« 「朝日桜」は永遠に | トップページ | 12月大歌舞伎初日昼の部・2 »

2009年12月 3日 (木)

12月大歌舞伎初日昼の部・1

122日 十二月大歌舞伎初日昼の部(歌舞伎座)
09120301syoniti

ズボラして向かい側に渡らずに写真を撮ったのはちょっと失敗だったか。TV局が幕間には劇場内で、終演後には劇場前で取材していた。
09120302oedojpg 忘れないうちに「大江戸りびんぐでっど」から(筋書きにあらすじは書いていない)。
全体的な感想を一言で言えば、ごった煮的な感じだろうか。江戸の庶民のエネルギーと、歌舞伎の何でもありのエネルギーが一緒になって、面白い。ただ、見た人によって好き嫌いがあるかもしれないな、と思った。
ごった煮だからうまく説明することができないけれど、ご容赦(ネタバレありです)。
序幕じゃなくて「オープニング」は芝の浜。新島名物くさやが並べられている(あら、舞台は新島じゃなくて、芝だったんだ)。その中に一際大きなくさやが2枚。くさやの兄弟(染五郎、亀蔵。顔だけ出して、くさやの着ぐるみ?の中に入っている)だ。ただし、染五郎さんは、本当はくさやではない。着ぐるみもくさやではないことが後でわかる。
くさや売り・お葉は七之助さん。これが、染五郎さんの早口の語りに対して全然話の内容は聞かず「よっ、くさやっ」「くさや~っ」「くさやっ」といちいち掛け声をかける。この間が最高で、私は大いにツボにはまった。くさや兄の話が終わると、くさや弟はまた魚に戻りたくなったと言って海に飛び込み、くさや兄は着ぐるみを脱ぐと実は半助という、同業者だった。
くさやのくさ~いにおいが漂っていそうな芝の浜から場は移り、品川の女郎宿へ。ここになぜか(なぜだっけ)、らくだ衆すなわちぞんびが大勢うごめいている。ぞんびは人を食う。食われた人はぞんびになる。吸血鬼みたいなものだ。そうやって、女郎・お染(扇雀)も陰陽師(橘太郎)も剣客・四十郎(三津五郎)もぞんびになってしまう。ぞんびの群舞はエネルギッシュで楽しい。楽しいけれど、ぞんびの姿かたちは脳や目玉が飛び出していたりして気持ち悪いから、「今昔桃太郎」や「野田版研辰」の踊りのほうが楽しかったかも(私、ぞんび的な見た目、苦手だから)。
ところで、らくだ衆っていうのは、あの「らくだ」から取ったんだろうか。実際、らくだの馬太郎も第二場で登場して、かんかんのうを踊らされる(意外にもほとんど客席にウケなかったな)。このとき、紙屑屋久六役で猿弥さんがいたらしいし、その四場・五場にも猿弥さんが出ていたらしいんだけど、ぜ~~んぜん気づかなかったshock ぐやじぃ~crying
さて、ぞんびどもは、南町奉行(彌十郎)の許しを受けて「はけん」になる。はけん、つまりハケン(派遣)である。それを仕切るのが半助。口先三寸のこの男、実に調子よくぞんびどもを扱って、うまい商売を始めたわけだ。

ぞんびがはけんになる経緯がちょっと強引な気もするし、先祖伝来のくさやの汁を奪おうとお葉の亭主(勘三郎)を殺した半助を、はじめは拒絶していたお葉が結局は愛してしまう心境の変化もよくわからなかった。何しろ、登場する大勢のぞんびを誰が演じているのかしらとオペラグラスを覗き込んでばかりいたから、そういうわからない部分ができてしまったんだと思う。しかし人間に対する皮肉やら、現代社会への風刺やらが、強い主張することなく見る側が思わず苦笑する程度に笑いの中に盛り込まれており(そこクドカンらしさなんだろうか。私は宮藤官九郎モノって見たことない…と思う)、全体としてはとても楽しめた。時々「野田版研辰」を思い出すことがあった(メッセージ性ということではなくて、何となく…)。あの時も回り舞台が効果的に使われていたが、今回もうまく使っていたと思う。
染五郎さんは役がよく合っている。七之助さんははきだめに鶴的にきれいだけど、芝居の中で浮いていないのがいい。ラスト、真っ二つになって落ちた永代橋をぞんびたちが橋渡ししてお葉を半助のもとへ行かせてやる場面、ぞんびが頭上で渡していく1枚の板の上に乗った七之助さん、落ちやしないかとはらはらしたが、さすがのバランス感覚。三津五郎さんの浪人はかなり笑える(妙にかっこいいのがおかしい)。勘三郎さんは大事な役なんだけど意外にもチョイ役。勘太郎さんは「五重塔」を思わせる大工姿だが、人物像はあの時の十兵衛とは全然違う。仇討ち鶴松クンがおもらしする(もちろん、役の上で)。小山三さんの町娘が嬉しい。それから、なんと芝のぶちゃんがキレまくって啖呵を切る珍しい場面がある。
初日だから、時間が10分も延びた。夜の部はちゃんと時間通りに始まったのだろうか。芝居自体は今後どう進化していくか。次に見るのは千穐楽、楽しみだ。

