« トナカイとクローバー | トップページ | 深夜の感動:入江選手銀メダル »

2009年7月31日 (金)

ラジオ

そんなわけで(どんなわけかは、前の記事「トナカイとクローバー」をご参照ください)、ラジオを買ってしまいました。一番シンプルな、一番安いラジオsmile 音質とか関係ないから。でも、一応TVの音声も12chまで聞こえるようになっているみたい。
09073101radio

|
|

« トナカイとクローバー | トップページ | 深夜の感動:入江選手銀メダル »

モノ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
わたしもこのラジオの色違いの買いました。
文化放送「歌舞伎座の快人」を聴くために。
買ってから少し経ったら野球が始まってしまい「快人」は終了してしまいましたが・・・。
あの番組、俳優のみなさんの素に近いおしゃべりが聴けて楽しかったんですけどね。。。
是非また再開して欲しいものです。

投稿: あねご | 2009年7月31日 (金) 18時53分

続けて失礼いたします。
昨日の「桜姫」、初心者なりの感想です。

まず席ですが、わたしは元々立見席希望だったのですが、当日一等席にそこそこ空きが出たようで、何人かの方はそちらを買われていたようです。

七之助くんの桜姫、美しかったですね!
芯のある美しさ、というかなんだか玉三郎さんを見ているような気分になりました。
橋之助さんとの色っぽい場面には本当にドキドキしたし、女郎になって家に帰ってきたときのはすっぱな感じも色気があって見入ってしまいました。でもわたしは扇雀&彌十郎コンビがいい味出していてかなり好きでしたね。最後の音楽は一瞬「?」と思いましたが、雰囲気はあの場面に合っていましたよね。振り返ってみるとあっという間の3時間でした。

カーテンコールは2度目(か3度目くらい)に串田さんがクラリネットを持って登壇、笹野さんがトランペット、勘三郎さんが太鼓を持って1フレーズ演奏、その後南米チームのみなさんも楽器を持って出てきて大盛り上がりでした。
わたしは舞台俳優さんに疎い上に南米版を見ていないので、初めは「なんか私服の人が混じってるぞ・・・」くらいに思っていたのですが、白井晃さんがいらっしゃるのを見て、ああ、南米チームの!と気づきましたsweat01南米版を見ている方にはたまらない演出だったのではないでしょうか?
最後にみなさんひとことずつお話をされ、昨日来られなかった南米チームの大竹さん、秋山さん、古田さんからのメッセージが流されて終了でした。

終演後、これ浅草メンバーでやってくれないかな・・・などとぼんやり考えてしまいましたcatface

投稿: あねご | 2009年7月31日 (金) 19時21分

あねご様
コメント2回もくださって、ありがとうございますhappy01
「歌舞伎座の快人」は、私も聞こう聞こうと思いながらラジカセをそばに持ってくるのが面倒で、ついに聞き逃してしまいました。いつも一緒にいられる小さなラジオを手に入れた今、ぜひ番組の復活をお願いしたいです!!

あねご様と同じラジオとは!! 形も大きさも色も気に入っています(私が買った店では白しか置いていなかったように思います。あねご様のは何色なんでしょう)。

「桜姫」は立ち見だったのですか。お疲れでしたでしょう(若いっ!!)。
七之助さんは去年でしたっけ、その前でしたっけ、玉三郎さんに踊りなど教わってから、玉三郎色が強く出るようになりましたね。この桜姫で大きな飛躍を遂げたと思います。
カーテンコールにはそんなおまけまでついたんですね。南米版を見た私としては、やはり千穐楽を見たかったと残念な思いですが、あねご様のおかげで雰囲気を想像することができました。ありがとうございます。
浅草メンバーでやるとしたら、串田演出ではなく、オーソドックスに「東文章」になるのではないでしょうか。それはそれで面白いかもしれませんね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年7月31日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30772178

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ:

« トナカイとクローバー | トップページ | 深夜の感動:入江選手銀メダル »