« 初めて見る水泳大会 | トップページ | 水着に振り回されるな »

2009年6月 7日 (日)

帰ってきた「十二夜」

67日 「十二夜」凱旋公演初日昼の部(新橋演舞場)
何度見ても面白いsign03 一言そう言い切っただけで感想としては十分であると思うほど面白い。
ただ、今回はロンドン公演と同じスタイルでの上演ということで、30分ほども時間を短縮したせいか、全体にややアッサリと仕上がっていた感じがした。そこに多少の物足りなさを覚えないわけではないが、テンポアップが良さを生んだ面もあり、それが面白さを損なうわけでは全然ない(好みとして言えば、前回の公演が好きかも。でも、あと2回見るうちにそれは変わってくる可能性は十分ある)。
幕があくと、お馴染みの鏡ばり。桜の花びらがひらひらと舞い落ち、ハープシコード、鼓の音色、子どもたちの歌声、すべてが美しく、一気に十二夜の世界に連れて行かれる。
錦之助さんは憂いを含んだお顔の美しい貴公子ぶりが変わらない(お顔だけでなく、姿が実に上品で美しいheart04)。時さまは若返ったんじゃないかしら。大らかでお茶目で愛らしく、織笛は絶対時さまのキャラよねぇ(あ、歌舞伎で言うニン、ね)。もう私の目には織笛=時さまとしか思えない。
織笛の衣裳が「あれ、黒っぽい赤に変わってるsign02」と思ったら、黒の紗を羽織っていたんですって。なぜか?⇒兄の服喪中なのに赤い衣裳はおかしいと、イギリス側からクレームがついたのだそうだ。へ~、イギリス人ってそんなこと気にするんだ、どっちかといえば日本人のほうがこだわりそうなものだけど。でも、日本人は歌舞伎の赤姫という括りで見ているから、私なども全然違和感を覚えず、ツッコまないわけ(え~と、ツッコミどころが2カ所くらいあったような気がするけど、なんだったか忘れちゃった。次回も同じことを感じたら、メモしておきます)。織笛が黒の紗を着ているのは一幕目だけで、二幕目は赤い衣裳のまま出てきます。
亀治郎さんが歌舞伎の新しい女方の型を作ったと自負する麻阿は相変わらず茶目っ気たっぷりエネルギッシュ。頭の回転が速く、いたずらでかわいくってheart04 そういえば、亀ちゃん、右あご(kissmarkの右端のやや下)にホクロをつけていたけど、これ、前回はなかったよね。このホクロが麻阿という女の人物像をよりはっきり表すのに一役買っているような気がする(ちょっと下品さの混じったチャーミングぼくろ)。そうそう、亀ちゃん、前回は匍匐前進で驚かせてくれたけれど、今回は舞台の前端に飛び出してきたかと思うと腰掛けちゃって、ビックリした。それは下手側のことなので、近くの座席の亀ファンは大喜びでしょう(私は今日は2階席、次は3階、千穐楽は1階だけど上手側。ちと残念)。
菊五郎さんは軽妙な捨助、うるさ型の坊太夫(でも、私に言わせれば、さほど憎めない人物)で舞台を引き締め、リードしていく。前の公演で、坊太夫があんなにいじめられる理由がよくわからないと納得できない部分があったが、今回は坊太夫の人物像がよりはっきりわかるようになって、前回ほどの同情心が湧かなかったcoldsweats01 ウコン色の衣裳にはほんと大笑いさせられる。
菊之助さん、その魅力は美しい容姿にもあるけれど、何といっても声だ。凛とした獅子丸の声には、男とも女ともつかぬ不思議な魅力があって心地よく響く。二幕目最初の踊りは振り付けを一新したそうだが、踊り自体も前より短くなっていたのではないかしら。もっと見ていたかったわ~。難破のときの早替りが見事なのはわかっていたけれど、一度思わず「おおっ、早っflair」と声に出てしまった。
ロンドンで大評判だったという翫雀さんは、前回はフレンチテイストだったけれど、今回はもちろんイングリッシュテイストで。セリフの合間にさりげなく意識的に入れる英語は、ロンドンっ子を湧かせたことだろう。翫雀さんの衣裳はロンドン公演の時にはなかったフリルが胸と袖口についていてかわいかった(よくお似合い)。この安藤英竹は見るほどに好きになる。
幻想的な向月台(向月台の名は、2年前に六条亭様に教えていただきました。なんてロマンをかきたてられる名前なんでしょうfullmoon)の間で繰り広げられるニセ手紙のいたずらは、あの場で行われるから皮肉な効果を生む。大好きな場面の1つである。
今回は筋書きの表紙が目を引く。主膳之助と琵琶姫の乗ったあの船が現代のテムズ川にひそやかに浮かんでいて、ウエストミンスター寺院(だと思う)とビッグベンの上に巨大な半月が浮かんでいる。きらきら光る装丁も幻想的。
<上演時間>第一幕85分(11301255)、幕間40分、第二幕95分(13351510
11
時半開演は助かる。1510という早い終演も助かる。

