« 海辺の町東京 | トップページ | 人間賛歌:「きらめく星座」 »

2009年5月23日 (土)

土スタに隼人クン登場

土スタに隼人クンが出るっていうことをすっかり忘れていて、ところが、ほんとにたまたまつけたTVに山本耕史さんが出ていて、それでも隼人クンの出演には思いが至らず、ただ「陽炎の辻」での出演場面が流れるだろうということだけで、そのまま見ていた。
そしたら、隼人クンがスタジオに登場したのよsign03 あれっ、演舞場だいじょぶ? 時計を見たら、まだ昼の部も終わってない時間帯。生放送は初めてという隼人クン、実にいい男で初々しい。今身長が174cmあるけど、これ以上伸びたくないんだそうだ。女方をやるうえで大変だから。
ってことは、まだまだ女方やるんだ。私としては隼人クンは立役をやってこそ輝きそうな気がするんだけど(顔もとても男っぽいと思うのよ)、まずは女方で勉強ってところなのかしら。確かに15歳で174cmっていうと、これからも伸びる可能性は十分ある。先輩方は芸で身長を低く見せているけれど、僕はまだそれができないので、膝を折っています、って。そうなのよ、お久ちゃん、相当膝を折っていたの。若いうちから膝を悪くしそうで心配。
実は隼人クンの出番のある「陽炎の辻」は録画したまままだ見ていない。今日も録画予約だけはした。やっと少し時間ができたので、他のものも含めて徐々に見ていくつもり。

ちょっと一言:たとえば亀ちゃんもそうだけど、TVのトーク番組とかバラエティーなどで、よく「市川さん」って呼ばれるのね。隼人クンもさっき「中村さん」って呼ばれていたけど、私はちょっと違和感を覚える。海老蔵さんや菊之助さんは「市川さん」「尾上さん」とは呼ばれないでしょう?

ところで、今回の磐音さんの宿敵、雑賀泰造の竹内力。この人って、コワモテでVシネマの帝王とも呼ばれていた(いる?)みたいだけど、むか~しは全然違うイメージだったのよ。TBSの昼帯「天までとどけ」の第1シリーズで長女・待子(若林志穂)が純情を捧げる高校教師だったの。爽やかでとても素敵な青年だったけれど、海外協力隊かなんかで派遣されたアフリカのどこかの国で事故死するの(待子ちゃんと一緒に泣いたわ泣いたわ)。きっと、その頃から路線を変えていたのかもしれないな、と後で思った。竹内力を見ると、未だに一番好きだったあの第1シリーズが思い出されるのだ。

|

« 海辺の町東京 | トップページ | 人間賛歌:「きらめく星座」 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

「天までとどけ」の竹内力さん〜! わかります、わかりますよー。
このシリーズ、ほとんど見てましたよ。懐かしいですshine竹内力さんを初めて知ったのもこのドラマで、おっしゃられるように爽やかなカッコイイ先生だったですものhappy01
今では(笑)こわ〜い兄貴ですものね。路線変わり過ぎて、「天までとどけ」の爽やかな青年がウソのようです。。。(!)
この竹内力の先生役を見た母がいつも好きだ好きだと言ってました。。(笑)♪

もうすぐこのあとですが、「ミスター・ブレイン」に海老蔵さんがゲスト出演です♪ ドラマ楽しみですね〜 ^^ ♪

投稿: かりん | 2009年5月23日 (土) 19時43分

かりん様
まあ、「天までとどけ」も竹内力さんの先生役もご存知ですかsign03 嬉しいですねえ。お母様によろしくお伝えくださいませねsmile
このシリーズ(ただし丸山家だけ。杉本家は見ていません)、私も大好きでした。13人それぞれの個性がよく出ていましたよね。途中から河相我聞クンの人気が出て、こっちの出番が少なくなったりもしましたね。
ちっちゃ~いときの十次郎がかわいくってかわいくって、ああ、あの時代の十次郎をもう一度見たいわ~。
「ミスター・ブレイン」、録画しました。さっき、ほんの30秒ほど見ましたが、面白そうだったので、これはすぐ見るようにしようと思いました(ゴーストフレンズは溜まっちゃってるcoldsweats01)。

投稿: SwingingFujisan | 2009年5月23日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29755288

この記事へのトラックバック一覧です: 土スタに隼人クン登場:

« 海辺の町東京 | トップページ | 人間賛歌:「きらめく星座」 »