« 伊達十役:海老蔵篇 | トップページ | 歌舞伎座3月、4月演目 »

2010年1月20日 (水)

伊達の十役:海老蔵以外篇

117日 初春花形歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
今度は他の役者さんについて。
①市蔵さん
イチオシは外記左衛門。時々老け役は気の毒と思うこともある市蔵さんだが、この外記左衛門は渾身の演技で、田舎から出てきた実直な忠臣ぶり、その困惑、必死さがひしひしと伝わってくる。先にも触れたとおり、弾正との立ち回りは迫力たっぷりで見ごたえがある。
②笑三郎さん
三浦屋女房と栄御前の2役。栄御前の風格を見ていると、笑三郎さんの実力がよくわかる(昼の部の大磯の虎も大きさと独特の色香が匂うようだった)。
③右近さん
八汐の暗い意地悪さがはまっていた。千松を刺した後、いつぐりぐりとやるのかと眉をひそめながら見ていたら、そうするかわりに突き立てた懐剣を何かでポンポンと叩いていた(見ているときはわからなかったのだが、叩くのに使ったのは手鏡で、叩きながら様子を窺っていたのだそうだ。これは実川延若型らしい)。こういう型は初めて見たが、ぐりぐりやるより冷酷な気がした。
④子役ちゃん
とくに千松がひもじさを耐えるところで泣けて泣けて。あまりの空腹に立ち上がれない千松に笑いが起きていたが、そりゃかわいそうすぎるでしょう。どうして早くご飯をつくってあげないの、政岡さ~ん。
⑤笑也さん、門之助さん、春猿さん
若々しく品のよい京潟姫はまさに笑也さんのニンなのだろう。久しぶりにそういう笑也さんを見られたのは嬉しいが、海老蔵さんにもっていかれてちょっと印象が薄いのが残念。門之助さんの沖の井が凛としてとてもいい。春猿さんの松島も控えめながらきっちりした形がよかった。
⑥猿弥さん
そんなに出番は多くないのだけれど存在感抜群。大江鬼貫のふてぶてしさ、そうかと思うとひっち坊の軽妙さ、魅せる役者である。
長くなったのでこの辺で。
<上演時間>発端・序幕65分(16001705)、幕間5分、二幕目25分(17101735)、幕間30分、三幕目65分(18051910)、幕間15分、四幕目65分(19252030)、幕間20分、大喜利35分(20502125

|

« 伊達十役:海老蔵篇 | トップページ | 歌舞伎座3月、4月演目 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan さま

私は夜の部しか観劇予定を入れていませんが、この伊達の十役、海老蔵さんの大奮闘と周りの役者さんのチームワークが大変よく、歌舞伎の醍醐味満喫で十二分に満足した観劇でした。もう一回チケットを取っておけばよかったと後悔しています。

ところで、大変です、猿弥さんが急病で休演、代役が立てられいます。病状が心配です。

http://www.kabuki-bito.jp/news/2010/01/post_56.html

投稿: 六条亭 | 2010年1月22日 (金) 21時53分

六条亭様
コメントありがとうございます。
普通のお芝居ももちろんそうですが、こういうお芝居になると当然海老蔵さん1人が奮闘してどうにかなるわけでなく、共演の役者さん、支えるスタッフ、全員の力が結集することが大事ですものね。それには海老蔵という主役に、周囲を大切にする心遣いが求められると思います。海老蔵さんはそれをきちんとやっていらっしゃるのでしょうね。とてもいいチームワークだと思いました。
夜の部は完売ですものね。私も早いうちに2度取っておいてよかったです。

猿弥さんのこと、お知らせありがとうございます。大ショック!! 段治郎さんといい、澤瀉屋さんは大変ですね。本当に心配です。
昨夜は珍しく早寝してしまい、パソコンを切った直後にコメントをいただいたようです。そんなわけで、せっかく早々と頂いたお知らせなのに、すみません。

投稿: SwingingFujisan | 2010年1月23日 (土) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/33050626

この記事へのトラックバック一覧です: 伊達の十役:海老蔵以外篇:

« 伊達十役:海老蔵篇 | トップページ | 歌舞伎座3月、4月演目 »