« 朝のノスタルジー | トップページ | 九月大歌舞伎夜の部・2 »

2009年9月27日 (日)

九月大歌舞伎夜の部・1

926日 九月大歌舞伎千穐楽夜の部(歌舞伎座)
09092701sensyuraku

初日以来の歌舞伎。こんなに間があいたのはここ何年かで初めてだと思う。
先に結論を言えば、歌舞伎座で見る歌舞伎はやっぱりいい、歌舞伎は落ち着く、歌舞伎座で歌舞伎を見るのが好きだheart01
「浮世柄比翼稲妻」
09092702sayaate 鞘当
初見である。浅葱幕が振り落とされると、そこは花の吉原。どこからか謎の微笑みを含んだ八ツ橋太夫が現れそうだ、なんて思っていたら、茶屋廻りの金棒引き(吉之助、菊史郎)が花道と上手からじゃ~んというのかちゃり~んというのか、その音と姿で吉原気分がもりあがる。
金棒引きが引っ込むと、花道から不破伴左衛門(松緑)が、上手から名古屋山三(染五郎)が登場する。吉原に歌舞伎座をかけた渡り台詞が楽しい。松緑さんの「(どちらも)入れば極楽浄土」という台詞にはうんうんと頷く(吉原は女性にとっては地獄でも、男性にとっては極楽浄土だったんでしょう)。
不破は荒事風、山三は和事風と言えるのだろう。2人とも指の先までそれぞれその風味が出ており、松緑さんの指の反りは力強く、染五郎さんはやわらかであった。松緑さんの立ち姿は実に凛々しく美しく、敵役であってもそのカッコよさは見ていて気持ちがよい。
2
人がすれ違う時、刀の小尻(鞘尻)がぶつかり合っていさかいになる。「鞘当」とはこの芝居を語源としているのそうだ。あとで広辞苑を引いたら、たしかにそう書いてあった。
2
人のケンカに割って入るお京(芝雀)がきりっとカッコいい。歌舞伎座さよなら公演と大南北の180年、その年にこんなケンカを見たら、止めないわけにはいかないよ、というわけ。
松緑さんと染五郎さんは姿かたちは美しかったが、全体として見ると大きさやメリハリが感じられないのが残念。芝雀さんが出てくるとその小粒感や平板感がよりはっきりするようであった。
09092703suzugamori_2 鈴ヶ森
これを見るのは3度目らしい。というのも、初回は山左衛門(仲一郎)さんの襲名披露だったこと、2回目は権八が芝翫さんだったことが強く印象に残っており、この2回がごっちゃになって、これまで1回しか見たことがないように思っていた。
この芝居の楽しさは雲助との立ち回りにある。いかにも歌舞伎らしい小道具を使って、残酷なシーンを笑いに変えてしまう。座頭(目をつぶされたのだろうか)、半面斬り、腕斬り、足斬り、尻斬り、鼻そぎ、すくみ等、文字にするだに恐ろしい斬り方だが、さすが歌舞伎である。雲助の中では橘太郎さんの存在感が図抜けていた(橘太郎贔屓だからそう思ったのかな)。家橘、由次郎、桂三といった役者がばっちい雲助になって立ち回りを見せるのも趣向だ。
しかし何と言っても、この芝居は吉右衛門さんの長兵衛に尽きる。「幡随長兵衛」の時もそうだったが、まさに男の中の男、大きさといい、かっこよさといい、ほんと惚れてしまうわshine
吉右衛門さんのお顔、お父様の白鸚さんによく似てきたなあとしみじみ思った。
梅玉さんも前髪立の若衆姿がよく似合い、若々しく美しかった。

|

« 朝のノスタルジー | トップページ | 九月大歌舞伎夜の部・2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

鞘当は両花道で観たい芝居ですね。
ご指摘のように播磨屋と高砂屋は素敵でした。
9月の播磨屋さんの昼夜4役の中では長兵衛が私の中では一番だったと思います。

投稿: うかれ坊主 | 2009年9月29日 (火) 19時54分

うかれ坊主様
こんばんわ。コメントありがとうございます。
「鞘当」は確かに両花道で見たい芝居でした。初見でしたのでわかりませんが、通常は両花道になるのでしょうか。歌舞伎座建替えで経費節減したのかな、なんて穿った見方をしたりして…smile

吉右衛門さんの長兵衛、見事な男っぷりでしたねえ。本物の長兵衛もかくやあらん。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月29日 (火) 22時54分

「吉野川」や「野崎村」のようなお芝居は別として、多くの場合には仮花道を設けずに上演しますので、今回のように上手から登場が多いですね。御所五郎蔵と土右衛門などもできれば両花道で観たいお芝居です。
ですので、12月から4月までにひと月間は(客席が減って松竹さん困るかもしれませんが)両花道で、「吉野川」「野崎村」「御所五郎蔵」をまとめて上演して欲しいです。まださよなら公演でかかっていないので期待したいところ。
現歌舞伎座での演目発表の楽しみもあと5回のみとなったわけですね。淋しさもつのります。

投稿: うかれ坊主 | 2009年10月 1日 (木) 00時07分

うかれ坊主様
教えてくださってありがとうございます。
「野崎村」は私も両花道で見たことがあります。「吉野川」も両花道だったんでしたっけ。見たはずなのに、川のセットの素晴らしさばかりが印象に残り、花道のことは忘れておりました。
1カ月の両花道公演、いいですね。それ、是非やってほしいと思います。客席は減りますが、お客は喜ぶでしょう。

ほんと、淋しいですね。1カ月が終わると、ああまた4月に近づいているんだなあとしみじみ思います。

投稿: SwingingFujisan | 2009年10月 1日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31537544

この記事へのトラックバック一覧です: 九月大歌舞伎夜の部・1:

« 朝のノスタルジー | トップページ | 九月大歌舞伎夜の部・2 »