« 五月演舞場歌舞伎夜の部・1 | トップページ | 海辺の町東京 »

2009年5月22日 (金)

五月演舞場歌舞伎夜の部・2

五月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
「於染久松色読販」
福助さんの早替り7役が話題の演目。早替りは、大詰のお染久松同時登場を除いては、「おお~っ、早いっ」と感心する見事さだった。先に言ってしまうと、お染久松の同時登場は、あまり手際がいいとは思えなかったが、逆にそれを狙っていたのかしら。というのも、お染も久松もスタントが客席に顔を見せるような瞬間が時々あったから。比較してはいけないのかもしれないけれど、やっぱり澤瀉屋さんの早替りはきれいで優れていたなあと思う。
福助さんの7役は…う~ん、微妙(まあ、これは好みの問題だから、あくまで私側のことです)。奥女中竹川、後家貞昌はとてもよく(とくに竹川には品格と大きさが感じられて、こういう福助さんは好きだ)、久松は丁稚としてよりは武家としてのほうがよく(橋本座敷にやってきたときの久松が私にはちょっと…)、芸者小糸はまあまあかな。でも、あとはちょっと作りすぎかなぁという気がする。お染は可愛らしいけど、わざとらしさが気になるし、土手のお六はやりすぎという気がするし、気の毒なおみつには同情心が湧いてこない。福助さんらしいサービスだといえばそうなんだろうけど…。ただ、お六の最後の立ち回りはカッコよかった。
染五郎さんは鬼門の喜兵衛のような悪役をやるには線が細いかなと危惧していたけれど、そうでもなかった。あるいは染五郎さんのもつ華が線の細さをカバーしているのかもしれない。
ユーモラスな展開の中で、歌昇さんの山家屋清兵衛が舞台をしめる。お染の許婚だが、お染は久松に惚れているから、清兵衛とは添いたくない。いい男だし、人間としても立派なんだけどなあ。
大詰では、おみつを慰める漁師(錦之助)と女猿曳きお作(高麗蔵)の踊りがすてきだった。このお作の役って、これまで亀ちゃんが何回かやっているのね。見たかったぁheart04
<似てる>
お六って、澤瀉屋さんの「獨道中五十三驛」でも出てきたけど、拵えが似ているよね~と思って帰宅してから「獨道中」の筋書きを見れば、お六の亭主の鬼門の喜兵衛もいるじゃない(忘れていた)。丁稚長吉に信濃屋娘お半は久松とお染みたいだし、お家の重宝にまつわる話もかぶるし、作者は両方とも南北さんだし。こちらの「於染久松」も南北らしさが随所に現れていて、面白かった。
また、百姓久作(段四郎)が額を割られたことをタテに喜兵衛とお六が油屋を脅す場面は、浜松屋をちょっと思い出させる。でも、ここでツッコミ。
喜兵衛とお六が連れてきた死体を見て、それが久作じゃなくて店の丁稚・久太(蝶十郎)だって、どうして気がつかないのぉ? 少なくとも段四郎さんと蝶十郎さんが似ていないから、芝居とはいえ、「ありえな~い」とツッコみたくなってしまった。
<客サービス>
序幕第二場橋本座敷に入る前に、お染と下女おその(芝のぶ)が料理茶屋・橋本へ向かうその道中は客席通路。それまで気がつかなかったが、舞台前に階段が置かれていた。鬼平をいい席で見たくて取った座席は、この道中でもバッチリ。目の前に福助さんと芝のぶさんがいる。2人ともと~ってもきれい。福助さんは芝のぶさんに「あんた汗かいてるじゃないの」とツッコみ、芝のぶさんは照れくさそうに汗を拭く。かわいい~。
客を喜ばせる場面は多々あって、橋本では、吉之助さんの後見で錦吾さんが操り三番叟もどきをやったり、油屋では「だいじょぶだいじょぶ」「そんなのカンケイね~、オッパッピー」、「ごめんねごめんね」のギャグがある。未だに「そんなのカンケイね~」かいとツッコみたくなったが、小島よしおも「だいじょぶだいじょぶ」のインパクトはいまいちだし、「ごめんねごめんね」のほうはわからない人もいたみたいだ(これ、U字工事ねsmile)。してみると誰でも知っているであろう「そんなのカンケイね~」はスゴイのかも。
<子役ちゃん>
歌舞伎座の「暫」で見逃してしまった原口智照クン、油屋のかわいい丁稚さんで登場。番頭・善六(錦吾。善六っていう名前に反して、案外腹黒いことをやる)の頭にお灸を据えちゃうイタズラっこ。一生懸命お店のご用を勤めている姿が本当に可愛くて、「暫」は残念だったけど、まあ満足。
<上演時間>「鬼平」95分(16001735)、幕間30分、「於染久松」序幕・二幕目100分(18351945)、幕間10分、大詰25分(19552020

|
|

« 五月演舞場歌舞伎夜の部・1 | トップページ | 海辺の町東京 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こちらにもお邪魔いたしますm(_ _)m
芝のぶちゃん、本当に可愛いですよねぇ(^_^)。初めて目をつけた(言い方に品がないなぁ)のは国立劇場で芝翫さんの後見についたとき。そのしばらくあと、第七回日本俳優協会賞奨励賞の授賞式の日がたまたま歌舞伎座観劇の日で「おお、やっぱり注目の俳優さんなのね」とにんまりしたのを覚えております。
福助さんよか、芝のぶちゃんに目がいってしまうからつぎでした(^_^;

投稿: からつぎ | 2009年5月22日 (金) 10時26分

からつぎ様
こちらにもありがとうございます。
芝のぶさんは歌舞伎ファンの間でも人気が高いようですね。私は初めて見たとき、本当の女の子かと思ってしまいました。
せっせとお染の世話を焼くしっかり者のおそのちゃん、気持ちのやさしさも表れていて、おそのちゃんが清兵衛と一緒になって油屋を守り立てていってもいいんじゃないかしら。

投稿: SwingingFujisan | 2009年5月22日 (金) 11時34分

いつも楽しく拝見しております。歌舞伎関係ブログの御贔屓ベストスリーの一つです。毎回の歌舞伎の詳細なレポート感心しております。当方(観劇歴30数年の50代のおっさん)は、ぼーっと観劇することが多く、どうして、あれほど詳しく記録できるのか、不思議でなりません。今後とも、元気なレポート宜しくお願いします。(また、チケット争奪ブログも他のサイトにないユニークなものです。当方も苦労の種なので、楽しく読んでおります。)

投稿: レオン・パパ | 2009年5月24日 (日) 07時47分

レオン・パパ様
コメント、ありがとうございますsign03 観劇歴30年以上の方に過分にお褒めいただいて恐縮かつ大変嬉しく存じます。
実は、観劇中私はよく意識を失いますし(どうして、あんなに眠くなるんでしょう)、ぼ~っとしていることも多々あるんですよ。おまけに、記憶がひどく曖昧になったりして。ただ、絶対これだけは忘れたくないと思うことは、その時あるいは終了直後に箇条書きでメモしておきます。
簡潔に書けないのが悩みですが、レオン・パパ様のような方がいらしてくださると思うと、励みになります。ありがとうございます。
毎度お馴染みチケット騒動記…次は7月コクーンですね。今からあの混乱を想像して、奮い立つというか、震えるというかcoldsweats02 また、ご報告しますね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年5月24日 (日) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29735137

この記事へのトラックバック一覧です: 五月演舞場歌舞伎夜の部・2:

« 五月演舞場歌舞伎夜の部・1 | トップページ | 海辺の町東京 »