« おめでとうございます | トップページ | 吹雪峠考 »

2009年2月27日 (金)

松竹座昼の部回想

225日 二月花形歌舞伎昼の部(松竹座)
時間を戻して、昼の部へ。
「毛抜」
大らかで威風堂々、頭の回転もよく、ちょっとエッチでユーモアたっぷり。そんな愛すべき人物・粂寺弾正は獅童さんにぴったりだと期待していた。獅童さん、カッコいいいし、丁寧に演じていて素敵、と思った。
その一方で、團十郎さんの教えを受けたのだろう、セリフ回しなんか時々團十郎さんそっくり。そういえば、国立の歌舞伎鑑賞教室(H17年)で信二郎さん(現・錦之助)がやった弾正も、團十郎節だったように記憶している。正直、團十郎節は團十郎さんだからいいのであって、信二郎さんも獅童さんも團十郎さんの影が見えないときのほうが私は好きだ(ちなみに、弾正で一番好きなのはなんてったって團十郎さんですcute)。獅童さんはこれから弾正を自分の役にするのであれば、團十郎さんの教えを超えて獅童さんの弾正を作っていってほしい。なにしろ、この芝居、ひとえに弾正役のキャラの見せ方にかかっていると思うから。
壱太郎クン(錦の前)、可憐で声が何ともかわいらしい。こんなになっちゃって(頭にかぶった薄衣を取ると髪が天を衝くように逆立つ)、ホント困っているのsad、という感じがよく出ていた。

男女蔵さんがいい人役に回って、悪役八剱玄蕃は薪車さん。これがまた実にカッコいいのよ。やっぱり6月の竹三郎さん喜寿記念公演、行っちゃおうかな~。
「鷺娘」
玉さまの「鷺娘」の後というタイミングだから…。でも、七之助さん、とっても頑張っていた。きれいではかなげで、私は「道成寺」よりよかったように思う。玉さまを見ていなかったら、かなり感動したかもしれない。今後、「鷺娘」を継ぐのは七之助さんであり、亀治郎さんであり、でしょう。大いに期待できると思う(亀ちゃんの「鷺娘」、写真でしか見ていないのdespair)。
幕間に舞台で掃除機の音が聞こえてきていた。雪は、現実の雪も大変だけれど、舞台でも後が大変。
「女殺油地獄」
3
年前の三越歌舞伎、仁左様の指導で澤瀉屋さんたちが上演したとき、与兵衛は獅童さん、お吉は笑三郎さんであった。未熟な部分があったにせよ、私はなかなかいい舞台だったと思っている。獅童さんの實川延若を彷彿させる面差し(よく批評家の方がおっしゃっているが、私も同感)と放蕩の末に破滅していく与兵衛の鬼気迫る悲劇に、この不条理な物語を嫌いにさせない何かを感じたものである。とくに両親の思いを知った場面がとてもよかった記憶がある。
今回の与兵衛は愛之助さん。獅童さんは豊嶋屋主人にまわる(野太い声で、与兵衛をシッシッと追い払うところが見せ場かcoldsweats02)。愛之助さんの与兵衛を見ていると、上方の役者さんにしか表現しえない空気のようなものがあるのを実感せざるをえない。そんな、とてもリアルな空気を濃く感じた。
序幕のどこかのどかな、それでいてこれから起こる暗い惨劇の伏線を張る緊張感が漂う展開は、うまいなあと思う。与兵衛みたいな人間は現代にも間々みられるし、小悪党の転落の段階が現代人である私にもわかる。愛之助さんの迫真の演技は、まだ見たことのない仁左様の与兵衛を目の当たりにしているような感覚に陥らせる。そしてそれは、獅童さんの粂寺弾正に團十郎さんの影のないほうがいいと思ったのとは逆に、仁左様の色濃い影が見えていいのだ、という気になる。

両親の有難さに泣く与兵衛ではあっても、しかしこいつ、本当にダメ男だannoy ラブリンのダメ男ぶりがめちゃくちゃいい。叱ってあげたくなる。ああ、こんなダメ男でも親は可愛いのだ。竹三郎さんにはいつも泣かされる(三越でも、おさわは竹三郎さんだった)。
亀ちゃんはどちらかというと、おきゃんな女の子タイプだと思っているので、お吉はどうかなという目で見ていたが、与兵衛を弟のように世話焼きする感じがよく出ていた。まったく色恋の気持ちなどないのに夫に疑われたのは、どんなにか心外だったろう。おまけに与兵衛に言い寄られてangry 「死にたくない」という必死の声が耳に残る。
2人の油まみれの場面は、恐ろしく、かつ美しかった。ここはすべりまくるわけだから、2人の息が合わないと、ドタバタになってしまう。耽美主義とでも言いましょうか、凄惨な場面を美しく見せるというポイントがしっかり押さえられていた。ひとつには亀治郎さんの柔らかな体の動きが大きかったと思う(亀ちゃん、「蜘蛛」も含めて、何回海老反りしたかしらsmile)。

ところで、三越では油は寒天と布海苔で作ったそうだが、松竹座の油は何でできていたのだろう? ただの水? 初日の情報だと、客席にずいぶん撥ねたようだが、千穐楽を見る限りそんなに客席に影響があるとは思えなかった。2日目以降少し控えたらしいという噂も聞いたけれど。
え~と、最後に:序幕、幕がしまった後に響く茶屋女・段之さんの笑いは何だったの? ちょっと不気味でしたcoldsweats02
なんだか、まとまりのつかない感想になってしまいました。
<上演時間>「毛抜」70分(11001210)、幕間30分、「鷺娘」30分(12401310)、幕間15分、「女殺油地獄」110分(13251515

|

« おめでとうございます | トップページ | 吹雪峠考 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/28383873

この記事へのトラックバック一覧です: 松竹座昼の部回想:

« おめでとうございます | トップページ | 吹雪峠考 »