« 歌舞伎座夜の部千穐楽3:いとしの留ちゃん | トップページ | 微妙… »

2009年5月27日 (水)

歌舞伎座夜の部千穐楽4:うっとり三角関係

09052702sensyuraku
5
26日 五月大歌舞伎夜の部「おしどり」(歌舞伎座)
さわやか。年季の入った大人の芸はもちろんいいけれど、若いフレッシュな3人の芸もたまらなくいい。おっと、松緑、海老蔵、菊之助の3人はもう、それぞれに何年も芸を積んではきているのだけど、やっぱり若くてフレッシュ、爽やかと思ってしまう。そして、「おしどり」を見ながら、さっきの「夕立」をたとえば海老ちゃん・菊ちゃんでやったらどういう印象を受けるんだろうか、なんて想像してニヤニヤしたりもしたhappy02
前半の相撲の部分が舞踊としての美しさと力強さが相俟って、見ていて楽しかった。白塗りの海老ちゃんは、やわらかな表情のまま、それをあまり崩さずまるでお人形さんみたい。松緑さんは赤っ面で卑怯な手を使うのだが、私は姿がかっこよいと思った。そして、美しい菊ちゃんが海老ちゃんには「ほんに色白、いい男heart04」とうっとりなのに対し、松緑さんには「フン」という顔つきで「意地悪なお顔pout」なんて言うんだもの。好きな人にそういうあしらいをされたら、きついわ、それは、と少し同情した。菊ちゃんの、つんとすましてしゃなりと歩く姿がとても好き。
後半になると前半とはがらりと変わってしっとりうっとり。菊ちゃんが花道で踊るところは、私の席からはほとんど見えず(周囲を考えて、見る努力もあまりせず)、その間ちょっと眠くなってしまった。菊ちゃんが本舞台に戻ってから、目~が~シャキ♪になった。
そうしたら、海老ちゃんの衣裳の引き抜き用の縫い目が突然眼に入り、なんだかず~っと凝視してしまった。菊ちゃんに眼を移すと、こちらも引き抜きのための縫い目が。いつ引き抜くか、いつ引き抜くか、と後見さんが動くたびに気になって…ああ、お見事。あでやかなおしどりの羽。2人で羽をはばたかせながら、松緑さんを翻弄する。
最後に二段で決まるおしどり夫婦。海老ちゃんは本当にこのまま飛翔していくんじゃないかと錯覚するほどの大きな羽ばたきで感動しちゃった。下で決まる松緑さんの形もきれいで、ああ幕が閉まるのが惜しい!!

これで5月歌舞伎ミーハーレポはおしまい。今月心残りがいくつかあるけれど、その最大は名古屋へ行かれなかったこと。


|

« 歌舞伎座夜の部千穐楽3:いとしの留ちゃん | トップページ | 微妙… »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29826096

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座夜の部千穐楽4:うっとり三角関係:

« 歌舞伎座夜の部千穐楽3:いとしの留ちゃん | トップページ | 微妙… »