|

« 「朝日桜」は永遠に | トップページ | 12月大歌舞伎初日昼の部・2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

レポお待ちしておりました~!
七之助さんて笑いの場面ですましてるのとかが異様に似合うんですよね!(染ちゃん早口との掛け合い?を勝手に想像、解釈して朝からニヤニヤしとります!)
私は明日から関西の友人が来たりして、昼の部はもう少しオアズケ(涙)
SwingingFujisanさまのレポで乗り切り?ます!
初日と千穐楽だなんて相変わらずうらやましいです~(私も千穐楽夜の部戻り狙っちょります!)

投稿: 七子 | 2009年12月 3日 (木) 13時38分

七子様
新作なので内容はなるべく控えようと思いつつ、やっぱりネタバレせざるを得ませんでした。
お葉の役は七之助さんにぴったり合っていましたよ。
千穐楽の夜の部、ぴたっと止まってしまいましたねwobbly 1日何回覗いていることか。もう少し日が経てば出てくるだろうと期待はしていますが、心配になってきました。

お友達とのお時間、楽しく過ごしてくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月 3日 (木) 13時57分

クドカン物は舞台は見たことないけれどTVと映画はスゴイ面白くって今回も楽しみにしていました!幕開きでくさや二人を見てからは爆笑の連続!!七之助さん(どんどん綺麗になりますよね~)の「くさやっっ」はグループ魂の曲を思い出してしまいましたsmileただ、染五郎さんの早口は何を言っているのかホトンド聞き取れなかったのが残念。全体的にセリフが多い役なのにちゃんとセリフが入っていたのに感心shine
派遣=生きる屍。。。痛烈ですよね~~bearing年配のお客様が多い歌舞伎座でのドギツイ下ネタはちょっと笑えなかったかも。。。
序盤があまりにも面白くって笑いすぎてしまい、途中ちょっとダレてしまったのがもったいなくて、短くまとめてゾンビのダンスも1回にした方がインパクトもあって「面白かったぁ~~!!」だけで終われたような気がしました。
とっても面白かったのですが、「歌舞伎」としては見ない方がいいかもしれませんね。
初の歌舞伎作品だしこれから演出を変える事もあるかもだし楽日近くにも見てみたいかな~。

そうそう、猿弥さんは猫を食べながら鎖につながれていたゾンビですよ~!その後も人の下半身をひたすらムシャムシャしていて、かなりシュールなお役でした(笑)
亀蔵さんが絶品で、彌十郎さんの「いいよ~」や三津五郎さんもおかしかった~!小山三さんも可愛らしくて、福助さんはこういうお芝居の時の方がハマリますよね。
昼はクドカン、夜は野田さん。考えてみればこのメンバーだからこそできる試みですね。あれ?!そういえば笹野さんがいなかったかも!!どうしたんだろ?

投稿: 林檎 | 2009年12月 4日 (金) 21時25分

林檎様
オープニングの七之助さんの「くさや~っ」で、摑まれました~。私もグループ魂の「なかむらやっ」を思い出していました。七之助さんもそれをご存知でやっていたのかもしれませんねsmile
扇雀さんの年増女郎、すごかったですね。福助さんと扇雀さんは「野田版研辰」でもめちゃめちゃ面白コンビでしたが、こういう役は2人とも思い切り楽しんで演じていますよね。三津五郎さんの浪人も楽しそうでしたね。「トゥース」が三津五郎さんの口から出るとは思いませんでした。思わず吹き出しましたsmile

そういえば、猫を食べているシュールなぞんび、いましたいました。あれが猿弥さんだったのかぁ!! 

