« 伊達の十役:追記 | トップページ | 捕鯨船、発見 »

2010年1月23日 (土)

ショック続き澤瀉屋さん:猿弥さん休演!!

昨日、六条亭様からいただいたコメントで、猿弥さんの休演を知り、思わず「ええ〜っshock」と叫んでしまった(休演の詳細はココ。これも六条亭様から教えていただきました。昨夜はこちらも体調不良で早寝してしまったので、アップが遅くなりました。私は睡眠ですっかり回復)。
大ショックである。猿弥さんは昨年7月にも体調を崩して数日休演されたし、段治郎さんは未だ復帰かなわず、3月の日生も休演が決まっている(復帰第1作を楽しみにしていたから、このニュースを知った時も大ショックでした。代役は門之助さん。先程、4月演舞場としたのは間違いでした。ごめんなさい。maroon6様からもご指摘を頂きました。ありがとうございます…私が動揺しても仕方ないのに、かなり動揺している)。御大の猿之助さんは演出や後進の指導にあたっていらっしゃるとはいえ、舞台をつとめるに至っていない。
澤瀉屋の皆さんの結束は強いから、きっと全員の力でここを乗り切ると信じているけれど、今度は他の方が体を壊されたりはしないかと、心配になる。
千穐楽まであと何日かというところで舞台を降りざるを得なくなった無念を噛み締めているであろう猿弥さん、そして復帰が延期になってこれまで無念の思いでいるであろう段治郎さんの早い回復をお祈りするばかりである。

|

« 伊達の十役:追記 | トップページ | 捕鯨船、発見 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

今日は! 本当に猿弥さんの休演はショックですね。舞台で倒れられたなんて。しかし、さすが澤潟屋チーム! ちょうど観劇の友人によると、黒塚の寿猿さんはもとより、夜の部の右近さん、猿四郎さんもプロンプなしで無事にお務めになった聞いてほっとしております。 お家の芸ですものね。

ところで、段治郎さんの演舞場休演の件ですが、3月の日生劇場とお間違いではないでしょうか? Swingingさまのブログは反響も大きいかと思いますので大変恐縮ですが、つっこませていただきました。 

段治郎さんはずっとお休みが続いており大変心配ですが、リハビリを続けておられるので、きっと4月演舞場で元気なお姿を拝見できると信じております。

そういえば、猿弥さんはたぶん去年の3月からずっとお休みなしで舞台が続いていらっしゃるので、少しお休みされたほうがいいのでしょうが・・・でも、2月は博多座がはいっておりますからね。
大事ないといいのですが。

投稿: maroon6 | 2010年1月23日 (土) 09時52分

maroon6様
コメントとツッコミ、ありがとうございます!!
段治郎さん休演の件、まったくご指摘の通りです。浅草へ向かう車中、ふと気づき、大慌てで訂正いたしました。間違った情報を載せてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

猿弥さんは舞台で倒れられたのですか!! さらにショックです。そういえば、昨年亀鶴さんも舞台で倒れられたことがありましたね。役者さんの健康状態は組織的にも注意する必要がありそうですね。若いからと安心はしていられません。
しかし、さすがおもだか屋さん、チームワークの良さを伺って胸が熱くなりました。
皆さん、陰ながら応援しております!!

投稿: SwingingFujisan | 2010年1月23日 (土) 10時23分

猿弥さんが又もや休演とは!!
思わず画面の前で「えぇっっっ」と叫んでしまいました。
だって今日は演舞場夜の部のカンゲキ日なのに。。。
猿弥さんが見られないのはすごいショックですcrying

去年TV番組で愛之助さんが「ありがたい事にここ2年ほど丸一日のお休みはいただいていません」と言っていて驚いたのですが、役者さん達はほとんど休みなく舞台に出てるので健康状態に問題が出てきてしまいがちなんでしょうね。。。なかなか難しいとは思いますが、お休みに関して何か対策をとってもらえないものなのかなぁ。
段治郎さんともども、一日も早くお元気になられる事をお祈りしますshine

しかしプロンプなしでいきなり代役ができるとは、澤瀉屋メンバーさん達はさすがですね。すごい!!

投稿: 林檎 | 2010年1月24日 (日) 10時43分

林檎様
猿弥さん、大事無く早く復帰されることを祈るばかりです。1日休んだだけで、今日はもう舞台にいらっしゃるとか(林檎様の観劇日ですし)。猿三郎さんのブログをちょっと覗いてみたのですが、22日夜の時点で猿弥さんのことについては書かれていませんでした。
役者さんは、お休みがないことが有り難いのかもしれませんが、本公演だけでなく巡業も入ったりしますから、若いとはいえ疲労が蓄積しているのではないでしょうか。それに、以前にこのブログで触れましたが、1日劇場内にいると、太陽にあたるヒマがなかなかない(楽屋に日が差すかどうかはわかりませんが)。人間、絶対日光を浴びなくてはいけないと思うのです。そういうことも含めて、個人個人だけでなく組織全体として健康を守ってほしいものだと思います。
長期に休んでおられる段治郎さんのことを考えると胸が痛みます。どんなにか早く復帰したいと願っておられることか。でも焦りは禁物。ちゃんと回復してから戻っていらして!!
こういうことはないほうがいいに決まっているけれど、澤瀉屋さんのチームワーク、実力が前面に出たこともまた事実ですね。

投稿: SwingingFujisan | 2010年1月24日 (日) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/33092228

この記事へのトラックバック一覧です: ショック続き澤瀉屋さん:猿弥さん休演!!:

« 伊達の十役:追記 | トップページ | 捕鯨船、発見 »