« 歌舞伎関係TV番組 | トップページ | 乱歩115歳の誕生日 »

2009年10月20日 (火)

生きていてこそ

玉三郎さんが第57回菊池寛賞を受けられることになった。おめでとうございます。受賞理由のひとつが、「海神別荘」「天守物語」の決定版ともいえる舞台を作り上げたことだそうだ。
こういうニュースを知ると、自分がその舞台を二度も三度も見たことがとても誇らしくなる。生きている歌舞伎を見ることのできる喜びを感じる。少なくともあと20年は、舞台を見られる程度の健康を保って生きていたいと思う。
そう思うと、先日の加藤和彦ショックが甦ってきてつらくなる。昨日の葬儀には猿之助さんも参列されたそうだ。
「池上線」といい、ちょっとノスタルジーに浸っている私は昨夜、西島三重子とフォークルの1人コンサートで「喜びも悲しみも生きていてこそ」と、加藤和彦さんの冥福を祈ったのでありました。

|

« 歌舞伎関係TV番組 | トップページ | 乱歩115歳の誕生日 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

わぁ~~~い!!
玉様、おめでとうございます!!
Swinging Fujisan様が前に言っていたように正に「稀有な役者さん」ですから、今後もどんな世界を見せてくれるのか益々楽しみshine

私も、いくつになっても歌舞伎を見ていたいなぁ。。。
若いお客さんに「昔の歌舞伎座(現・歌舞伎座)にもよく行ったのよ~鯛焼きが美味しくてね~」なんて話したりして。もちろん海老蔵や亀ちゃん、勘太郎さんの子供達が若手で活躍してて。。。金太郎くんや大河くんも!

何世代もを見ていけるって、本当に歌舞伎の醍醐味のひとつだしワクワクしますよね♪
その為にもお互いシッカリ健康管理ですねhappy01

投稿: 林檎 | 2009年10月21日 (水) 00時15分

林檎様
こちらにもありがとうございます!!

既に色々な賞を受けられていらっしゃっても、自分も感動したお芝居で受賞というのは嬉しいものですね。いつまでも若々しく美しく、次々と新しいものに挑戦していく玉三郎さんの姿勢は、見習いたいものだと改めて思いました。

林檎様のようなお若い世代は、ここ数年で初お目見えをしたり初舞台を踏んだりした幼い役者さんたちのお子さんまでご覧になれますね。私には逆に、この役者さんたちが上からの世代の最後になりますが、3代、4代と継承する「家」を見られるのは本当に素晴らしいことだと思います。
もっと年をとってから「あの時の○○の芝居はすごかった」とか「△△の初舞台を見た」とか、自分の中でも自慢になりますよね。
健康でいましょうね。

鯛焼き屋さんは新しい歌舞伎座にも入るのかしら。あのあんこの香りは私には歌舞伎座3階の代名詞みたいなもので、歌舞伎座が新しくなってもぜひ廊下に流れてほしいと切望しています。

投稿: SwingingFujisan | 2009年10月21日 (水) 09時00分

そ、そんなに若くないんですよ〜(小さな声sweat02

私も鯛焼き屋さん是非残してほしいです〜!あと人形焼きやきんつばを焼いてる職人さん達もnotes
歌舞伎座で売ってる写真集には隅から隅まで写ってるはずなのに鯛焼き屋さんが載ってなくてガッカリしました。あんなに人気なのに〜weep

投稿: 林檎 | 2009年10月23日 (金) 13時05分

林檎様
いえいえ、私からすればとてもお若く感じますよ~。

歌舞伎座の写真集、そういえば売店は入っていませんでしたね。何か問題あるのかな。鯛焼き屋さんをはじめとして、お馴染みの売店も写真集に残してほしかったですね。歌舞伎座には欠かせない雰囲気ですものね。

芋餡の入ったワッフル、今日見つけたので「あっ」と思いましたが、400円もしたので、躊躇してしまいましたcoldsweats01 この前2300円のプログラム買っちゃったし、今日はケチっておこう、なんて…bearing 月が替わる来月にはいただいてみようかしら。

レス、遅くなってごめんなさい。

投稿: SwingingFujisan | 2009年10月24日 (土) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31858331

この記事へのトラックバック一覧です: 生きていてこそ:

« 歌舞伎関係TV番組 | トップページ | 乱歩115歳の誕生日 »