« 哀悼、古橋広之進氏 | トップページ | 「蛮幽鬼」発売日 »

2009年8月 4日 (火)

奇想の王国 だまし絵展:仮レポ

723日 奇想の王国 だまし絵展(Bunkamura ザ・ミュージアム)
前から見たかったが、わざわざ渋谷に行くのは億劫と腰が引けていただまし絵展。「桜姫」の後、珍しく直帰しなくてよかったので、見てきた。記録し忘れていて今さらだけれど、自分の記憶のためにもやっぱりざっと残しておくことにしました。ただ、図録を買って記憶を辿るつもりが、「桜姫」のプログラムが高くて、こちらは躊躇してしまい、もう日も経ったことだし、正確な記録はできないかも。ということで仮レポとしておきます。

え~、そもそも「だまし絵」というとエッシャーの不思議な絵とかアルチンボルトのかの有名な「ウェルトゥムヌス2世」とか、額から飛び出して本物のように見える絵とか、その程度の知識しかなかった私、さまざまなだまし絵を見て、「へ~、これのどこがだまし絵なの?」とよく理解できない作品もあった。
しかし一番有名であろう「ウェルトゥムヌス2世」の本物が見られたのはちょっと感激である。しかも、この絵のどこに何の果物が描かれているかという細かい設計図(?)のようなものが展示されていたのに驚いた。どんなにか大変な作業だったろう。
横長の、一見何が描かれているのかわからない「フェルディナント1世」(エアハルト・シェーン)。これは右だか左だか忘れたけれど、真横から見ると人物画になっていることがわかる。また、真ん中に棒状の鏡を立てて、そこに写して見る絵画は日本のだまし絵。歌川国芳の「みかけはこはゐがとんだいゝひとだ」は、さまざまな人物像を組み合わせて1人の人の顔を作っている。何かにしがみつくように後ろ向きになっている人の背中からお尻にかけてが鼻になっているのがグロテスクなおかしさがある。
楽しかったのは影絵である。手でつくる影絵ではなく、人がその形になっている。日本のだまし絵なんていうのは初めて見た(絵そのものは見ている可能性はあるが、いわゆる「だまし絵」というジャンル分けされたものをそれと意識して見る、という意味で)。

終わりのほうに、建物が動いて見えるという、ちょっと酔ってしまいそうな絵があった(タイトルは残念ながら忘れてしまった)。思わず見入って、その仕組みを調べたら、建物の凸面と凹面のどちらかに焦点を合わせると絵が揺れて見えて、その反対に焦点を合わせると、安定して見えるのではないかということがわかった。
そうそう、本城直季の「small planet」は、今あちこちで話題になっているようで、本物の町を撮影しながらミニチュアのように見えるという不思議な写真。こんなの、私も撮ってみたい。


う~ん、この程度の記録では全然ダメだ。これはもう一度じっくり見に行ったほうがいい。芝居のあとにそそくさと見ようなんていうのが間違っていたのかもしれない。何とかスケジュールを組んで、見直してきたい。そうする価値は十分あると思う。でも、仮レポのまま終わっちゃったら、ごめんなさい。

|

« 哀悼、古橋広之進氏 | トップページ | 「蛮幽鬼」発売日 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

あら、私は日曜ソワレで桜姫を見に行ったとき、その前に・・・と思ったら、待ち時間がすごくてあっさり諦めてしまったんですよ。えっ、そんなに混んでるんですか、みたいな感じで(ほら、そういう覚悟が全くなかったから)。
「だまし絵」じたいには、なんか一時ずいぶんハマったことがあったのですが(本の中で)、それは遠い昔、というところ。会期はあともう少しあるんでしたっけ。うーん、やっぱり行きたくなりました。

投稿: きびだんご | 2009年8月 5日 (水) 00時42分

きびだんご様
日曜日だったから混んでいたのかもしれませんね。この展覧会、案外(なんて言ったら失礼か…私もその程度の認識しかなくて。「そんなに混んでいるんですか」ってっていうの同感です)作品が優れているらしいです。
もう一度行くにしても、会期(たしか8月16日まで)の終わり近くになると並びそうだなあdespair そういえば、何年か前、バーンズコレクションを見るのに朝8時前から並びましたっけ。若かったわ、まだ。
「奇想の王国」はお勧めです。お時間があれば是非(私も渋谷じゃなかったら、すぐにでも行くんだけど…)。

投稿: SwingingFujisan | 2009年8月 5日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/30828783

この記事へのトラックバック一覧です: 奇想の王国 だまし絵展:仮レポ:

» 古橋広之進 噂 [衝撃!ニュースダイジェスト]
古橋氏の功績しのぶ=日体協会長20 日本体育協会の森喜朗会長は3日、日本水泳連盟の古橋広之進名誉会長が死去したことを受け「戦後間もない時期における古橋先生のご活躍は国民に生きる力と勇気を与え、現役引退後は日本の競技水準の向上に多大な尽力をされた」と故人の功績をしのぶコメントを発表した。 ...[記事全文] 【世界水泳】古賀「古橋さんの『日本人らしさ』受け継いで泳ぐ」21 &... [続きを読む]

受信: 2009年8月 4日 (火) 15時51分

« 哀悼、古橋広之進氏 | トップページ | 「蛮幽鬼」発売日 »