« バレンタインチョコ | トップページ | 冬の唇、春の目鼻 »

2009年2月14日 (土)

二月歌舞伎座昼の部再見

213日 二月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
今日は3階席から。
「加茂堤、賀の祝」
3
日に見たときあまりピンとこなかった橋之助さんの桜丸、今日は悪くないと思った。前回ビックリするほど高かった声も、未だに高いには高いけれど、さほど気にならなかったし、切腹には泣けもした。
桜丸って、女方が演じることが多いことからもわかるように、松王・梅王に比べれば優しくてはかなげなのだが、腹に刀を突きたて、介錯してくれる人がいないから最後は自らのどを掻き切って死ぬという、そういう剛毅な面もあるのだと今さらながら感心した。
でもサ、梅王はなぜ介錯してあげなかったのよ。白太夫ができないのはわかるよ(だからって、鉦を叩くのを介錯がわりにするっていうのも悲しい)。梅王は外で様子を窺っていたんだから、八重が死のうとするのを止めるんだったらもっと早く飛び込んできて、介錯してあげればいいのに~。と、また1人心の中でツッコンだのでした。
この芝居、よほどツッコミどころが多いらしく、イヤホンガイドでも、衣裳などの時代考証はでたらめで、とにかく見た目本位、八重が白太夫と氏神詣でするのでも、お引きずりの振袖で田舎道を歩く、ってツッコンでいたのが面白かったsmile
「京鹿子娘二人道成寺」
ああ、素晴らしい踊りを見た、と自分の中で満足が完結したのに、幕が閉まるとまたすぐに見たくなる。
今日の菊ちゃんは、無邪気な童女のようにも見え、玉さまお姉さまの深い哀しみと恨みなど知らないような、それでいてそれを共有しているような、透明な深みを感じた(透明なんだけど、深くて底が見えない)。玉さまの目、最後の鐘入りではかなり怖く感じた(凄みに対する怖さとはちょっと違う。うまく説明できない)。

客席は2人の舞を息を詰めて見るというのではなく、リラックスして楽しむという空気が流れていたように思う。
ちなみに、舞づくしは梅枝クンや巳之助クンの日もあるようだけれど、今日も松也クンheart04でした。

「人情噺文七元結」
笑って泣いた。この前だって十分面白かったのに、さらに進化していたような気がした。
幕が開くと、明かりも灯っていない暗い家(開演後しばらくはお席に入れません、のアナウンスが幕間に流れる)に博奕で負けた亭主が帰ってくる。こういうオヤジ、一昔前には絶対いたよな、とそのリアルさに可笑しくなる。
亭主に着物を取られちゃったから、人が来ると衝立の陰に隠れ、それでも時々その場に加わらずにはいられず、ついつい亀の子のように衝立からそっと顔だけ出す時さまがかわいくって、サイコウgood
それに長兵衛とのケンカでの時さま、この前よりボルテージ上がってなかったかしらsign02

右近クンがこの前よりずっとよくなっていて、おとっつぁんを諭すところには泣かされた。とくに「おっかさんが血の道や癪が出た時は、あたしがいないんだから、ちゃんと看病しておあげよ」(正確じゃない)と噛んで含めるように言ったときは涙がどっと出てしまった。
そうやって泣いては、涙が出るほど笑うから、鼻水ぐしゅぐしゅ、目はかすみ、まいっちゃったcoldsweats01
芝翫さんの角海老おかみがどっしりと大きく暖かく、安心感があっていい。
「二人道成寺」から見に来る人もいれば、「道成寺」が終わって帰っちゃった人もいた。もったいない。

おまけ1お昼を食べながら、何となくイヤホンを耳にあてていたら、突然「市川亀治郎です」の声がheart02 ぴっと背中が伸びた。松竹座のCMで、7人全員が次々に名乗って、最後は全員が声を合わせて「松竹座にいらしてください」(正確じゃない)
おまけ2開演前、たいやきをいただこうと思ったら、お昼の幕間までやっていないんですって。やや空腹を覚える身には、あの甘く香ばしいにおいだけっていうのは酷shock

|

« バレンタインチョコ | トップページ | 冬の唇、春の目鼻 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

すみませーーん。3回見る(あくまで予定)のうち、1回は「二人道成寺」からなんですcoldsweats01
私は「加茂堤 賀の祝」といえば、去年博多座で見たなぁ…(遠い目)…という感じ。「加茂堤」はまず飛び込んでくる色彩が綺麗で、気持ちいいですよね。
歌舞伎ってほんと「何でもあり」というか、「いいとこ取り」というか、全部自分の方に引き寄せちゃって、どうだっ、みたいなところがありますね。で、それをあれこれ言うのもまた楽し。何度でも美味しいって、このことかしらgood うちの夫は平安時代のことにはやたら詳しいんですが、知識が邪魔することもあるかも、と思ったりします。lovely楽しんだ者勝ちよねっ。

投稿: きびだんご | 2009年2月14日 (土) 11時11分

きびだんご様
こちらこそ、すみませ~ん。せっかく「二人道成寺」を見たなら、皆さん「文七元結」で笑って泣いてほのぼのして帰られるといいのになあ、と思っただけなのです。もちろん、それぞれのご事情がおありですから、余計なお世話なのは重々承知でcoldsweats02
歌舞伎の「何でもあり」なところは大好きです。本当はすべて許せちゃうのだけど、ちょっとツッコミを入れてみたくもなる。そうすると、倍楽しめた気になったりしてbleah

投稿: SwingingFujisan | 2009年2月14日 (土) 13時54分

ただいま~bleah そうなんです、実は上のコメントを書いていた時間、ほんとなら歌舞伎座にいるはずだったのです。あんまりだから、そう書けませんでした(って、結局告白)。もちろん真剣にあやまったわけじゃないのも、おわかりですよねぇ。うーむ、起きたら10時だったのぉ。
私の前の席の方は「二人道成寺」を見てお帰りでしたcoldsweats01
ほんと二人道成寺は、幕が閉まるとまたすぐに見たくなっちゃう。チケットが買えないで幸せなのかもしれません。あっ、今日の舞尽くしは梅枝くんでしたっhappy01

投稿: きびだんご | 2009年2月14日 (土) 20時23分

きびだんご様
お帰りなさいませ~。

もちろん、すべて承知でございますよ~smile 私も真剣にどうこう言っているのではありませんわよwink
10時に起きた、ってうらやましい!! 朝の弱い私には、朝寝できる幸せが一番だと思われます。

今月チケットがなかなか手に入らないから諦めがつきますけれど、そうでなかったら、週に何回もアクセスして、そのたびにぽちっと押してしまっていたかもしれません。今でも、又見たくって、ウズウズしているんですよ。
舞尽くし、梅枝クンだったんですかぁ~sign03 これって、担当する役者さんも楽しいでしょうね(^_^)

投稿: SwingingFujisan | 2009年2月14日 (土) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/28067255

この記事へのトラックバック一覧です: 二月歌舞伎座昼の部再見:

« バレンタインチョコ | トップページ | 冬の唇、春の目鼻 »