« 仮名手本忠臣蔵夜の部・2 | トップページ | 町はもうクリスマス気分 »

2009年11月24日 (火)

仮名手本忠臣蔵夜の部・3

1123日 顔見世大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
09112403nanadanme 「七段目」
今回の七段目、見立てはなし。
さて、幸四郎さんの平右衛門、評判どおり、とてもよかった。とにかく立派さが目立つ幸四郎さんだから、見た目は間違いなく立派なんだけど(仁左様の平右衛門だって、見た目は立派だった)、討入に加わりたくても身分の低さが邪魔する悲哀や必死さ、おかるとのやりとりが自然で、全然違和感なかった。正直、昼の部の大星よりずっと好きだ。
福助さんのおかるは、はっと息を呑むほどきれい。それなのに、受け入れにくい表情が福助さんにはある。以前は口の動きが好きでなかったのだが、最近はそれに加えて目つきが気になって仕方ない。妙にきょとんとしてみせたり妙ににったりしてみせるから、がっかりしてしまう。おかるはたしかに単純な女である。あまりお利口とも思えない。そういう意味ではそんな演技もいいのかもしれないが、ひたすらに勘平を思う一途な可愛らしさ哀れさも時々逆効果に思えてしまうのは私だけか。筋書きの写真の最初の姿なんか憂いを含んで、とてもいいのになぁ。
仁左様の大星は素敵素敵。本心を隠して酔い呆け遊び呆ける大星が隠している本心を見せる時の厳しい顔、そして再びさっと仮面をかぶるその変化が見事で、目が離せない。とくに斧九太夫に生臭物を勧められた時の鋭い眼光。一瞬のその眼光をすぐにへらへらとした笑いで隠すその心持にじ~んときた。そして、最後におかるに手を貸して九太夫を突き刺し、これまでの怒りをぶつける場面。仁左様の真骨頂である。胸が熱くなり、手に力が入った。
平右衛門が、酔って寝込んだ大星のために布団と枕を持ってこさせる場面。「は~い」と大声で返事をして平右衛門を慌てさせる仲居は、嬉しいことに歌江さん。こういう役にこういうベテランを配するなんて、ニクいね(歌江さん、いつ見てもお若い)。
09112404juichidanme 「十一段目」
ここのお目当ては、小林平八郎(歌昇)と竹森喜多八(錦之助)の立ち回り。平成中村座での中村屋兄弟の立ち回りがあんまり素晴らしかったので、彼らより年上の2人はそこまでの動きができるのかどうかと心配したが、どうしてどうして、激しく見事な立ち回りだった。さすが従兄弟どうし、2人の息もぴったり合っていた。
大星が師直に自害を勧め差し出す、先端に血のついた九寸五分。これを見て思い出すのはどうしても去年の仁左様。あのときの仁左衛門・大星の気持ちが時空を越えて歌舞伎座の舞台の九寸五分にも込められているようで、身が震えるような感動を覚えた。
09112405hikiage 勝ち鬨をあげてから引揚げの場まで、時間はかなり長かったが、浅葱幕が振り落とされて現れた花水橋は見事だった。アーチ状の橋の向こうから四十七士が粛々と現れる。江戸の町、1215日早朝にタイムスリップしたような気がして、服部逸郎(梅玉)とともに、花道を去る四十七士を見送ると、ほっとした気持ちになった。
とにかく、「仮名手本忠臣蔵」という芝居はよくできている。
<上演時間>「五・六段目」109分(16301819)、幕間30分、「七段目」91分(18492020)、幕間10分、「十一段目」28分(20302058

おまけ1:そういえば仁左様、23日は三響会との共演で千之助クンと一緒に「歌舞伎の未来」にご出演だったのよね。この情報を知ったときには23日に歌舞伎を入れて失敗した~と思った。芸術劇場とハシゴしようかとも考えたけれど、そうしたら五段目は絶対見られなくなるし、六段目もはじめの方が危ないから諦めました。仁左様が掛け持ちだってことは当時全然思い当たらなかったし、今になって、「そういえば…」と思い至ったわけcoldsweats02
おまけ2:開運小槌実演販売のおにいさんが、ペラペラのplain Englishで外国人見物客に説明していたのに、妙に感心した。残念ながら、その外人さんは小槌を買わなかったようだが、十分に妙技を楽しんでいたようだった。

|
|

« 仮名手本忠臣蔵夜の部・2 | トップページ | 町はもうクリスマス気分 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

しつこくすみません><
こちらもニアミスでございました~♪
いつも初日と千穐楽以外は平日にご覧になってらっしゃるイメージがございましたので、二日連続とはなんだか嬉しいです!(ご帰国されてたお嬢様のおかげ?!)
本当に仁左サマには魂が揺すぶられましたね!あの斧九太夫を刺すところが見たくてこちらも二回来てしまったといっても過言ではありません。
ただ、福助さんには、私のようなドシロウトでも鼻白む何かがあり、綺麗なのに残念です…(七クンが叔父様ではなく玉三郎さんにいろいろ教わってて、今のところ安心ですが…)
そしてはなみずきさまのブログにも前回コメントしてしまいましたが、今回も歌昇さん・錦之助さんの対決にときめきました♪(去年のBプロの中村屋兄弟も最高でしたよね♪♪♪)
そして昨日も昼夜続けてカンゲキいたしましたので、最後、なんとも言えない気持ちになりました。ホント、歌舞伎はイイですね!
私は昨日で今月のカンゲキ仕舞いですが
SwingingFujisanさまは明日ご覧になれるといいな~なれますように~☆

投稿: 七子 | 2009年11月25日 (水) 00時25分

七子様
こちらもニアミスでしたか!! 私もとても嬉しく存じますhappy01
そうなんです、娘が月の前半こちらにいたおかげで、歌舞伎は後半にだだ~っと押し込むことになりました。もっとも22日の演舞場は千穐楽が危なくなったため急遽入れたのですが(明日は90%ヤバくなってきましたが、最後まで希望は捨てません。応援、ありがとうございます)。

仁左様の、あの悔しさ怒りを思い出すと、今でも涙が出てきそうです。私も前半に見ていたら、もう一度夜の部を見ていたかもしれません。若い兄弟(はい、最高でした!!!)に劣らぬ激しく美しい立ち回りももう一度見たかったわ~(はなみずき様のところのコメント、拝読しておりましたよhappy01)。

七之助さんは、福助さんより玉三郎さんタイプですから、教わるとしたらやはりこれからも玉三郎さんなのではないでしょうか。

来週はもう今年最後の歌舞伎が始まりますね(南座は30日からなんですね)。これから約1週間は、ひと月が終わった寂さと、またすぐ次の歌舞伎が見られる楽しみが同居する期間ですね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年11月25日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/32346617

この記事へのトラックバック一覧です: 仮名手本忠臣蔵夜の部・3:

« 仮名手本忠臣蔵夜の部・2 | トップページ | 町はもうクリスマス気分 »