« 忘れられない千穐楽・1 | トップページ | 忘れられない千穐楽・3 »

2009年6月28日 (日)

忘れられない千穐楽・2

09062801sensyuraku
6
27日 六月大歌舞伎千穐楽昼の部(歌舞伎座)
「正札附根元草摺」
松緑さんの勢いと決まりのきれいさを見ると、4回も歌舞伎座に行きながら、これを初日と千穐楽しか見なかったことがちょっと悔やまれる。
魁春さんを見ていたら、歌右衛門さんが思い出された。似ている。動きももちろんそうだが、首の角度とか体の曲げ方とか、ちょっとしたことでも歌右衛門さんを彷彿させる。初日に気になった手の震えは今日もやや感じられた。
「角力場」
初日に見て面白さがよくわからず、あまり気の進まなかった演目だが、今回は意外と面白く見ることができた。放駒が威張った歩き方を教わる場面や、つっころばしの若旦那・与五郎の見せるコミカルな場面は単純に笑いを誘うからそれは別として、この芝居の面白さの一つは放駒の変化だろうか。
米屋の息子である素人相撲取りが前半はいかにも素人素人しているのに、後半になって堂々たる風格で濡髪にもヒケをとらなくなっているのが愉快だ。吉右衛門さんの若々しさにはビックリ。勝負を終えて出てきたときなんか、本当に若い。しかし吉右衛門さんは声が高い。その高さが放駒の怒りを表すのに合っているかも、なんて思った。
幸四郎さんの濡髪はいいのか悪いのかよくわからないが、吉右衛門さんとの遣り取りは見ごたえがあったと思う。2人とも、自分のことでなくそれぞれの贔屓のことで争わなくちゃならないんだなあ(幸四郎さんと吉右衛門さんじゃないよ、濡髪と放駒のこと)。
ところで、濡髪と放駒が相撲で闘っている間、初日は舞台に人がいなくなり、中の様子を客が想像するというなかなかの趣向だったが、それでは寂しいというのでその後、相撲場の中を外から覗き込んだり気を揉む人たちが配されるようになったということだ。しかし、かつてチケットがなくてスタジアムに入れなかったサッカーの試合、スタジアムの外で歓声を聞きながら一喜一憂していた自分と重ね合わせたら、その人たちが意外と冷静に見えてしまった(当時の私が興奮しすぎかcoldsweats02)。
ちなみに、私にとって最高の場面は、吉之丞さんと歌江さんが仲居としてお揃いで出てくるところ。舞台写真買おうか…さんざん迷って、舞台写真展示コーナーのあまりの混雑に気がそがれbearing筋書きの小さな写真で我慢我慢。
「蝶の道行」
幻想的な蝶が舞台に現れると、客席から「おお~っ」というようなどよめきが湧いた。わかっていても、思わず声をあげたくなる。
福助さんは海老反りが2回あるんだけど、2回とも前に私が見た時より長かったような気がする。千穐楽バージョンかしらと思ったけれど、私の気のせいかも(初日と3日目に見ただけだから間があいてるし)。

|

« 忘れられない千穐楽・1 | トップページ | 忘れられない千穐楽・3 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30311020

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられない千穐楽・2:

« 忘れられない千穐楽・1 | トップページ | 忘れられない千穐楽・3 »