|

« 初めて見る水泳大会 | トップページ | 水着に振り回されるな »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。昨日はlovelyウットリでしたよねっ。
SwingingFujisanさまは2階からご覧になったのですか。私も一度、2階から見てみたいです。向月台の場などは特に上から見る楽しさがありますもん(私は次は3階から見るんですが。つい1階前方か3階か、となってしまいます)。
今回ほんと坊太夫の「好かん」ところがハッキリ感じられました。杓子定規でエバる官僚タイプ(笑)。それと翫雀さんの軽やかさもすごく楽しめました。前回はどうしても初演時の松緑さんを、見てる私が引きずっていた気がするので。
見るたびにいろいろ発見があるお芝居だと思うので、また次に見るのが楽しみです。

投稿: きびだんご | 2009年6月 8日 (月) 09時29分

きびだんご様
おはようございます。
一度2階から見てみたかったんですよ。歌舞伎座の3階は舞台との距離がちょっとあるけれど、私も歌舞伎座ではつい1階前方と3階を選んでしまって。
今回は全員の人物像がよりくっきり浮かび上がっているような印象を受けました。毎回新しい発見があるから飽きないんでしょうね。
松緑さんと翫雀さんの英竹、タイプが違うので好みの問題になって甲乙はつけられませんよね。前回は私も松緑さんを引きずっていたように思います(だって、あまりに衝撃的だったんですもの、松緑さんの英竹は!!)。 

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月 8日 (月) 10時44分

SwingingFujisanさま☆
こんばんは~♪
初日いらしたのですね!!私も行きました♪楽しかったですね~♪
SwingingFujisanさまと違って、私は前回の歌舞伎座での再演が初めて(しかも一回こっきり!)でしたので、「何?これ!すごい!」と圧倒され、「是非次回あったらまた見たいわ~♪」と思ってました!
久しぶりに見てまた「やっぱりいいわ~☆」
前回との違いもわからなくてお恥ずかしいです><
また楽しいレポ、お待ちしております~♪

投稿: 七子 | 2009年6月 8日 (月) 20時41分

七子様
こんばんは。
初日、ご一緒でしたかsign03
歌舞伎を愛する方が「見たかった」あるいは「もう一度見たかった」演目をご覧になれて、よかった楽しかったと喜ばれるのは、同好の士として、心から嬉しく存じますhappy01 もちろん私自身だって、そういうことはしょっちゅうですから、「そうそう、私もおんなじ気持ちよ」と、よけい嬉しいんです。
前回との違いは私もよくはわからないんですよ。前の公演を知っていると、ついつい比較をしてしまいますが、新しいお芝居として見たほうがいいのかもしれないな、なんて思ったりもします。結局、面白くて楽しめたら、それでいいんですものねnotes

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月 8日 (月) 21時25分

SwingingFujisan さま

昨日もニアミスだったようで(^^ゞ。

早速の感想アップは素晴らしいです!私はまだその時間的余裕がないのですが、30分短縮ヴァージョンは再演を観た人間にとっては少々物足りなく感じたのも事実です。

とくに菊之助さんが踊る部分が短いこと、ならびに第一幕第八場で義太夫がなくなっているのは歌舞伎味の後退と感じました。ただ、菊之助さんが今日の朝日新聞夕刊でも「歌舞伎の味をできるだけそぎ落とし、原作に準じて人物の論理的部分を加えた」と語っていますから、意図したとおりの舞台なのでしょうね。

亀治郎さんのホクロは、私も気になって前回の再演時の映像で確認しましたが、今回からの工夫ですね。麻阿はさらにパワー・アップしてますね。

(追記)向月台に関して、私の名前を出していただいて恐縮です(^_^;)。

投稿: 六条亭 | 2009年6月 8日 (月) 22時35分

六条亭様
コメント、ありがとうございます。
感想は早くしないと、忘れてしまうので、中身も文章も全然練る余裕なく、思いついたままを書いておりますcoldsweats02 ので、後で赤面することもしばしば。

そうそう、そういえば、第一幕第八場には義太夫が入っていたんでしたね(大事なことなのに忘れておりました)。踊りの短さといい、意図どおりとはいえ、ちょっと寂しい気がします。やはり、新しい芝居として見るべきなのでしょうか。

亀治郎さんがホクロを思いついてほくそ笑んでいる姿が目に浮かびますsmile 千穐楽にはどんなふうに暴れて(?)くれるんでしょう(千穐楽もニアミスですよ~)。

向月台は教えていただいてとても嬉しかったものですから。六条亭様とはそのとき以来のお付き合いですしhappy01 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: SwingingFujisan | 2009年6月 8日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/29999526

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた「十二夜」:

« 初めて見る水泳大会 | トップページ | 水着に振り回されるな »