« 白山神社にて | トップページ | 6月歌舞伎座夜の部2:黙阿弥2作 »

2009年6月18日 (木)

六月歌舞伎座夜の部1:金太郎ちゃんには華がある

617日 六月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座
夜の部は1回だけなので、芝居としてちょうど味の出る頃かなぁということでこの時期を狙った(あんまり遅くても寂しいし)。しかし、920分終演はきつい。あんまり疲れて帰宅して、ビールをがんがん飲んじゃったから、まともな感想書けるかしら(呂律がまわってなくてもお許しをcoldsweats01)。
今日は歌舞伎チャンネルの録画が入っていた。
09061801renjisi 「門出祝寿連獅子」
夜の部は後の2つが黙阿弥だということはもちろん知っていたけど、これも黙阿弥原作だったのか。
大名(梅玉)の呼び出しで左近夫妻(幸四郎、魁春)、右近夫妻(染五郎、福助)とその子(金太郎、お父さんに手を引かれている)が花道より登場。金太郎ちゃんが本舞台に出ると、さっと後見の錦吾さんが付く。白鸚さんから四代――先日の小山三さんを思い出して感無量になり、涙が出そうになった。
金太郎ちゃんは舞台でじっとしている間、なんだかむす~っとした感じだったが(日がたって疲れちゃったのかな)、いざ踊りだすと、ちゃんと立派に自分の役目を果たし、なんとも可愛らしい。手の動き、足踏み、4歳の子供の能力って大したものだと思った。福助さんが一番嬉しそうに微笑んで金太郎ちゃんを見守っているのがとても印象的だった。
口上は、まずは「息子・染五郎の長男が初舞台に立つことになった、色々な役をやるのは2030年後だろうから、皆さん長生きして見に来てください」というような幸四郎さんの挨拶から(私は生きていないかも。でも親のDNAを持っているから…bleah)。下手の梅玉さんは「初お目見えで一緒の舞台に上がって以来の金太郎ファンである、これまでは染五郎ファンだったが金太郎ファンになろうかと思う」。魁春さん(目の縁の紅がちょっと濃くない?)「長生きして金太郎さんの母親または妹役をやりたい」。すかさず福助さん「魁春さんに負けぬよう金太郎さんの女房役をやりたい」。高麗屋三代を挟んで上手側の芝雀さん(すっごくきれいで色っぽくて見惚れてしまった)は一通りのお祝い、松緑さんは近い親戚としてのお祝い、吉右衛門さんは「海のものとも山のものともわからないが、当人の努力はもちろん、皆様のごひいきで一廉の役者になれるよう」。そして父親・染五郎さんは、親子で精進するのでよろしく、と。
高麗蔵さんと友右衛門さんの間狂言はなかなか面白かった。大薩摩の間、赤い消し幕が張られて、長唄囃子連中が見えなかったのがちょっと残念。
いよいよ親子三代の毛振り。4歳の金太郎ちゃんの見事な毛振りにおそらく客席のほとんどが笑顔、そして拍手も鳴り止まない。金太郎ちゃんには華があるsign03

|
|

« 白山神社にて | トップページ | 6月歌舞伎座夜の部2:黙阿弥2作 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

あら、私はきのう、幕見したんですよ! 3時半くらいから列の後ろにくっついて、「席が残り少なくなってきました」という状態。立ち見もズラリだったけど、ま、この幕だけだったら立ち見の方がいいくらいかも(でも座ったcoldsweats01)。
さよなら公演で初舞台なんて、ほんと強い星の下に生まれてますよね。幸四郎さんの挨拶も素敵でした。んでもって、獅子・・・金太郎ちゃんしか見てませんでしたっ。みんなそうでしょbleah

投稿: きびだんご | 2009年6月18日 (木) 08時45分

きびだんご様
あらぁ!! では、あの並びの中にいらしたのですね。私はお弁当買いに必死で、列の中にまで目を向ける余裕がありませんでしたcoldsweats01 
しかし夜の部にして1時間待ちでギリギリですか!! もっとも、金太郎ちゃんは、みんな見たいですものねえ。金太郎ちゃんにはさよなら公演での初舞台が長く語り継がれるような名優になっていただきたいわ。あと20年、私も長生きしなくては。

はいっ、もちろん獅子は金太郎ちゃんしか見ていませんでしたっhappy02

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月18日 (木) 09時09分

きびだんご様と同じく、きのう幕見に居りました。
私は「早いかな」と思ったのですが、2時半頃から並んだので、1列目中央あたりに座れました。4才なのに本当によくやっていると思います。
実は染五郎さんが小さい時に、お祖母様と並んで真剣に舞台を見ている姿に感動しました。私も長生きして、金太郎ちゃんがお父様のようになるのを見続けたいです。

投稿: とこ | 2009年6月18日 (木) 17時51分

とこ様
とこ様は2時間待ちでしたかshock お疲れ様でした。
こうして1時間も2時間も並んで見てくださるお客様がいらっしゃるって、役者さんにとってありがたいことですよね。金太郎ちゃんも、そういうお客様のことを忘れずに成長していっていただきたいですわ。
役者さんは皆さんそうなんでしょうが、染五郎さんも小さい頃からお芝居が大好きだったのですね。染五郎さんの歴史をご覧になっていらしたとこ様ですから、金太郎ちゃんの将来もどんなにかお楽しみでしょうhappy01 歌舞伎の醍醐味のひとつですよね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月19日 (金) 01時40分

遅ればせながら本日歌舞伎座昼の部にいってまいりました。実は今日、一つの疑問が解決いたしました。

以前ご近所ですれ違った素敵なおじちゃまがいらして、電車の中でも何度かお会いして、どこかであったような・・・・でも思い出せない? 昨年夏の合同公演(国立劇場)にも客席にいらしたので、単純に歌舞伎好きのおじちゃまなんだと思っていました。

今日歌舞伎座に行こうと最寄の駅にいったところ、ホームのベンチにいらして読書されていました。同じ電車に乗って、突然ひらめいたのですが、「あぁ!松本錦吾さんだ!」とやっと気が付いたのでした! もちろん東銀座でおりられ、歌舞伎座楽屋口へ消えていかれました。なんで気が付かなかったのだろう、お馬鹿な私・・・

錦吾さんは角力場で茶店主人金平役で登場!長五郎の命令で花道を行き来する錦吾さん、すっかり江戸っ子になっちゃって。つい1時間前、電車での物静かな紳士がと思うとちょっとおかしくなりました。長文失礼いたしました。

投稿: maroon6 | 2009年6月19日 (金) 22時58分

maroon6様
素敵なコメント、ありがとうございます!!
maroon6様は錦吾さんとご近所なのですねhappy01 電車の中で時々お見かけするなんて、いいなぁ。
錦吾さんは真面目で誠実、それでいて程よいユーモアもありそうで、好きな役者さんの1人です。なるほど、普段の錦吾さんが物静かな方だというのは納得できます。
でもmaroon6様のように、目の前で錦吾さんの変身ぶりをご覧になると、たしかにニヤっとしたくなりますねsmile
錦吾さん、夜の部では後見として、しっかり金太郎ちゃんを見守り支えていらっしゃって、胸が熱くなりました。

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月19日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30158500

この記事へのトラックバック一覧です: 六月歌舞伎座夜の部1:金太郎ちゃんには華がある:

« 白山神社にて | トップページ | 6月歌舞伎座夜の部2:黙阿弥2作 »