« 七之助さんの見事な桜姫 | トップページ | 「矢の根」「藤娘」 »

2009年7月25日 (土)

「歌舞伎のみかた」:亀鶴さん、祝国立劇場賞受賞

724日 歌舞伎鑑賞教室千穐楽(国立劇場大劇場)
先月に引き続き、鑑賞教室を2度見ることになった。早くから2度見たい気持ちが強かったし、あとはこの日しかないっていう千穐楽に運よくいい席が取れたし。
亀鶴さんが「歌舞伎のみかた」の解説と、曽我十郎祐成の演技で7月の国立劇場賞優秀賞を受けられることが決まったそうですsign03 おめでとうございますheart04
「歌舞伎のみかた」
今日もお供はぴかちゅう。「スッポンは人間以外のものが出てくるところなんですよ。だからぴかちゅう兄さんに来てもらいました」で、子供たち大喜び。今日の観客はとても反応がよい。
たとえば花道脇のお客さん。前回は無視されちゃったけど、今回は幼稚園の可愛い子と握手。「おかあさん、きれいですね」って、亀鶴さんったらcoldsweats01
盆が回り始めると、どこからともなく「おお」というような声が湧き、1階の前の席の人たちは見えないから遠慮がちに腰を浮かせる。それを見た亀鶴さんが「立って見ていいですよ」。すると我も我もと立ち上がり、盆にのせられ去っていくぴかちゅう兄さんを見送る。
下座で演奏される音楽、「何を表しているかわかりますか」。亀鶴さんが泳ぐまねをすると、すかさず「うみ!!」という可愛い声。次のどろどろでは、会場のあっちこっちから「ユーレイ」「ゆうれい」と声が上がる。
スクリーンに映し出された「矢の根」の鬘を「カニパンみたいですね」と亀鶴さん。子供たちに大ウケだ。
女方の胸を隠す手の位置が年をとるに従い下へ移るという説明にも客席は笑う。
本当に亀鶴さんの話を楽しんで聞いている様子に、私も嬉しい。

黒衣さんの顔は今日は一瞬見せただけ。前回と同じく光紀さんだと思うけれど、あんまり一瞬だったからわからない。
今日舞台に上がったのは小学生の男の子とそのいとこのおねえさん。見得は男の子が、お姫様の衣裳は女の子が担当することになった(やっぱり、女の子が着ると可愛いし、お姫様らしく見えるものだわhappy01)。
亀鶴さんが粂寺弾正の見得のお手本を見せると、男の子はビビッちゃったらしく、尻込みしている。亀鶴さんの見得が立派すぎちゃったのかしら(亀鶴さんの粂寺弾正を見たい、と思った。ちょっと小柄だけど、この見得の大きさなら十分やれる)。亀鶴さんが「大丈夫、できるよ」とか「だめ、帰さない」とかなだめて、やっと練習。首を回すのに、男の子、どうしても「ん~~のっ!」と言わないと出来ないらしい。亀鶴さんウケていた。ところが本番でマイクが「ん~~のっ!」を拾うことができず、ガックリ。でも、後でもう一度やって、今度はちゃんと拾うことができた。亀鶴さん、弟にでも対するみたいで微笑ましい。

お待ちかねの立ち回り、今回はかなりいいセンで写真が撮れた。亀鶴さんは「初日に比べてぐんとうまくなりました」と研修生を褒めていた。先日誕生日を迎えた佐藤クンは18歳になったのでした。中には、バレエダンサーとして舞台にも出ていたのだけど、歌舞伎の世界に飛び込んだという研修生もいてびっくり。ほかに亀鶴さんと同期の東志二郎さん(プログラムの「歌舞伎のみかた」にはお名前が出ていない)、子役から成長した翫政さんが紹介された。
一番大事な歌舞伎のみかたは楽しむこと。亀鶴さんの言葉どおり!!
そうそう、「親子で楽しむ歌舞伎鑑賞教室」には無料手引書(プログラム)のほかに、可愛いイラスト入りの「矢の根」と「藤娘」の解説もついているんですよ。

|

« 七之助さんの見事な桜姫 | トップページ | 「矢の根」「藤娘」 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

「歌舞伎のみかた」“完全”実況、ありがとうございます!! 私も、もう1度観たい!!っと思っておりましたので、SwingingFujisanに代わりに見ていただけて、また、実況していただけて、嬉しい気持ちで一杯です!

