« 迷ってよかった演舞場チケット | トップページ | 見ごたえあった国立劇場・2 »

2009年11月21日 (土)

見ごたえあった国立劇場・1

1119日 「外郎売・傾城反魂香・大津絵道成寺」(国立劇場大劇場)
期待に違わず見ごたえがある3演目であった。團十郎ワールドの「外郎売」、藤十郎ワールドの「大津絵道成寺」、そして2人が夫婦になった「傾城反魂香」、考えてみれば贅沢な組み合わせである。
「外郎売」
こういう対面モノでは役者の大きさというものを考えさせられる。ただ並んでいるように見えるのに、絶対的に大きさというものが現れるのが面白い。
外郎売りは名前をきかれて詰まり、やがて「私の名は…十二代目市川團十郎にござりまする」と答える。もちろん、ここで大きな拍手。そしてここでも(というのは、歌舞伎座でも入るから)東西声が入って團十郎としての口上が始まる。今年は1月に歌舞伎十八番の内「象引」で復帰し、今年の締めに同じ十八番の内「外郎売」をご覧に入れる。という口上を聞いて、ああそうだった、團十郎さん今年は3月の大石、5月の毛剃、8月の秀吉と大活躍、本当にお元気になられてよかったなあと感慨深い思いがした。
過日のニュース番組で團十郎さんが白血病患者さんたちを招待されたことが紹介されたが、私も舞台を実際に見て、患者さんたちがどれだけ勇気付けられたことだろうと実感するとともに、いたく感動した。
ところで、国立では必ず台本を買うようにしているが、普段は芝居を見ている間は台本は閉じている。でも、今回は早口言葉の中身を知りたくて、台本を目でなぞってみた。ところが、舞台も見たいわけだし、ちょっとそっちを見ると、もうどの辺を言っているのかわからなくなる。見事な早口に普通に聞いている以上に「すげぇ」と思いました。足の親指もずっと立っていたし。
豆知識:その昔、公家は1日中烏帽子をかぶっていた。そのため頭がむれて汗臭くなる(うむうむ、さぞや)。そこでにおい消しとして「外郎」が活躍した。時代が変わって烏帽子が流行らなくなってからは、口臭消しとして使われたのだそうだ。昔も口臭は嫌われたのだなあ。

|

« 迷ってよかった演舞場チケット | トップページ | 見ごたえあった国立劇場・2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

本日見てまいりました~♪
やはり荒事は「でっけぇぇぇ~~~~」團十郎さんですね!
外郎売の絵本が売っていたので思わず購入。これ言えないですよね~

これを見たくて行ったようなものだったのですが、又平が朴訥としていて非常に良かったですね!お芝居だというのに本当に辛い気持ちになって途中で見ているのがちょっとキツくなってしまったので、最後名字を許された時には本当に嬉しかった~happy02
それからは又平がスキップをするたんびに笑いが沢山起こってほのぼの。
扇雀さんの雅楽之助も男っぽくって意外に良かったです。

続く大津絵道成寺も華やかで早変わりもとっても早くてあのお年で大したものですね~。
人間国宝三人の共演に私も感動しました。
一巴太夫さんの眉毛とってもキュートcatface

そうそう、亀鶴さんはすっかりお元気なようで良かったですね~。
弁慶とってもオチャメでしたnote

投稿: 林檎 | 2009年11月23日 (月) 21時20分

林檎様
こちらにもありがとうございます。
團十郎さんの開放的な大きさは稀有なものだと思います。絵本でも楽しんでくださいね(^^) 
團十郎さんも、見事な早口の後はども又ですから面白い役の組み合わせですね。團十郎さんの又平があんなにいいとは思いませんでした。荒事ばかりでなく、こういうお役ももっと見てみたくなりました。
雅楽之助の扇雀さんは、お顔が翫雀さんに似ている~と思いました(普段はあまり似ていると思わないんですが)。
人間国宝のみなさん、若者に負けないパワーをお持ちですよね。現役として舞台に出続けることがお元気の源なんでしょう。
亀鶴さんも、修理之助と弁慶というがらりと違う役をこなす力があるのですから、いいお役がもっとまわってくるといいのに。

投稿: SwingingFujisan | 2009年11月24日 (火) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/32294677

この記事へのトラックバック一覧です: 見ごたえあった国立劇場・1:

« 迷ってよかった演舞場チケット | トップページ | 見ごたえあった国立劇場・2 »