« 五月歌舞伎昼の部再見 | トップページ | 緊張の試運転 »

2009年5月14日 (木)

演舞場の五月大歌舞伎昼の部

五月大歌舞伎昼の部(新橋演舞場)
今日は演舞場の歌舞伎。
筋書きは写真入りが出てから買おうと思って、ぱらっと見本をみるだけにした。そうしたらビックリ!! なんと、歌舞伎座にも出ている子役の原口智照クンが演舞場にも出ているのよ。子役ちゃんのかけもちsign03 ぱらっと見ただけなのでよく覚えていないけれど、夜の部、「お染久松」の丁稚かなんかの役だったみたい。こうなると、「暫」の茶後見が本当に残念だわweep
「祗園祭礼信仰記 金閣寺」
吉右衛門さんの松永大膳は、大きい。実に大きい。仁木弾正はいまひとつピンとこなかったけれど、この国崩しの悪役は魅力的。人間としても雪姫の夫・直信(福助)よりひかれる。
此下東吉(染五郎)はスッキリといい男でステキだったけれど、大きさや人間的魅力で大膳との格の違いが歴然としてしまうのは若いから仕方ないか。大膳と東吉の囲碁の運びがあんまり早くて、ちょっと笑ってしまった。もうちょっと考えてから打っても…bleah
雪姫(芝雀)はきれいで愛らしく、色っぽかった(芝雀さんの可愛らしさというのは独特のものがある。あのオジサンが…ってどうしても言いたくなっちゃうcoldsweats01 ごめんなさい)。俯き加減の顔に雀右衛門さんの面影が走る。昨年1月亀治郎さんの雪姫には雀右衛門さん、さらには歌右衛門さんの姿を見たものだが、芝雀さんに歌右衛門さんは感じなかった。けれど、とても人間的な血が通った雪姫だという気がした。
楽しみにしていた人形振り。直信が連れ去られた後、雪姫は赤い消し幕で隠され、その間に黒衣が「人形振りでつとめまする」という口上を述べる。消し幕が取り払われると、雪姫の簪が前のほうにきていて、顔が隠れる感じ。動きはこれまで見たどの人形振り(たとえば、亀ちゃんのお七、玉さまの清姫など)とも違うように思った。雀右衛門さんが稽古場に現れて直接指導したそうだが、私はあまり人形が動いている感じを受けなかったし、人形遣い(京蔵、京純さん)を含めて、いっぱいいっぱいなように見えてしまった。
ネズミが雪姫の綱を切ると、雪姫は人間に戻る。芝雀さん、熱演を物語るかのように、襟を抜いた項に桜の花びらがたくさん張り付いていた。刀身を鏡にして鬢をなでつける芝雀さん、色っぽかったです。
真柴久吉(此下東吉、実は)と松永家臣との立ち回りはきれいだった。久吉がするすると桜の木をのぼり(久吉⇒秀吉⇒サルを連想させる趣向)、助け出す慶寿院・吉之丞さんは、わずかの出番だが、上品で存在感抜群。
十河軍平(実は佐藤正清)の歌六さん、鬼藤太の錦之助さん、丁寧な演技で安心できる。「祗園祭礼信仰記」という題名は元は「祗園祭礼信長記」だったのが、史実をはばかって変更されたそうだ。
「金閣寺」って、見る回数を重ねるにつけ、だんだん面白さがわかってくるような気がする。
「心猿・近江のお兼」
心猿は初見。福助さんがすっぽり猿の格好に覆われていて、見ただけでは誰だかわからない。短い踊りだが、それなりに楽しめた。
話題の馬の引き抜き。心猿で白い馬が出てきたから、あ、これが引き抜かれて馬色(っていうのも変な表現だけど)の暴れ馬になるのね、とわかった。猿からお兼への引き抜きと馬の引き抜きが同時に行われる。
「近江のお兼」って、こんなに面白いおどりだったっけ~。前に見たときは寝たような記憶がある…こっちのお兼さんは歌舞伎座のお兼さんと違ってsmile純朴、力持ち。近江名物・晒し布を新体操のリボンみたいに操ったり、福助さんが生き生きとしていて、楽しかった。