歌舞伎の稽古期間は短いのが普通だそうですが、このお芝居はけっこう時間をかけたのではないでしょうか。判官が、源五兵衛が、11月公演の合間にぞんびの稽古をやっていたと思うと可笑しいですね。

笹野さんではなくて、今回は井之上さんでしたね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月 4日 (金) 21時47分

SwingingFujisan様
 初日のレポ、楽しく拝見しました。私は、中日ごろの観劇、楽しみです。ほかのブロガーさんのコメントをみると、クドカンさんの新作、評価はいまいちのようですが、新作はいつもそんなもんです。最近とみに思うのですが、歌舞伎というのは、本当に許容範囲に広い芸能(芸術ではありません)ですね。肩に力が入らないように楽しみたいと思います。

投稿: レオン・パパ | 2009年12月 5日 (土) 21時34分

レオン・パパ様
こちらにもありがとうございます。
今回のクドカン作品は、これまでにないタイプのものだと思いますし、新作の評判というのはそういうものだということ、同感です。私自身、どう評価していいか迷う部分もあります。でもこの作品は、中に込められたメッセージを考えたり芸術性を求めたりせずに、単純に楽しんで笑えばいいのではないかと思っています。大衆芸能としての歌舞伎の原点もそんなものだったのはないでしょうか。ストーリーとしての強引な展開には納得いかないところもありますが、それも歌舞伎ではよくあることかも。ただ、人によって好き嫌いはあると思います。
レオン・パパ様がどのようなご感想をもたれるか、楽しみにしております。
歌舞伎は本当に許容範囲が広い!! 

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月 6日 (日) 08時43分

SwingingFujisan様
 こんばんは。今頃になってこのページにコメントします。雨の降る、昨日、歌舞伎座夜の部観劇しましたので、チョット印象を。(Fujisanさんの夜の部は楽日だけですか?)
 「引窓」は三津五郎がほぼ期待どおりの、堅実な出来ばえでした。但し、三津五郎は吉右衛門のような滲み出るような愛嬌がないので、人物像がやや単調な気がしました。とは言え、かどかどの見得がピタット決まって良好です。三津五郎は「鼠小僧」の大岡が傑作です。この優、知能犯的な怜悧な悪役(あくまで歌舞伎の枠の中ですが。)が実に似合います(幸四郎と双璧でしょう。)
 「鼠小僧」は私は初見ですが、楽しみました。チーム中村屋の絶妙なアンサンブルが光ります。中村屋は最初の出からハイテンションで、流汗淋漓、そのすさまじさは、鏡獅子を力演した後、三社祭を踊るがごときでした。他の優はどの人も、元気いっぱいで楽しんでやっていますが、やはり福助が格別でした。それから、染五郎の「芝居の鼠小僧」の立ち回りのカッコよさ、幸福なため息がでました。
この作品、さほど、高評価ではないようですが、野田さん一流の作劇術(衆愚と個人との葛藤)かつ言葉遊び、独特の身体運動が再演でこなれ、エンターテイメントとして楽しめました。
 ながながと失礼しました。

投稿: レオン・パパ | 2009年12月12日 (土) 18時11分

レオン・パパ様
夜の部のご感想、ありがとうございます!! 私は残念ながら千穐楽だけなんですよ。
今月は、完売で戻りが出てもすぐに又売れてしまう昼の部に対し、夜の部はちょこちょこ空きがあるようで、レオン・パパ様のご感想を拝読しますともったいないような気がします。
三津五郎さんは初役なんですね。三津五郎さんの端正な(確かに滲み出る愛嬌はないかも)南方も楽しみです。
「鼠小僧」は、そんなに評価が高くないのですか。私はシネマ歌舞伎で見て大変感動しました。野田秀樹の芝居は歌舞伎以外見たことがないのですが、「研辰」もとてもよかったですし、「鼠小僧」も役者さんの演技も含めてよかったと思っています。ので、評価が高くないとは意外な気がします。

