« 真の革命家ゲバラ | トップページ | 笑顔で帰る:歌舞伎座夜の部 »

2009年1月20日 (火)

歌舞伎座昼の部後半再見

120日 「十六夜清心」「鷺娘」(歌舞伎座)
昼の部再見。ただし後半のみ。
本日は本当は夜の部だけのはずだった。でも「鷺娘」はどうしても、「十六夜清心」はできたら、もう一度見たかった。幕見は平日でも厳しいらしいと知り、早めに出て長時間並ぶか、2演目のために3階席を確保しておくか迷ったが、結局もうこのトシで無茶はできないことを悟り、Web松竹でたまたま出た3階席をクリック(実際のところ、今日は「十六夜清心」から入れば立ち見にはならなそうだった)。
開演時間過ぎても切符引取りに行かなかったせいかcoldsweats02、切符は引取機で引き取ってくださいね~というメールが届いてしまった。本当は「三番叟」も見たかったんだけど、朝早いのは苦手だから…。
「十六夜清心」
時さまが草履(下駄じゃなかったよね?)の鼻緒を挿げ替えるためにこよりを撚っている時、すっごく色っぽくてドキドキした。あんな何気ない動作なのに、指先からうなじから、色気が匂い立つ感じ。しかしせっかく挿げ替えた鼻緒なのにすぐにまた切れてしまう。切れるようにこよりを結ぶっていう技術もあるのかな、なんてつまらないことを考えた。
稲瀬川の川端で出会った十六夜と清心の動きは滑らかで美しく、まるで舞踊を見るよう(これって舞踊劇ではないでしょう?)。殺しの場面にしてもちょっと幻想的な美しさがあるんだけど、3階から見ているから、心中で川に飛び込んだ清心が浮き上がってくる場面や、清心が殺した寺小姓(梅枝)を川に蹴落とす場面では、川布の下にせりの穴があいているのがモロにわかっちゃって、現実に引き戻される。
殺すつもりがなく寺小姓を殺してしまった清心は、その罪の大きさに切腹して果てようとする。やっと腹に刀を突き立てたはいいが、「あいたたたた」と飛び上がる。教育って怖いと思った。だって、武士はそれが当たり前の教育を受けるわけでしょ。武士だって痛くないわけないし、怖くないわけないと思うんだけど、小さい時から「腹を切るものだ」と教え込まれれば、それができるんだ、きっと。武士ってすごい。清心は所化だからね。
で、死に切れなかった清心が、悪の道で生きていこう、キッと変化させる表情が決意のすさまじさを感じさせて、この後の話も見たいと思った。
しかし、最後のだんまりで、ちょっとでも光が差していたら、ちょっとでも十六夜の手にでも触れていたら(肩には触れたような気がするけど、お互いわからないのかなぁ)、2人の運命はまた変わったのだろうか。
梅枝君、雰囲気たっぷり。
歌昇さん、もったいないwobbly
「鷺娘」
2度見てよかった。上から見ると、より幻想的。
引き抜きのたびに客席がどよめく。よく考えられた踊りだ。
前回もそうだったが、幕が下りたあとも拍手がやまず、ひょっとしてカーテンコール?と期待しちゃった。無情にも場内が明るくなると、やっとみんな諦めがついて帰り支度を始める。きっと毎日同じ光景がみられるのだろうな。
夜の部の感想は後ほど。

|

« 真の革命家ゲバラ | トップページ | 笑顔で帰る:歌舞伎座夜の部 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様、お疲れさまでした! 私も、もう1度観たい~…sign03とは思うのですけども、もう無理ですので…SwingingFujisan様に再見して頂いて、心が落ち着きました(笑)。ありがとうございました♪

3階席から拝見しますと、また違った面白さがございますよね。川の中が見えるのも、歌舞伎らしくって、好きではあります(笑)。

私も、時蔵丈の「こより」の時間、うっとりしていました。時さま、こよりを作るの、お上手ですよね(笑)。しかも、仕草がとても綺麗。あのお草履には、何か仕掛けがしてあるのでしょうか。来月も時さまは、音羽屋さんのお相手ですね~♪(長屋のおかみさんですが。)

投稿: はなみずき | 2009年1月21日 (水) 09時52分

はなみずき様
ありがとうございます!!
私も夜の部と別に昼の部、というわけにはいかなかったのですが、幸いセットで行くことができました。
はなみずき様の情報のおかげさまで、寒い中座れるかどうか心配しながら待つこともなく、体力温存もできました。ありがとうございました。
川の中が見えるのはミーハー的興味心を満足させてくれますsmile 1階で見るときもちょっと伸び上がって、中を見ようとしたりして…。菊五郎さんの泳ぎ、可愛かったですね。
時さま、長屋のおかみさんもいいですよね~。ここのところ、ずっと音羽屋さんとコンビで、楽しませていただいていますnotes

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月21日 (水) 11時23分

ありゃ。わたしも昨日3Fで十六夜清心から見てました。もしかしたらものすごく近い席に座っていたかもしれませぬ(1列目やや下手寄り)。幕間は連絡するところがあったりトイレに行ったりとバタバタしていて周囲を見る余裕がありませんでした。失礼しました。

時蔵さんのこよりを撚っている姿はとても自然で優雅で絵のようでしたね。その風情たっぷりなお姿を見ながら、こよりじゃすぐ切れちゃうのに。鼻緒がとれたときって、手ぬぐいを裂いて直すんじゃなかったっけかと無粋なことを考えておりましたcoldsweats01

3Fは色々なものが見えちゃうのが難点だし面白いところですよね(^^)

投稿: kirigirisu | 2009年1月21日 (水) 16時23分

kirigirisu様
あらぁ、こちらこそ気づきませんで、失礼いたしました。私は2列目で、やはり下手寄り。もしかしたら、同じブロックだったかもしれませんね。とても残念。幕間はトイレに行ったり、たい焼きをパクついたりしておりました。
そうか、鼻緒は手ぬぐいを裂くんでしたねsign01 せっかく一生懸命こよりをよっても、すぐ切れちゃうわけだゎ。でも、あの風情が芝居としていいのでしょうね。ほんと、絵を見るようでしたshine

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月21日 (水) 18時38分

こんばんは。私は今日観て参りました。
もっと早く観に行けば良かった!そうしたらもう一度観れたかもしれないのに!と思うくらい、SwingingFjisan様が再見なさった二演目、心に残りました。
こよりをよる時様、私もドキドキいたしました。手の動きもキレイでしたよね。浮世絵を見ているようでした。
そして玉様、この世のものとは思えない美しさでした。
私ももう一度観たくて、もう行ける日がないとわかっていながらチケットWebを見ましたら、意外と戻りがあるようですね。ますますなんとか行きたい気持ちが…でもムリなんですけど(苦笑)

投稿: mami | 2009年1月21日 (水) 21時27分

mami様
コメントありがとうございます。
そうなんですよね、日程も後半のほうに入れてしまうと、もう一度、というのがむずかしくなりますよね。とくに今月は4座ありますものね。
スケジュールが苦しいといいながら、私もついつい戻りをチェックしてしまいますので、mami様のお気持ち、よくわかりますwink
時さまにしても玉さまにしても、あまり美しくて、がさつな自分が恥ずかしくなりますcoldsweats02

投稿: SwingingFujisan | 2009年1月21日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/27329102

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座昼の部後半再見:

« 真の革命家ゲバラ | トップページ | 笑顔で帰る:歌舞伎座夜の部 »