「らくだ」
初期の評判がイマイチだったし、三津五郎・勘三郎・亀蔵トリオの「らくだ」があまりに強烈だったので、そんなに期待はしていなかった。正直言って、前の「らくだ」のほうが面白かったし、好きだけれど、この「らくだ」もそんなに悪くはなかった。客席もかなり大きな笑いに包まれていた。私も時たま声を上げて笑った。でもやっぱりちょっと違うの。手斧目の半次の歌昇さんがちょっと違う。久六の吉右衛門さんがちょっと違う。らくだ(由次郎)もちょっと違う(亀蔵さんのらくだは体が黄色、こちらのらくだは死斑が浮いているような、気味の悪さがある)。
ただ、半次は途中からぐんと<らしく>なってきた(何が<らしく>かって言われちゃうと、三津五郎さんのあのカッコよさって答えるしかないかな。歌昇さんは歌昇さんの半次でいいのだけれど…)し、らくだも案外おもしろかった(由次郎さんがらくだって聞いて、想像もつかなかったけれど、あんな可笑しい演技をするとは)。なのに、久六にはどうしても馴染めなかった(面白くないわけじゃなかったのだけど。吉右衛門さんに対する私の固定観念のせいかもしれない。ただ台詞がちょっとあやしいところがあったような…)。
段四郎さんと歌六さんの大家夫婦は、普通に面白かった。段四郎さんの女方って、私嫌いじゃない。顔に似合わぬかわいらしさがあると思う。それから、段之さんの怪演(?)に客席が湧いていた。
<上演時間>「金閣寺」100分(11001240)、幕間35分、「心猿、近江のお兼」20分(13151335)、幕間25分、「らくだ」55分(14001455

|

« 五月歌舞伎昼の部再見 | トップページ | 緊張の試運転 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

>>とても人間的な血が通った雪姫
雪姫役の方はどうしても技巧に走りがちですけれど、芝雀さんの雪姫は夫を救いたいという気持ちが全身から感じられて人間味があってとても好きです(^^) 

やっぱり、大膳と東吉の囲碁の運びって早いですよねcoldsweats01 囲碁は全然わかりませんけれど、あんなにさっさかやっていいのかしら?と思いながら見ていましたhappy01

投稿: kirigirisu | 2009年5月15日 (金) 14時40分

kirigirisu様
ええ、芝雀さんの雪姫には必死ないじらしさが感じられましたよね。芝雀さんは、お姫さまが似合いますね。
囲碁、kirigirisu様もやはり気づかれましたのね。ただ、囲碁は私も全然わかりませんので、将棋の連想から、ちょっと早すぎるんじゃない?と思ったのでして…でも、な~んにも考えずに、ほいほいと石を置いていましたよねcoldsweats01

投稿: SwingingFujisan | 2009年5月15日 (金) 18時13分

こんにちは~! 私はこの週末に拝見して参りました。SwingingFujisan様のブログで予習していたので、フムフム納得~happy01と思いながら、まるで「答え合せ」をしている感覚で、楽しく観劇できました。

大膳VS東吉の碁のゲーム。時間内に勝負をつけないといけませんから、早送りでやっていたのかもしれませんね(笑)。

カンカンノウを踊る歌昇丈。ほんの一時(いっとき)でしたが、すんごく巧くて、ずっと踊っていて欲しかったです(笑)。

投稿: はなみずき | 2009年5月17日 (日) 15時53分

はなみずき様
「答え合せ」感覚とは嬉しいお言葉happy01
振り返ってみると、どの演目もけっこう面白かったなあと思います。
囲碁はやっぱり相当な早さでしたでしょう。今考えても可笑しくなってしまいますsmile
「らくだ」、こちらはこちらなりの味がありましたね。由次郎さんのらくだもなかなかのものでした。歌昇さんは踊り上手ですものねnotes

投稿: SwingingFujisan | 2009年5月17日 (日) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29616536

この記事へのトラックバック一覧です: 演舞場の五月大歌舞伎昼の部:

« 五月歌舞伎昼の部再見 | トップページ | 緊張の試運転 »