« 松也クン情報2件 | トップページ | 介護雑感 »

2009年9月23日 (水)

来年のことで頭を悩ますの記

来年1月24日~2月7日、東京芸術劇場:ミュージカル「蜘蛛女のキス」(石井一老、浦井健治、金志賢、辻本知彦、今井朋彦、田村雄一)
同じく来年3月、ル・テアトル銀座:「変身」(森山未來)

来年の予定なんてまだ全然わからないけれど、さいたま芸術劇場の「ヘンリー6世」のほかに、この2つは絶対押さえておきたい。
「蜘蛛女のキス」はぴあもe-plusもプレリザーブ期間中なんだけど、手数料とか配送料とかで1000円以上もかかるのがネック。10月18日の一般販売まで待つことにしようか、それともプレリザーブで安心しておいたほうがいいのか(もちろん、はずれる可能性もあるけど)。ケチな悩みではある。

っていうか、もう来年の予定を立てなくてはいけないなんて、早すぎる。もっとも、もう来年のカレンダーも出ているものなぁ。
現時点で、歌舞伎を除いた一番先の観劇予定は、キャラメルボックス「サンタクロースが歌ってくれた」(公演は来年12月でしょう、多分)。上川隆也・近江谷太朗出演。上川さん、この7月にキャラメルを退団していたらしい。知らなかったゎweep

|
|

« 松也クン情報2件 | トップページ | 介護雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「変身」は全く知りませんでしたっ(「ヘンリー6世」もキャストなどは知らず、ただ来年・蜷川・ヘンリーⅥということだけインプットしてたんです)。
「蜘蛛女のキス」、ミュージカルですか。今井朋彦さんがすごく好きなのですが行くかどうかは微妙・・・。東京芸術劇場のチケットセンターでもOKな感じがしますけれど、どうでしょうねぇ。プレリザーブの手数料、ケチな悩みなんかじゃありませんよ!! 東京芸術劇場ももう少しメルマガや友の会組織みたいなのを、ちゃんとしてくれたらなぁ。これからに期待、ですかね。

投稿: きびだんご | 2009年9月24日 (木) 08時49分

きびだんご様
「変身」はたまたま昨日コクーンのHPを見たら、速報が出ていました。未來クンは今、天王洲で「女殺油地獄」をベースにした芝居に出演中ですね。
「蜘蛛女」は昔映画を見ていたく感動したので、行くつもりです。舞台だとストレートプレイよりミュージカルのほうが見やすいかなという気もするし、又々言うようですが、浦井健治クンだし(「アルジャーノン」も浦井クンのミュージカルがとてもよかった)。
一般発売日にどこかのぴあへ行くつもりでしたが、交通費や時間を考えると、プレリザーブの手数料も仕方ないのかなと思う反面、チケットも高いのに、それに上乗せは厳しい(ケチじゃないとのこと、安心しましたhappy01)。やっぱり東京芸術劇場のチケットサイトがベストな選択でしょうね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月24日 (木) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31495211

この記事へのトラックバック一覧です: 来年のことで頭を悩ますの記:

« 松也クン情報2件 | トップページ | 介護雑感 »