ぴかちゅう兄さん(「兄さん」なんだ…bleah)の盆回し、やっぱり観たかったですわぁ~。

立廻りは、ほんとにイイ立廻りでしたよね。もちろん、ベテランの方に比べたら、まだ未熟なかんじはありますが、皆さん一生懸命で、爽やかでした。タテもすごく見応えあるものでした、と思います。バレエご出身の方がいらっしゃったんですね~。(あの方かしら…と記憶から検索しております。)

花道脇の「おかあさん」、亀鶴丈ファンになられるでしょうね(笑)。

投稿: はなみずき | 2009年7月25日 (土) 08時30分

はなみずき様
おかげさまで後半慌しくではありましたが、2度見ることができて満足です。「どうしても見たい」という欲望がふつふつと湧いてきたのは、はなみずき様のレポのおかげですもの、ありがとうございましたhappy01
ぴかちゅう「兄さん」--妙に違和感なく聞こえました。不思議なもので、盆におりたぴかちゅう兄さんに貫禄のようなものさえ感じましたsmile
バレエ界から転身なさった方は、お名前はわからないのですが、一番背の高い方でしたよ。先に知っていれば意識して見ていたのですが…。研修生の皆さんが歌舞伎役者として舞台に立つ日が楽しみですね(さよなら公演には間に合うのかしら)。
花道脇のおかあさん、絶対亀鶴さんファンになりましたよ!! それに、ほかにもたくさんのお母さんがファンになったのではないでしょうか。子供さんたちもきっと「ステキなお兄さんだな」と思ったことでしょうね。こんな時には孫がいたらなぁと思うのでした。

投稿: SwingingFujisan | 2009年7月25日 (土) 08時45分

 八幡屋ファンとして嬉しいニュースです。浅草歌舞伎でも携帯電話を使って演目の説明(知り合いから急にかかってきた設定で)していましたし、観客の気をそらさない才能は役者といえ本当に流石ですよね。(何と言っても初代鴈治郎さんの血を引いていらっしゃるのですものね)
 実を言うと矢の根は五郎を亀鶴で、十郎は宗之助・大薩摩主膳太夫が男女蔵というのが本来の仁ではないかと思っています。まぁ東京でこの配役は無理でしょうけど。
 (梅枝さんにも言えますが)いいお役で沢山観て見たい役者さんのひとりです。

投稿: うかれ坊主 | 2009年7月25日 (土) 17時09分

うかれ坊主様
うかれ坊主様も八幡屋ファンとは嬉しい限りです。
浅草は今年は亀鶴さんに当たらなかったので、とても残念でした。
そういう血筋ながら(富十郎さんという伯父さまもいらっしゃいますしね)亀鶴さんが研修所で修業を積まれたというのもぐっときます。
矢の根の配役、それがいいですねえ。
亀鶴さんがあまり役に恵まれないのが歯がゆい思いです。

投稿: SwingingFujisan | 2009年7月25日 (土) 17時36分

うわ!ここに八幡屋贔屓さんたちが!
ウレピーlovely
八幡屋さんがいい役に付きます様に、大きな役者さんになりますように、いいお嫁さんが来ますようにと神仏に願っている八幡屋贔屓です。ケータイの待ちうけも亀鶴紋。職場には「夫の写真」と偽って、歌舞伎座前の亀鶴様。 なのに、私の娘は「亀鶴、ヘンな顔だから大きな役者になれないよ」とひどいことをshock
私も、お正月の浅草は亀鶴様の「お年玉」の日に行きました。最後にケータイをきるときに「あいしてるよ」っていう冗談にさえ嫉妬。もちろん歌舞伎鑑賞教室も行きましたshine
今週末は「亀治郎の会」でお会いできますわheart04

投稿: 八幡屋贔屓 | 2009年8月 4日 (火) 18時47分

八幡屋贔屓様
コメント、ありがとうございます!!
八幡屋さんのごひいきさまが又お1人いらしてくださって、私もとてもウレピーでございますhappy01 私は18年の浅草歌舞伎からですので贔屓歴は浅いのですが、亀鶴さんにはやっぱりlovelyになります。
亀鶴さん、全然ヘンな顔じゃないですよぉ~。私は絶対二枚目だと思っているんですけど。
去年の巡業での亀治郎さんとの共演、よかったですよねえ。「操り三番叟」も「弁天娘女男白浪」も、亀鶴さんと亀治郎さんの息がぴったりで、ああ楽しかったなあ。2人とも大好きなので(私、すっごく気が多いのですcoldsweats01)、今週末の「亀治郎の会」もめちゃくちゃ期待していますheart04

投稿: SwingingFujisan | 2009年8月 4日 (火) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30686871

この記事へのトラックバック一覧です: 「歌舞伎のみかた」:亀鶴さん、祝国立劇場賞受賞:

« 七之助さんの見事な桜姫 | トップページ | 「矢の根」「藤娘」 »