« 仮名手本忠臣蔵夜の部・1 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵夜の部・3 »

2009年11月24日 (火)

仮名手本忠臣蔵夜の部・2

1123日 顔見世大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
09112402rokudanme 「六段目」
六段目も何回も見ている割には、勘平とおかやにばかり目がいきがちで、他の登場人物の感情などがどうもはっきりつかめなかったのだが、今回は一応納得できた、と思う。
一文字屋お才は芝翫さんが筋書きの「花競木挽賑」で「粋も不粋も、世の中のことをよく噛み分けた女性。だからといってそんなに深く追求するという役でもない」と語っているが、まさにそんな感じであった。立ち姿にもどっしりと座っている姿にも、廓の女将としての風情が漂っていた。
これまで一番わからなかったのが判人源六(このあたりでいつもウトウトしていたのかもしれない)だったが、今回は面白かった。いかにも女衒らしく、商売物の女や家族をなだめすかしたかと思うと本性を現してスゴんでみたり。でもお才には頭が上がらないし、ちょっと憎めないところもある。左團次さんが軽味をもって源六という人物を見せていた。
おかや(東蔵)はかなり感情が激しく出ていて、ちょっとくたびれるが、それはそれで気持ちがよくわかる。
おかる(時蔵)。いつも、おかるが案外あっさり駕籠に乗るのが納得いかないでいたが、決してあっさりではないことが今回よくわかった。危うく顔を見ないまま別れるところであった夫が帰宅して、いそいそと身支度を整えてやる嬉しさ、別れの嘆き悲しみ、それを断ち切って自ら駕籠に乗る気持ちが切ない。時さま、ほんとスリムになったなあ。
勘平のおかるに対する愛情もあらためて確認されたのがよかった。どうしてもおかるのほうがおネツで、勘平の未だ後ろめたい気持ちに時々おかるが気の毒になったものだが、そういう後悔は後悔として、おかるへの愛情があったことに安心した。勘平の最期は、ぐいっと一気に感情の高まりへ引き上げられるのでなく、自然な悲しみが湧いてくるという感じであった。
千崎は五段目同様、友情に深い様子が見て取れた。そして秀逸だったのが段四郎さんの不破数右衛門であった。存在感も十分あったし、心底にある温かみが感じられた。

|
|

« 仮名手本忠臣蔵夜の部・1 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵夜の部・3 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/32340182

この記事へのトラックバック一覧です: 仮名手本忠臣蔵夜の部・2:

« 仮名手本忠臣蔵夜の部・1 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵夜の部・3 »