« 小五郎ショック・2 | トップページ | 10時にすべきこと »

2009年9月19日 (土)

天上よりの使者?

09091901higanbana
毎年、気がつくと庭に顔を出している彼岸花。まさに、あ~そろそろお彼岸なんだわと思わせられる。

タイトルの「天上よりの使者?」は、彼岸花=曼珠沙華が「天上の花」という意味ももっている(Wikipedia)、というところからいただきましたhappy01 

ところで、明日は演舞場発売日。今から緊張する。今、何となくWeb松竹を覗いてみたら、販売中の東京の劇場の一覧がずいぶんスッキリしていて驚いた(歌舞伎ミーハー日記のカテ、たったこれだけでごめんなさい)。

|
|

« 小五郎ショック・2 | トップページ | 10時にすべきこと »

写真」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私も今日、お墓参りに行き、彼岸花に癒されてきましたので、こちらでもう1度彼岸花を拝見でき、嬉しゅうございます。形といい、色といい、素敵なお花ですよね~。(彼岸花を描いたような帯が欲しいな~と思ってしまいます。ちょっと上級者向きの帯になっちゃいそうですかね。) こんな素敵なお花が咲くお庭、いいですね~!!

投稿: はなみずき | 2009年9月19日 (土) 20時11分

はなみずき様
ありがとうございます。
彼岸花って不思議なお花ですよねぇ。不吉だと言われることもありますが、しみじみ眺めていると、そう、確かに癒されます。天上の花という意味もある、というのはこのたび初めて知りましたが、それがわかるような気がします。
彼岸花の帯、素敵!! きっとお似合いです。それでお墓参りをなさったらご先祖様もお喜びになりそう。ぜひ(なんて、けしかけちゃいました)。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月19日 (土) 20時35分

ほんとに彼岸花とは、よくも名付けたり、ですね。私は明日、お墓参りに行ってきまーす。
ちょうど今日、歌舞伎座で「勧進帳」を見てきたので、吉右衛門が大好きだった義母に報告できます。あー、なんかちょっと悲しくなっちゃった。直接、話ができる実家の両親に、もっと会わなきゃダメですね。お彼岸って、そんなことも考えさせられる時、なんでしょうか。

演舞場の発売!! いつ見に行くか、まだ決められないでいます。11月は、歌舞伎とヘンリー六世で、目が回りそう。

投稿: きびだんご | 2009年9月20日 (日) 00時22分

きびだんご様
お義母様に吉右衛門さんのお話をされたら、どんなにお喜びになるでしょう。亡くなってからもできる親孝行ですね。
ご実家が遠いとなかなかお会いになったりお話したりする機会を作るのはむずかしいでしょうに、きびだんご様はよくやっていらっしゃると思います。でも、ご自身の中で後悔のないようになさってくださいね。
お彼岸は、しみじみとそういうことを考えさせるのかもしれませんね。

ヘンリー6世、浦井健治クンが出るので見たかったのですが…9時間でしたっけ。レポ、よろしくお願いしますね。お仕事もお忙しいでしょうから、しっかり体力をつけてくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年9月20日 (日) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31439277

この記事へのトラックバック一覧です: 天上よりの使者?:

« 小五郎ショック・2 | トップページ | 10時にすべきこと »