« 四月歌舞伎夜の部1・毛谷村 | トップページ | 四月歌舞伎夜の部3:曽根崎心中 »

2009年4月 9日 (木)

四月歌舞伎夜の部2:廓文章

48日 四月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
09040902yosidaya 「廓文章・吉田屋」

これも割と頻繁に見ているような気がする。4度目か。男女のズルズル物はどうも好きになれなくて、藤十郎2回、仁左衛門1回を経た後の今回、初めて「面白いっsign03」と思った。仁左様の伊左衛門(これが、ときどき「仁左衛門」って聞こえそうになる)は、藤十郎さんの芯から丸く柔らかい感じがするとろとろ感とは違って、上方のお坊ちゃまのはんなりさ・おっとりさと仁左様独特の硬さがうまくミックスされていて、どちらの「だめんず」も面白い。
好みは仁左様なんだけれど、居眠りが多くてちゃんと見てなかったくせして一つ一つの動きに「藤十郎さんは、こんな感じだったな、あんな感じだったな」という記憶が甦ってきたのも、我ながら面白かった。

夕霧の玉様は圧巻sign03 この玉様だけ見に、もう一度歌舞伎座へ足を運びたいほど。身請け金が六千両shock(千両箱6個積まれていたと思う)というのも納得。でも、あれほどの夕霧がこんな我儘なダメ男になぜ惚れちゃったのさsign02 納得いかん。それに勘当が許された理由がわからんし、六千両もの身請け金を出す親もわからんし、喜左衛門(「にざえもん」に「いざえもん」に「きざえもん」ってbearing)夫婦がなぜ夕霧の話を避けるのかがわからん。
しかし後半こんなぐちゃぐちゃいちゃいちゃな痴話喧嘩でもたせちゃう芝居って、なんだかスゴイなと思ってしまった。

そして、広い吉田屋の座敷に松嶋屋三兄弟が3人きりで揃ったの場面に感動を覚えました。
そうそう、「あの」一巴太夫さんが出ていらして、もう~美声に聞きほれちゃったよ~ear 芝居の雰囲気と常盤津がよく合っているんだなあというのも、このたびの発見。

|

« 四月歌舞伎夜の部1・毛谷村 | トップページ | 四月歌舞伎夜の部3:曽根崎心中 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私は今日(9日)、行ってきました。夜の部だけのはずだったのに、3階の1列目が出ていたので、結局昼の部からの観劇となりました(^-^)
私4回よかもっと見ていそう。でもって、ぜぇんぶ仁左様(笑)。松嶋屋三兄弟揃い踏みで見たのがほとんどだと思います。夕霧は玉様は2度目かな3度目かな。ほんっと、玉様見るだけでも価値ありですね。伊左衛門が扇子をぱっと開くところが大好きで、初めて見たあとは何度も練習しました(笑)。それと太鼓持の巳之助くんが可愛くて素敵♪今月はこれで終わりのつもりだけれど、3階席が出ていたら、昼の部はもう1回行ってみたいな。
巡業のチケットもとったからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009年4月 9日 (木) 23時37分

からつぎ様
おお、昼夜通しでしたか。お疲れ様でした。
ぜ~んぶ仁左様で4回以上って、すっげえsmileです。今月の仁左様は面白いですね。意地悪な性悪女、すっきり正義の味方、そしてでれでれだめんず。どれも素敵heart04
巳之助クンのこと、書こうと思って忘れちゃいました。太鼓持ち、かわいかったですねぇ。巳之助クンってとてもピュアな感じがして、ああいう太鼓持ちにもそんな面が出ていて、それはそれでひとつの味だなと思いました。巳之助クンの成長ぶりには目を瞠るものがある、と見るたび思います。
仁左様の巡業、私も取りましたよgood

投稿: SwingingFujisan | 2009年4月10日 (金) 00時44分

再びお邪魔いたします。
記憶が定かでないので、仁左様襲名興行のときのファイルをひっくりかえしてみました。「廓文章」、そのときに3回見ていました。歌舞伎座では雀右衛門丈、南座では鴈治郎丈(!)、そして巡業では時様でした。おそらく孝夫時代にも見ていると思うし、玉様でも見た記憶があるから少なくとも今回で6回目ということになります。特別好きな演目でもないのにこんなに見ているのは、こういう理由でした(^_^;
一月の間に同じ演目を2度も見に行ったことはないだろうと思っていたのに、なんと3度も行っていたのがありました(大笑)。でもファイルしてあったちらしを見て納得。だって昼の部だけで「御浜御殿」、「与三郎」、その上「お祭り」まで。今もしこんなのがあったら、5回でも10回でも行っちゃいそうです。
古いお話で失礼しましたm(_ _)m 
もう一度仁左様の仁木弾正が見たいからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009年4月10日 (金) 18時10分

からつぎ様
わざわざ以前のファイルを調べてくださってありがとうございます。
襲名興行は、仁左様の魅力満載、たしかに何度も行きたくなる演目ですよね!! 私はまだ歌舞伎に行っていない時代ですので、何度もいらしたからつぎ様がうらやましいです。
「廓文章」を6回もsign03というのは、意図せぬ面白さ(と言っては失礼ですが)ですね。夕霧もそれぞれ豪華ですね。個人的には時様のを見てみたかったです。
私の今月歌舞伎座、早々と終わっちゃって、「ちっ、つまんねぇやgawk」な気分です。

投稿: SwingingFujisan | 2009年4月10日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29035791

この記事へのトラックバック一覧です: 四月歌舞伎夜の部2:廓文章:

« 四月歌舞伎夜の部1・毛谷村 | トップページ | 四月歌舞伎夜の部3:曽根崎心中 »