« 見た!! 世界中が興奮した瞬間 | トップページ | 女子走り高跳び »

2009年8月21日 (金)

納涼歌舞伎第二部再見

821日 八月納涼大歌舞伎第二部(歌舞伎座)
納涼歌舞伎で第二部の地位というか位置づけというか、割と軽く見られているような気がする(私の偏見かな)けれども、去年の「つばくろは帰る」もよかったし、今年は「船弁慶」がかなりの大ヒットではないだろうか。
ところで、舞台写真入り筋書きは23日からの予定だそうです。
「怪談累ケ淵」
2
度目のせいか、3階のせいか、初日に比べて全然怖くなかった。怖いどころか、相当笑った。もしかして、舞台も恐怖より笑いに重点を置くようになったのだろうか。初日あんまり怖がったために、そのへんの客観的な比較はできない。
幕間に「勘太郎、うまいねえ」という声があちこちから聞こえた。だから、やっぱり舞台に近い席にいたら、勘太郎クンの恐怖を分かち合うことができたのかもしれない。
福助さんは、すし屋に化けて出て、す~っと消えるところが見事であった。一階で見ていると、本当にす~っと消えていく。これが三階になると、セリがあくのが見えるわけで、その分興ざめになるところなのだが、福助さん、体をやや倒したまま(ほら、幽霊ってちょっと体が傾いているでしょ)セリに吸い込まれていった。これにはちょっと感心した。
これからご覧になる方、ラストは下手にご注意。勘太郎クンと彌十郎さんが離れているけれど、彌十郎さんに気をとられないように。
「船弁慶」
あんなに苦手だった「船弁慶」が面白いと感じるようになってきた(すっごい進歩じゃない?scissors)。
もちろん、まだ完璧とは言えないけれど、オペラグラスと肉眼で、とメリハリをつけて見たせいか、静の舞も意外と寝ずに見ることができた。勘三郎さんが能面っぽくなく、舞にもまた人間くささが感じられ、それで見やすかったのかもしれない。玉三郎でも菊之助、菊五郎でもダメだったのが勘三郎で開眼かcoldsweats01…。世界陸上を見ていなかったら、今回は絶対寝なかった、と思う(ということは、今回も寝たわけだ、えへbleah

知盛はちょっとコンパクトで、怒り狂った霊というよりは、1人の人間として義経に対峙しているような、これまた人間くささが感じられ、わかりやすい気がした。勘三郎さんは、楷書の演技をすると、とてもいいものがある。
福助さんの義経は、私は初日のほうがよかったな。凛々しさや表情のよさは変わらないんだけど、声が力みすぎな気がする。初日のほうが自然で好きだった。

船弁慶は、演奏もいいね、と生意気にも思えるようになった。長唄にも聞き惚れるし、佳境に入ったときの鳴り物が心に火をつける。そして知盛の引っ込み、幕外での太鼓と笛がたまらない。う~む、ワシも成長したのgood

成長といえば、隼人クンが初日に比べて格段に良くなっていると思った。義経に従って舞台に登場したとたん、「あれ、初日とは違うぞ」という気がした。セリフは少なかったので断言はできないが、歌舞伎の発声が出来るようになったのではないだろうか。子役から中学生時代を経て舞台に戻ってきた役者さんたちは、時としてセリフがどうも、ということがある。歌舞伎に独特の発声法が会得できていないのではないだろうか。ところが先日の「趣向の華」でも思ったが、これは舞台に出続けているうちにいつの間にか習得されていたりする。
人間、現場で鍛えられ育つのである(サッカーも同じよ)。

「船弁慶」、面白かったから千穐楽幕見で見ようか…直前まで迷うなぁ。

|
|

« 見た!! 世界中が興奮した瞬間 | トップページ | 女子走り高跳び »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

船弁慶をもう克服されてしまったようで、スゴイですね~!それだけのメンツでダメだったものが一気に克服とは、やはり勘三郎さんがスゴイのかしら?happy01おめでとうございますshine

今日歌舞伎座へチケットを引き取りに行ったのですが、この蒸し暑さの中13時前で幕見の行列がかなりのものになってました。皆さんの「歌舞伎愛」素晴らしいですワhappy02

投稿: 林檎 | 2009年8月22日 (土) 21時57分

林檎様
ありがとうございます!! でも、今回面白いと思ったのは、たまたまかもしれませんよ~coldsweats01 一番の問題は能仕立の静の舞なんですが、勘三郎さんはとても人間的であまり能のような感じがしなかったせいだと思います。次回、また能風だったら、危ない…

今日は蒸し暑かったですねえ。幕見の列のところには小さな扇風機が何台かあるのですけれど、あの暑さでは気休め程度にしかならなかったのではないでしょうか。その中で歌舞伎を見ようと並ぶ気持ち、歌舞伎ファンとして嬉しいですねhappy01 

投稿: SwingingFujisan | 2009年8月22日 (土) 22時53分

SwingingFujisan様
おはようございます。二度目の「船弁慶」も楽しまれたようで何よりです。「船弁慶」と言えば忘れられないことが一つ。初めてこの演目を見たとき(菊五郎の初役だったと思います)、後シテ知盛があの扮装で足拍子を殆ど踏まないことが疑問だったところ、歌舞伎通の大先輩から「あれは海の上ということと、幽霊で足がないというつもりなんだよ。」と教えてもらい目から鱗でした。
 ところで、昨日は演舞場の石川五右衛門を観劇しました。海老蔵の夏狂言らしいワンマンショウ楽しみました。やはり、最後の宙乗りは興奮しますね。団十郎は本来信長役者ですが、この脚本の秀吉には、よくあっていたと思いました。七之助は若い頃の芝かん、そして玉三郎にますます似てきましたね。役者として一ランクあがった気がします。
 ともあれ、8月に大幹部が出る歌舞伎が二座競演というのは夢のようです。私が見始めたころは、8月歌舞伎座は三波春夫の連続公演でした。(当時は3、6、8、12月は歌舞伎がかかりませんでした。)その頃、Fujisanさんが、今の熱意で、ご覧になられていたら、歌舞伎欠乏症で大変でしたでしょうね。歌舞伎好きにはいい時代になったものです。

投稿: レオン・パパ | 2009年8月23日 (日) 09時05分

レオン・パパ様
おはようございます。
まあ、歌舞伎のかからない月が4カ月もあったのですかshock それは知りませんでした。歌舞伎ファンにとってはさぞ寂しかったことでしょうね。ご推測のとおり、私など耐えられなかったと思います。当時から変わらぬ熱意で歌舞伎ファンでいらっしゃったレオン・パパ様のような方たちに支えられて、今の歌舞伎があるんですね。おかげさまで、毎月楽しい思いができます、ありがとうございます。
「五右衛門」を楽しまれたとのこと、私も嬉しく存じます。配役のバランスもよく、歌舞伎の面白さがたっぷり詰まっていましたよね。
「船弁慶」、なるほど海の上、そして幽霊、言われてみればごもっとも。荒唐無稽、何でもありの歌舞伎でも、押さえるところは押さえているんですね(^^)。

投稿: SwingingFujisan | 2009年8月23日 (日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31049305

この記事へのトラックバック一覧です: 納涼歌舞伎第二部再見:

« 見た!! 世界中が興奮した瞬間 | トップページ | 女子走り高跳び »