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月12日 (土) 22時00分

時期はずれで失礼します。
やっと今日行ってまいりました!年間50本観劇(プラス歌舞伎50本カンゲキ)している先輩からも「クドカンは映像モノはいいんだけど、舞台はね~」と前置きされ、いろいろなところで酷評、辛口批評ばかりだったせいか、逆に意外と楽しんじゃいましたハハハ(汗)期待してなかったのがよかったのかも。
もともとクドカンの映像モノは好きでしたが、舞台は初めてでドキドキ。。。下ネタ系は適当に自分の中でスルーして、ほかは楽しみました。
染五郎さん、歌舞伎じゃない時(新感線とのコラボとかパルコ歌舞伎とか)大好きなので、今回も「やっぱり染ちゃんいいわ~」と思いつつ、七之助さんファンの私はああいう感じにまたくらくらきて、何気に昼も戻り狙いはじめちょります(汗)
あまりにも夜の楽の戻りが出ないので、今年の歌舞伎納めは南座か~(それもまた嬉し)と思ってましたが、昼の戻り次第でやっぱり歌舞伎座か~?
浅草のお年玉が発表され、見事というべきか、取った日がラブリン、亀鶴さん、男女蔵さんで、歌舞伎の神様に七之助さん、亀治郎さんも取れ!と言われているよう。歌舞伎ビンボーまっしぐらです(涙笑)

投稿: 七子 | 2009年12月13日 (日) 22時03分

七子様
コメント、ありがとうございます。
年間100本の観劇はスゴイですね(私も歌舞伎なら負けてないかも?bleah)。
昼の戻りをチェックされるほど楽しまれたご様子、よかったです~。私はクドカンの映像モノを知らないので、そういう意味での先入観がなく、楽しめたのかもしれません。下ネタはちょっと、と私も思いましたが、そう、そこはスルーしてしまえばどうってことありません。
染五郎さん、ああいう役合ってますね(^^) 七之助さんの役どころもいいでしょう。あのお葉さん、私も気に入っています。
12月は年忘れ大笑いする月ですもの。懐の深い大衆芸能である歌舞伎に一つくらいこういう演目があってもいいと、私は思います。

千穐楽の夜の部、出ませんねえ。私は友人に譲った分を取り返しましたsmile これで安心して千穐楽を迎えることができます、へへへ。

浅草のお年玉、それは亀治郎さんも七之助さんも取るべきですよ!! 第一、七之助ファンの七子様が七之助さんを取らなくてどうします? それに全員のお年玉を聞けばポスターがもらえますよ~。なんて、すっかりけしかけてしまいましたcoldsweats01 歌舞伎ビンボーへの一本道、私も一緒に走りますよwink

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月13日 (日) 23時44分

SwingingFujisan様
 今晩は。本日、超満員の歌舞伎座昼の部、行ってきました。以前のお言葉に甘えて「大江戸りびんぐでっど」の感想を少し。大方のブロガーさんの大不評もあり、先代以来の中村屋贔屓の私としては、何とか良い点を見つけようとの観劇になりました。
問題点としては、皆様の評価とやはり似るのですが、
① いろいろなテーマを盛り込みすぎて消化不良になっている点。派遣の問題はあえていれなくとも、本作は十分成り立つと思います。また、後半の展開がわかりにくく、失速状態になっていました。(勘三郎と染五郎のクライマックスの二人の会話の起承転結がなんとも難解。)
② 行き過ぎたエロ(性的な動作、小道具)、グロ(ゾンビの不気味なメーキャップ)は気になりました。あそこまでやらなくとも、それなりの劇的効果があると思います。
③ 本筋の主役三人の恋のもつれが上手く整理されていません。二人の男の間で揺れる「お葉」の心の動きが描き切れていない。思いっきり新派風のセリフでも持ってくればいいのでは。
 ただし、これも歌舞伎の範疇の作品であり、歌舞伎座で上演してもいいものだと思いました。なぜなら
① 歌舞伎役者の芸を存分に発揮させるような(役者さんの努力により)台本になっていること。主役三人はもちろんのこと、三津五郎、福助、萬次郎等々、楽しませます。
② 女優を使わず、女形が出演することが前提の台本と読めること。
③ 音楽も騒々しいが邦楽の大枠は守っていること。りびんぐでっど音頭も歌舞伎俳優の舞踊として見られます。
なお、周りの観客も結構笑っていましたし、最後も相応の拍手がありました。
歌舞伎座の神様は、とにかく大入り満員が好きだということを失念してはいけません。以上が拙い感想です。
最後に、私の好きな猿弥が、ゴヤの「黒い絵」さながらの怪演をしていたのにはニヤリとしました。

