« 大地の神も喜んだ | トップページ | 第7回亀治郎の会千穐楽・2 »

2009年8月10日 (月)

第7回亀治郎の会千穐楽・1

89日 第7回亀治郎の会千穐楽(国立劇場小劇場
09081001kamejiro めでたく満員御礼の千穐楽。当日券を求めて来られたらしいおばさまがお1人、仕方なく帰られたのがお気の毒だった。
振り返ってみると、去年は亀治郎という役者の華やかな才能が前面に押し出された感じだったが、今年は意表を衝いた共演者の起用で共演者の意外な味がうまみとなって、亀治郎を支えたような気がする。
「お夏狂乱」
実は私、「保名」にしても「椀久」にしても「隅田川」にしても、狂乱ものはちょっと苦手である。自然に眠くなる。このお夏も、本来なら危ないところなのだが、珍しく2度ともほぼ瞼が落ちることなく見ることができた。子供たちや馬士、巡礼との絡みがあったからだろうか。
初日はただ寂寥だけを覚えたお夏だが、今回はお夏の喜びの表情を窺い知ることができたような気がする。しかし清十郎と思い込んで駆け寄るときの嬉しそうな表情など、かえって哀れを誘う。
酔っ払い亀鶴さん、花道の下から「お~とっとっとと」と手を伸ばして支えてあげたくなってしまったゎheart04

ラスト、日暮れのひなびた風景の中で巡礼が気の毒そうに手を合わせる中、「清十郎~清十郎~」と悲しげな声で清十郎を求め、どこへともなく彷徨い去るお夏。悲しくも実に美しい情景だった。
前回、それと意識せずに見逃してしまった下田澪夏ちゃんheart04を今回はしっかり見た。いたずらそうな目をくりくりっとさせて、悪童ぶりが小憎らしい。ひところふっくらしていたけれど、すっかりスリムになって、可愛さが一段と増していた。子役として出演できる期間は限られているだろうけれど、出られる間はどんどん歌舞伎で活躍してほしい。
「身替座禅」
亀三郎さんの玉の井が悲しそうで、なんだかこっちも泣きそうになってしまったsad。若い夫婦に侍女千枝・市川段之、小枝・市川澤路というベテランが上品かつ軽妙な演技で存在感を示した。
座禅をしていなかったことがバレちゃった右京が玉の井にする言い訳に「筑紫の五百羅漢へ参った」の「信濃の善光寺へ参った」のというのがあるが、今回は善光寺ではなくて「風林火山の武田神社へ」になっていたbleah(初日は普通に善光寺だったと思うよ)
そうそう、鳴物に傳左衛門さんがいらっしゃった。ということはやはり2日間は歌舞伎座と掛け持ちだったんだ。でも、初日にいらした傳次郎さんは今回はいらっしゃらなかった。夜の部はお夏の後の幕間が昼の部に比べて10分長い(40分あった)のが不思議だったのだけど、もしかして傳左衛門さん待ちのため? 
長いので2へ続く。

|

« 大地の神も喜んだ | トップページ | 第7回亀治郎の会千穐楽・2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30904882

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回亀治郎の会千穐楽・1:

« 大地の神も喜んだ | トップページ | 第7回亀治郎の会千穐楽・2 »