« NHKを見て芸の継承に思う | トップページ | 小山三さんの芸談を聴く2:爆笑小山三節 »

2009年6月14日 (日)

小山三さんの芸談を聴く1:プロローグ

613日 中村小山三丈の芸談を聴く会(慶應義塾大学三田キャンパス第1校舎111番教室)
090614kosanza_2 東京新聞の小さな小さな記事を見つけ、この日は何の予定も入っていないし、先着50名に間に合わなくて元々、とりあえず応募したら、運よく当選scissors 
1330開場のところを13時過ぎには着いてしまい、キャンパスの中を少しうろうろして時間をつぶし、13時半に受付に行ったら(会費1000円)、もう狭い教室の前のほうはかなり埋まっていた。時間よりだいぶ前に入れたらしいぞangry
2人用の木の机(未だにこういう机、使ってるんだbleah 椅子も小学生が使うみたいなの。学生時代、そういう椅子に座って授業聞いていたのかなあthink)が横に4列、縦に10列。その後ろに椅子だけが何十人分だか置かれている。私は前から8列目の真ん中辺に席を見つけ、座った。本当は3列目あたりを狙っていたのだけど、出遅れたから。ところが、始まる直前、3列目の机がひとつ(つまり2席分)があいたと言うではないか。立候補しようかと思ったら、おばさん2人連れが即立ち上がって大声でその席確保。パワーに負けたbearing でも、私は1人だし、あちらに座っていただいて正解かもhappy01
しかし狭い。腰掛けようと椅子を引くことすらままならない。何とか体をすべりこませる感じ。主催者によれば、計算が狂って狭い教室を取ってしまったとのこと。小山三人気をあなどるなかれ。
まずは主宰者である歌舞伎研究会(以下、かぶ研)三田会(つまり、かぶ研のOB会)会長挨拶。かぶ研は大正14年(1925年)創立で、芸談を聴く会はOBだけの会であったが、それではもったいないということから広く一般にも募集をかけることにしたのが6年前。日経、読売、朝日、毎日、東京の5紙に案内を載せているそうだ(ずっと東京新聞をとっていながら、気づかなかった。のか、気づいていても関心がなかったのか)。ちなみに、去年は右近さん、一昨年は信二郎さん(襲名前だったのね)、さらにその前は愛之助さん、2000年には亀ちゃんが段四郎さんとともに招かれている(2人ともOBだしね)。なお、今回の聴衆は150人だそう。
いよいよ小山三さん登場sign03 黒っぽい(紺?)スーツ姿だ(昨日の仁左様もスーツだったね)。ふと、「あ、昨年亡くなった高校の担任に似ている」と思った。和服姿だったり舞台での小山三さんとはまた違った印象がそう思わせたのかもしれない。
長くなるので、以下、続く。

|
|

« NHKを見て芸の継承に思う | トップページ | 小山三さんの芸談を聴く2:爆笑小山三節 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ダービーのことがアップされないと思ったら、こちらにお出かけだったのですね。私も新聞で見て「おお」と興味を魅かれたのですが、シーチケにはナビの予選も含まれておりますのでさいスタへ行くほうをとりました。
20代半ばで歌舞伎に目がいくようになったので、在学中はかぶ研のことも知らずちょっともったいなかったなぁと思った記憶があります。小山三さんのお話も聞きたかったし、過去のゲストの豪華さにも驚かされました。来年は日程があうといいなぁ。
6点も入れる試合はそうそう見られませんぜ、のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009年6月14日 (日) 12時01分

からつぎ様
コメントありがとうございます。
そうそう、そうなんですよ。ナビスコsign03
小山三さんに応募したときはsoccerはまったく頭になく、昨日の結果を知って、うううweepそっちも見たかったよ~と地団駄踏んだけれど、でも、やはり小山三さんのお話を伺えてよかったと思います。
私も、学生時代に今の歌舞伎熱があったら、きっとかぶ研に入っていたと思います。(ひょっとして…?)

直輝の活躍、見たかったです(直輝、かわいすぎますheart04)。高原もキレがもどってきたようですね。それに暢久も得点してgood TV観戦していた友人によると、暢久が最後バテて守りが甘くなり点を入れられたとのことですが(交代させてあげればいいのに)、見事にそれを取り返したんですねhappy01 
ほんと、6点も取る試合なんてめったに見られませんもの、スカっとなさったでしょう。準々決勝ホームの試合は絶対に行こうと決めました。

仕事で遅くなり、失礼しました。

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月14日 (日) 17時58分

ジャンルが違うレスで申し訳ないm(_ _)m
暢久本人も替えてほしそうだったけど、たしかすでに3人交代済だったと思います。
ところで私は「120」でございます。
先輩?同期?後輩?のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009年6月14日 (日) 19時09分

からつぎ様
ああ、すでに交代枠使いきっていたのですか。だんだんフル出場はきつくなっているのでしょうが、暢久の活躍は嬉しい限りです。

やっぱりでしたか!! え~と、私は「113」…いや~ん、完全にトシがわかってしまった (^-^;

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月14日 (日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30092665

この記事へのトラックバック一覧です: 小山三さんの芸談を聴く1:プロローグ:

« NHKを見て芸の継承に思う | トップページ | 小山三さんの芸談を聴く2:爆笑小山三節 »