« 気になっていた医師の妻:先代萩 | トップページ | 桜の後の楽しみは… »

2009年4月12日 (日)

海老・竜・旬、ボクらの時代後編

仕事をしなくてはいけないので、日曜にしては早起きして、少し家事をしてから、「そうそう」とTVをつけたのが7:01。「ボクらの時代」ってCMなし? もう始まっていたshock いたけれど、そこはまだ本編前のダイジェスト版だったらしく、結局3人の話は全部聞けたと思う。
海老ちゃんのやんちゃ坊主みたいなお喋りの中には歌舞伎に対する責任と愛情が溢れ、痛ましくさと同時に頼もしさを感じた。海老ちゃんは弟がほしかったんですって。今はもう性根を据えたようだが、成田屋の重圧を1人で耐えていた苦しさが垣間見える。
「夏祭浪花鑑」を勘三郎さんに教えてくださいとお願いしたら「いいよ。アリゾナまで来て」と言われたという話は、先日の七之助クンの「道成寺をアリゾナに習いに行った」というエピソードと同じで、思わずニヤニヤしてしまった。仲良し(なんだ!!)の伊藤英明さんが稽古を見たいと同行して、帰りにハワイで、芝居を覚えちゃった伊藤さんと2人で稽古したんですって。なんて素敵なお話happy01
竜也クンは、俳優以外の人生もあるのかもしれない、とまだ迷っているみたい。
旬クンは40歳で俳優養成学校を作りたい、エキストラも育てたい(基礎を学べる場を作りたい)という計画を抱いているそうだ。
3人3様、置かれた状況は違うが、間違いなくきらきら輝いているし、芝居が好きでたまらないという空気ががんがん伝わってくる番組だった。
もう一度見る「ムサシ」が楽しみnotes 5月の歌舞伎座が楽しみnotes

|
|

« 気になっていた医師の妻:先代萩 | トップページ | 桜の後の楽しみは… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

私も見ましたよん。なかなかおもしろかったですね。海老ちゃんはやんちゃなお兄ちゃんキャラ全開でしたね。うん~いろんな意味で大きい人ですね。(この「いろんな」という言葉に深いものがありますが)ここのところ海老ちゃんもずいぶん変わったと海老贔屓の友人が話しておりましたが、大人になったのかしらん。(ファンに対しての態度がだいぶ良くなった) ところで、未確認情報ですが、8月演舞場で海老ちゃん座頭(たぶんプラスおもだか屋チーム)で公演ということを小耳にはさみましたが、本当だとしたら、8月は忙しいぞ!と思っています。

投稿: maroon6 | 2009年4月13日 (月) 15時29分

maroon6様
コメント、ありがとうございます!! そして8月情報もありがとうございます!!!
演舞場、本当だったら8月はめちゃくちゃ忙しくなりますよねぇ~。でもとっても嬉しいhappy01 思わず、手帳を確認しちゃいました(まだ、そんなには予定は入っていないんですけどね)。

海老蔵さんの大きさ(いろんな意味で、ね)に、竜也クンも旬クンも圧倒されていた感じでしたね。番組でも言っていましたが、團十郎さんが病気をされたことで、海老蔵さんの意識が変わってきたのではないでしょうか。そう、大人になったんだと思います。最近海老蔵さんのTVでの発言を聞いていると、自分が将来の歌舞伎を背負って立つんだというような、いい意味での自負が感じられて、頼もしく思っております。

投稿: SwingingFujisan | 2009年4月13日 (月) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29080769

この記事へのトラックバック一覧です: 海老・竜・旬、ボクらの時代後編:

« 気になっていた医師の妻:先代萩 | トップページ | 桜の後の楽しみは… »