ~~heart02

投稿: ミッチ | 2009年1月28日 (水) 10時32分

おはようございます。
楽しかったですねえ!lovely
もう、今も、思い出しては顔がニタニタと崩れっぱなしです(笑)
私もSwingingFjisan様と同じく、去年は亀治郎さんに煽られて博多行きを決意しましたが、今年は、松竹座に行くことは決めていたものの、さらにもう一回増やしたくなってしまいました。なんとか日帰りで行けないものかしら。。。もうっ、ホントに宣伝上手なんだからっ!coldsweats01
松也くんは超・超高感度アップupです。来月の歌舞伎座もさらに楽しみになって参りました♪

投稿: mami | 2009年1月28日 (水) 11時09分

ミッチ様
ふふふ、ミッチ様には読まれておりましたねcoldsweats01
浅草千穐楽カーテンコールの内容は毎回同じというわけではないようですが、出演者の客に対する気持ちが伝わってくるようで、これがなくっちゃ1月は終わらない、という気にさえなってきます(ってことは、1月はもう終わったわけかweep)。
昨日は、思いもかけないお芝居がかかって、大感激sign03 来年は10周年ですから、また何か違う趣でやってくれるかもしれませんね。
絶対いらしてみてねhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月28日 (水) 14時18分

mami様
松竹座、日帰りできると思いますよ~。以前松竹座に問い合わせたら、終演が19時半と言っていたように記憶していますから(幕が開いたら、もう一度確認使用と思っています)。
私は千穐楽のみに賭けますが、アレを見ちゃったら1回増やしたい気持ちはmami様と同じですhappy01 いらっしゃる機会があるといいですねぇ。 
松也heart04人気上昇中のようで、嬉しいですわ~。

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月28日 (水) 14時28分

勘太郎くんの土蜘蛛が気になっていたのですが、
結局、浅草には行けずじまいでしたweep
その代わり、SingingFujisanさんのレポを
毎回読ませて頂いてすっかり行った気分に
浸っていました(^^)

千穐楽に役者さん自らがこういう趣向で
宣伝するっていうのはとても素敵なこと
ですね。その場にいたら絶対に大阪に
行っちゃおうと思います。(わたし、
いなくてよかったかも(^^;)

投稿: kirigirisu | 2009年1月28日 (水) 19時36分

kirigirisu様
嬉しいコメント、ありがとうございます!!
kirigirisu様は今月スケジュールが大変だったようですものね、浅草にいらっしゃれなくて残念でした。
もちろんどの役者さんも素晴らしい舞台を見せてくださったのですが、中でもとくに勘太郎クンの力量に感銘を受けました。芸に大きさを感じるんですよ。土蜘しかり、茂兵衛しかり、そして、終演後の頼光もそうでした。わずかな時間の登場だったのに、四天王を率いて蜘蛛と対決する風格を備えていたのにはビックリしました(松也クンの頼光も成長のあとが窺えてとてもよかったけれど、勘太郎頼光にはかなわない、と認めざるを得ません)。
あんな素敵な予告編を見せられちゃったら、本編を見ないわけにはいきませんものねえ。あの場では、千穐楽まで待てない~っ!と思いましたcoldsweats01

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月28日 (水) 20時31分

木挽町の演目を紹介していたのは松五郎さんです。

投稿: 亀ファン | 2009年1月28日 (水) 20時55分

亀ファン様
ご指摘ありがとうございます!! 自信がなかったので、助かりました。
本文に訂正入れましたhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月28日 (水) 22時21分

リンク有難うございますhappy01
千穐楽楽しかったですね。私は今回初参加だったのですが、ここまでサービスしてくれたのは初めてだったのかしら?
たしかに松竹座の宣伝色が強かったけど、でもわざわざ衣装に着替え顔をして出てきてくれるとは!とても興奮しました。(七之助くんなんて道成寺踊り終えたばかりでクタクタなのにね)
私、すでに心は大阪に飛んでますcoldsweats01

投稿: non | 2009年1月29日 (木) 01時20分

non様
私が浅草を見るようになってからは、こんな凝った趣向は初めてです。初参加で素晴らしい千穐楽に当たりましたねhappy01
ええ、七之助さんは大わらわだったでしょうね。一生懸命次の拵えをしている姿を想像すると、何だか可愛らしくて愛おしくなってしまいます(母親気分)。
non様は大阪へは2度いらっしゃるんですよね。いいなぁ。あと1カ月弱、じっと我慢のSwingです。

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月29日 (木) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/27527303

この記事へのトラックバック一覧です: 本年浅草最後のお楽しみ:

« 浅草第一部再見 | トップページ | 歌舞伎チャンネル存亡の危機か »