投稿: レオン・パパ | 2009年12月19日 (土) 19時52分

レオン・パパ様
こんばんは。
ご感想、お待ちしておりました!!
問題点も歌舞伎座で上演してもいいと思われる点も同感です(私はうまく表現できなかったのですが)。私は歌舞伎の原点を感じる、というか、歌舞伎ってはじめはこんな感じではなかったのかしらというような気がしました。
作品としての完成度には問題があるとしても、こんなご時勢ですから、歌舞伎座で年忘れ大笑いをしてもいいのではないかという気持ちもあります。第一、そんなに不評なのに、なぜWeb松竹昼の部はまっかっかなの?
あ、別にクドカンを擁護するつもりではまったくなく、またこの作品が後々に残るかと言われればそうは思わないのですが、歌舞伎座の神様は大入り満員が好き、おっしゃるとおりです。
猿弥さん、千穐楽には見逃さないようにしなくては (^-^;

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月19日 (土) 22時06分

今、京都から帰り、サバ寿司やら千枚漬やらで家族で一杯やっているので、お酒のせいで、もともとアヤシイ文章がますますアヤシくてごめんなさい><
私にとって初めての南座で、初めての南座での顔見世…私にとっては最高でした!玉サマのお写真たくさん購入♪そして何気に梅枝クンも☆
高速の運転がコワイ母やペーパードライバーの私と妹、一人京都まで運転してくれた父に感謝しつつ、天橋立で松葉がにや鰤シャブに舌鼓を打ち、幸せな旅となりました。
で、酔っ払ったついでに、つい、昼の部をポチ!お葉ちゃんが歌舞伎納めになりますか、楽のおしなちゃんが歌舞伎納めになりますか…楽の夜、いい席出ませんね~><

投稿: 七子 | 2009年12月20日 (日) 18時56分

七子様
素敵なご機嫌の七子様からのコメント、ありがとうございます。そういうときにいただくコメント、本当に嬉しく存じますsign03
ご家族での京都旅行、初めての南座顔見世観劇、私も七子様の幸福・感激を分けていただいたような気持ちで、ちょっと昂揚してきました。
素直にお父様に感謝できる七子様の心持、お父様にとっては何より嬉しいことではないでしょうか。
南座も、天橋立も私は行ったことないんですよ~。どっちも一度は行きたいものです。そして、カニだ~い好きな私は思わず、ごくっとヨダレを呑み込みましたcoldsweats01

昼の部、またご覧になるのですね(私ももう一度見ますがsmile)。今日はだいぶ戻りが出ていたようですが、いいお席は取れましたか。千穐楽はむずかしいですね~。やっぱり勘三郎さんの千穐楽は格別の人気なんだなあと感心します。

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月20日 (日) 22時06分

ホントしつこくてごめんなさいまし><
今日は旅行翌日で、疲れもあるだろうし、と、前もって有休申請しといたのですが、昨夜昼の部が戻っていて、ついポチ!今日昼の部に行ってまいりました。
お葉ちゃんを堪能してきました♪
で、お隣の方が二月の演目をご覧になりながら「ぢいさんばあさんは猿翁さんって猿之助さんのお父様ね、と、今の左團次さんのお父様とでなさったのが素晴らしくてね~」なんて素敵なお話をして下さって、内心、そんな昔からご覧になってる方にりびんぐでっど大丈夫かしら~とドキドキしておりましたが、意外や意外、私より声をあげて笑ってらして、終演後も笑顔で「ありがとう」と帰っていかれて、なんだか拍子抜けでした。
SwingingFujisanさまに一つご報告♪私も千穐楽の夜の部取りました☆今月は一、二、三列と前方を堪能したので、楽はちょっと遠くてもガマン、、、来月の浅草でまたニアミスしたいです♪(浅草も戻りいいところが出てきませんね~><)

