« 顔見世演目 | トップページ | たっぷりな九月昼の部初日・1 »

2009年9月 3日 (木)

修験者亀鶴さんについて思い出したこと

今、突然思い出したんだけど、近松座の「連獅子」で、たしか亀鶴さん、「ぼろろんぼろろん」と言っていた。「ぼろろんぼろろん」といえば、「天守物語」は朱の盤坊じゃない(朱の盤坊も修験者?)。そんなことを思い出して楽しかった。
もう一つ、今日(2日)竜馬のくしゃみを見て、亀鶴さんがくしゃみをしていたのを思い出した。勘十郎さんに稽古をつけてもらっているとき、宗家(勘十郎さん)がくしゃみをしたんですって。亀鶴さんはそれを振りだと思ってまねをしたんだけど、宗家のくしゃみは本物だった。「でもそれが面白い振りになりそうなんですよ。歌舞伎の型って意外なところから生まれるのかもしれませんね」というエピソードをプログラムを先に読んでいたので、ああ、あれがそのくしゃみね、とにんまりしたことを、感想に書くのを忘れていた。竜馬のくしゃみに、そうだ、と思い出したわけcoldsweats01
初日の感想は後ほど。

|
|

« 顔見世演目 | トップページ | たっぷりな九月昼の部初日・1 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31213889

この記事へのトラックバック一覧です: 修験者亀鶴さんについて思い出したこと:

« 顔見世演目 | トップページ | たっぷりな九月昼の部初日・1 »