« 「組曲 虐殺」に思う | トップページ | unbelievable!!! »

2009年10月11日 (日)

キリで思う多喜二

昼間、台風で壊れた車庫の補修&補強をする息子を手伝った。何しろ安あがり手作り車庫だから、屋根はプラスチックの波板、壁もプラスチックの板を何枚か並べたもの。その壁を固定するのにキリで穴を開け、バンドを通す。
その手伝いをしたのだが、キリが裏側からこちらへ向かってきて、うっかりしていると指を刺す。キリっと痛みが走った瞬間、多喜二を思い出した。全身20カ所もキリで刺された多喜二。先端がちょっと皮膚に当たっただけで鋭い痛みを感じる私。
カーテンコールで井上芳雄が元気な姿を見せ、多喜二は死んでも井上クンは生きている、とほっとしたのに、又つらくなってきた。私は完全にノンポリだけど、人間としてつらくなっている。又現実逃避したくなってきた。早く、ほかのこと考えよう。

|
|

« 「組曲 虐殺」に思う | トップページ | unbelievable!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/31741359

この記事へのトラックバック一覧です: キリで思う多喜二:

« 「組曲 虐殺」に思う | トップページ | unbelievable!!! »