投稿: 七子 | 2009年12月21日 (月) 19時16分

七子様
昼の部は今日だったのですかsmile お葉ちゃんをご覧になって、旅のお疲れは飛びましたでしょうかwink
きびしい評の多い中、私はけっこう楽しんだのでちょっと肩身の狭い思いをしていましたが、こちらにコメントを下さった方たちもなかなか楽しまれたようで心強い思いがいたします(歌舞伎座の中は大笑いの声が響いていましたよね~)。

それぞれの時代にそれぞれの名舞台があると思いますが、猿翁&三代目左團次の「ぢいさんばあさん」、見てみたいものですね(映像は残っているのかしら)。そういう舞台をしっかり覚えていらっしゃる方が「りびんぐでっど」で笑っていらしたって、なんだか嬉しいですね。

今日もチケットの戻りがだいぶ出ていたようですね。でも千穐楽はすぐにまた赤くなってしまいますから、無事お取りになれてよかったhappy01 今年の締めですから、お互い楽しく観劇しましょうね~。

コメントは何度いただいても嬉しく存じます。ありがとうございました。

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月21日 (月) 20時57分

こんばんは。

まことに遅くなって申し訳ない次第ですが、本日昼の部観劇してまいりました。

酷評をミミにすることが多かったのでかなり覚悟していたせいか、思ったよりも楽しめました>りびんぐでっど。下ネタもほとんど気になりませんでしたし。でもそれは3階席で見たからであって、あれで16000円払ったら、ちょっと怒るかも(笑)。
今日の私の一番は小山三さん!二番が三津五郎さん(たしかに妙にかっこいい)で三番が芝のぶちゃんでした。

今年最後の歌舞伎がりびんぐでっどっていうのはどうなんだろう、と心配していたのですが、杞憂に終わりました(^-^)

アンケート投票もすませたからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2009年12月24日 (木) 18時31分

こんばんは。
昨日昼の部観てまいりました。
いろいろな方のりびんぐでっどの感想を見て、見事に評価が分かれていたので
どうかな?と思って観ましたが…。
わたしは自分が派遣なので過敏に反応しているのかもしれませんが、かなりダメでしたねぇ…。
このお芝居の三津五郎さんや勘三郎さん、他の三演目はよかっただけに、う~ん、という感じ(?)でした。
比較的好意的なこちらのみなさんの中でかなり異端児な感想なのでコメントしようか迷いましたが
どなたかに聞いていただきたくなってつい書いちゃいましたsweat02すみませんcrying

わたしもあとは楽日です!
お互い歌舞伎納め楽しみましょう♪

投稿: あねご | 2009年12月24日 (木) 18時49分

からつぎ様
酷評がかえって逆効果を生み、意外と楽しめたという方もけっこういらっしゃるようですね。
小山三さんはいくつになっても娘姿がいいですねえ。普通におばあさんをやるよりずっと素敵だなと思います。

私、千穐楽は16,000円の席で見ますcoldsweats01 2度目だし、どういう感想をもつか、自分でも楽しみです。

からつぎ様は今日が今年の歌舞伎座納めだということ、きっと年忘れ大笑いをなさっただろうと想像し、喜ばしく思いましたhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月24日 (木) 23時12分

あねご様
コメント、ありがとうございます!! 意見が違うからといって、ご遠慮なさらないでくださいね。とくに新作の場合、色々なご感想があってしかるべきだと思いますし、それを伺えるのも楽しみに存じます。
たしかに派遣に関してはちょっと強引だったりして、私も自分の中で消化しきれませんでした。それでも私などは無責任に笑える立場にありますが、ご自身が派遣でいらっしゃる方のお気持ちには複雑なものが芽生えることでしょうね。
ただ、役者さんがけっこう楽しそうに演じていらっしゃったみたいで、それがこちらにも伝わったところがあるような気がしました。
今の歌舞伎座での2009年もあと2日。千穐楽はお互い、濃い時間が過ごせるといいですね。

投稿: SwingingFujisan | 2009年12月25日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/32466544

この記事へのトラックバック一覧です: 12月大歌舞伎初日昼の部・1:

« 「朝日桜」は永遠に | トップページ | 12月大歌舞伎初日昼の部・2 »