« 今ごろ「ムサシ」? | トップページ | 甦る勝利の味 »

2009年9月12日 (土)

11月仮名手本、配役

いつもコメントをくださるレオン・パパ様から、11月歌舞伎座の配役についてお知らせをいただきました。ありがとうございます。
早速、ここに転載させていただきます。やっぱり~と思う配役あり、「おおっ」と思う配役あり、後でゆっくり自分の予想と合わせる楽しみに浸ろうと思いますsmile

大序、三段目

塩冶判官(勘三郎)、高師直(富十郎)、顔世御前(魁春)、桃井若狭之助(梅玉)
四段目
大星由良之助(幸四郎)、石堂右馬之丞(仁左衛門)、薬師寺次郎左衛門(段四郎)、大星力弥(孝太郎)
道行
早野勘平(菊五郎)、お軽(時蔵)、鷺坂伴内は未定
五、六段目
早野勘平(菊五郎)、お軽(時蔵)、一文字屋お才(芝翫)、斧定九郎(梅玉)、判人源六(左団次)、おかや(東蔵)、千崎弥五郎(権十郎)、不破数右衛門(段四郎)
七段目
大星由良之助(仁左衛門)、お軽(福助)、寺岡平右衛門(幸四郎)、大星力弥は未定
討入り
小林平八郎(歌昇)、服部逸郎(梅玉)、?竹森喜多八(錦之助)*

*はなみずき様のところにアップされた配役入り大間の看板の写真から、錦之助さんのお役は、うかれ坊主さまの予想どおり竹森喜多八と思われますので、そのように入れておきます。皆様、ありがとうございます。
★レオン・パパ様からの新たなコメントにより、配役追記しました。ついでに、役名はフルネームに直しましたcoldsweats01(お軽って、「おかる」という表記の時もあり、どちらなんでしょうね)

|
|

« 今ごろ「ムサシ」? | トップページ | 甦る勝利の味 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

道行の伴内は権十郎さんではないでしょうかね。
高麗屋の平右衛門とはびっくりでしたね。足軽に見えるのかしらん。
由良助は予想が当たってほっとしました。松嶋屋と高麗屋がそれぞれに付き合う形ですね。
お才と顔世は予想が逆になりました。神谷町のお才で萬屋さん緊張しなければ良いですが・・・道行と六段目のお軽が拝見できて嬉しいです。
錦之助さんは竹森喜多八ではないでしょうか。歌昇さんとの従兄弟同士の立ち回りになりそうな気が致します。
七段目の力弥も孝太郎さんでしょうか?もう少しよいお役を付けたかったですね。
勘三郎さんは昼の部だけになるかもしれませんね。音羽屋さんがいらっしゃたら勘平は譲るしかないですよね。もっとも判官ができるだけでも勘三郎さんのお立場(序列というか)が上がったということも言えるのでしょう。

投稿: うかれ坊主 | 2009年9月12日 (土) 19時40分

うかれ坊主様
顔見世の豪華な出演者ですから、配役には苦心があったことでしょうね。勘三郎さんの判官は平成中村座でとてもよかったので、歌舞伎座でも見られるのは嬉しいことです。
平右衛門ねえ、たしかに足軽に見えるのかしらという懸念はありますが、それなりに楽しみにも思います。
由良之助は見事にうかれ坊主様の予想通りでしたね。
力弥はちょっと意外でした。
錦之助さんが竹森という予想、当たってほしいですわ~。歌昇さんとの立ち回りはぜひ見たいと思いますもの!!
時蔵さん、そんなに緊張してしまうでしょうか。萬屋ファンとしては、ドキドキものです。
大間の看板に出ていた名前でここにないのは権十郎さんだけですね。となると、おっしゃるとおり、伴内かも。
配役の話って、決まってからも盛り上がりますねえ。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月12日 (土) 22時25分

SwingingFujisan様
たびたび すみません。配役の追加です。
六段目 千崎(権十郎)、不破(段四郎)だったと思います。(はなみずきさんの画面でもそのように見えます)小出しで申し訳ありませんでした。
ついでに、七段目の力弥は孝太郎のご長男ではないですかね。幹部役者ではないので、名前をあげないのかと思いました。

投稿: レオン・パパ | 2009年9月13日 (日) 06時24分

レオン・パパ様
ご丁寧にありがとうございます!! 錦之助さんのところしか見ませんでした (^-^;
おかげさまで追記いたしました。
七段目の力弥が千之助クンだとしたら、親子での力弥競演、面白い趣向になりますね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月13日 (日) 10時33分

SwingingFujisanさま☆こんばんは~♪
配役が発表されて、ますます11月の予定(+予算)悩みますね~><
去年の平成中村座は仁左サマにメロメロになり、中毒のようにフラフラと通ってしまいましたが
や~ん♪演舞場も通いたい~♪♪♪
そしてさよなら公演はまだまだ続く…(涙)
本気で悩んでいます~

投稿: 七子 | 2009年9月13日 (日) 19時49分

七子様
こんばんは。
平成中村座の仁左様、ぞくぞくするような見事な大星でしたね。今でも判官の切腹刀を手に体を震わせていた仁左様を忘れることができません。
七子様が通ってしまわれたお気持ち、わかります。
あれから1年、また仮名手本でさまざまな感動の場面が繰り広げられるんですものね。
今のところ、歌舞伎座のほかに10月は国立、11月は国立に演舞場、12月も国立、そして私の大本命1月国立と浅草…お互い、悩ましいことですね~。でも嬉しい悩みでもありますわ~smile

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月13日 (日) 21時11分

錦之助さんは竹森喜多八でしたよ。13日に歌舞伎座に行って確認しました。
時蔵さんは緊張なんてしないと思います。只、お才はおかるを「買い」に来たわけで、品定めをされる立場ですのでそういう感じも必要かなぁと思いました。
師直も予想があたりましたが、喧嘩場の富十郎丈のお膝の具合が少し心配です。
判人源六は脇の役者が演じて欲しいですね。音羽屋さんの勘平なので松太郎さんとか菊十郎さんで。六段目の配役を見ていると大看板ばかりで「めまい」がしそうです。めっぽう弥八・種子島の六・狸の角兵衛の配役まで気になってしまいます。
お才も我童さんや宗十郎さんの名演技が今でも目に残りますが、芝翫丈では役者が大き過ぎるような気も致します。

投稿: うかれ坊主 | 2009年9月14日 (月) 20時49分

うかれ坊主様
ありがとうございます。錦之助さんはうかれ坊主様の予想どおりでしたね。これで歌昇さんとのキレのいい(と思われる)立ち回りがとても楽しみになってきました。
おかるとお才の関係、そうでした。おかるについては、勘平との関係にばかり注意がいってしまい、品定めされる立場であることをすっかり忘れていました。
判人源六、左團次さんではたしかに立派すぎるかもしれませんね。さすが最後の顔見世ですか。超豪華な六段目、菊十郎さんや松太郎さんは猟師3人組でしょうか。松之助さんもあたりもいかがでしょう。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月14日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31345908

この記事へのトラックバック一覧です: 11月仮名手本、配役:

« 今ごろ「ムサシ」? | トップページ | 甦る勝利の味 »