« 千穐楽、芝居の後で | トップページ | 高僧が、公子が…:七月歌舞伎座千穐楽夜の部 »

2009年7月28日 (火)

ゆ~らゆら:七月歌舞伎座千穐楽昼の部

727日 七月大歌舞伎千穐楽昼の部(歌舞伎座)
09072801hirunobu
行ってよかった。

公子さまにもう一度会いたかったのはもちろんだけど、「五重塔」をあのままにはしておきたくなかったのも、千穐楽を取った理由の一つ。
そして「五重塔」は確実に進化していた。いや、それは3度も見た私の中だけでの進化かもしれない。獅童さんはやっぱりあまり棟梁らしくは見えなかったけれど(大工の格好一度もしていないから、雰囲気だけでそれらしく見せるのは難しいのだろう)、源太という人の大きさが伝わってきた。とくに、清吉のしでかしたことを詫びに行き、「それはそれ、癇癪は癇癪」とお浪に言い捨てた後、十兵衛宅の外で、そっと頭を下げる仕草に源太の気持ちが痛いほど込められているような気がした。
市蔵さんの朗円上人も、けっしてニンではないように思うけれど、今回はよかった。

春猿さんのお浪は前2回同様、秀逸だった。お浪さんがいるだけで、落語の人情噺の一場面を「見て」いるような、生き生きした存在感があった。いずれ「文七」や「芝浜」のような演目にも出てほしいと思った。
「海神別荘」は、ゆ~らゆら、時折ぶくぶくと泡を立てながら、まるで自分も海底の世界にいるような気がするから不思議だ。
今回ステキと思った公子さまは、鮫にさらわれた侍女を救おうとする優しさ。悲しみがあるのを許さない世界であったとしても、
1人の侍女に対するその気持ちは公子さまの人間性をよく表しているのではないだろうか。美女に怒りを覚えるまでのあの目の穏やかな優しさ。怒りに燃えた目の激しさ。どちらもあまりに純真で魅力的すぎて、思わず写真を買い足してしまいましたheart04
美女が公子さまの本当の姿に気づく瞬間、私としては一瞬早かったような、ちょっとインパクトが弱かったような…「あっ」という驚きが感じられなかったような気がして、残念。
だとしても、夢の世界であったことには違いない。忘れられない舞台の一つになりそう。

|
|

« 千穐楽、芝居の後で | トップページ | 高僧が、公子が…:七月歌舞伎座千穐楽夜の部 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30726655

この記事へのトラックバック一覧です: ゆ~らゆら:七月歌舞伎座千穐楽昼の部:

« 千穐楽、芝居の後で | トップページ | 高僧が、公子が…:七月歌舞伎座千穐楽夜の部 »