« 時代:昔はどうしていたんだろう | トップページ | 懲りない赤っ恥人生 »

2010年1月12日 (火)

黒衣ちゃんっ

10011201kurokochan
握りつぶしてしまうには可愛すぎる「歌舞伎たまご一座」の「黒衣ちゃん」。国立劇場オリジナルのストレスリリーサーです。握らなくたって顔を見ているだけで、癒される(写真じゃわかりにくいけれど、左手はまっすぐおろし、右手はちょっと腰のあたり--どこが腰なんじゃぁ~smile--に当てているのがニクい)。
10011202kurokochan
追記(1/13、22:00):さっき国立劇場のHPを見たら、まったく同じような写真で黒衣ちゃん新発売のお知らせが出ていたゎcoldsweats02

|
|

« 時代:昔はどうしていたんだろう | トップページ | 懲りない赤っ恥人生 »

モノ」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

ネコ耳っぽいところがツボです。
(でもちゃんと耳はあるんですね)
500円、今度いったら買ってみます。
ぎゅーっと握られてるところも見てみたくなりました。

投稿: てぬぐい… | 2010年1月14日 (木) 00時52分

てぬぐい…様
ええ、このネコ耳風なのがかわいいですね。試しにネコ耳部分を押さえて平らにしてみたら(何て実験だcoldsweats01)、微妙に可愛くありませんでした。デザインする時に考えたんでしょうね。
ぎゅ~っと握ると、顔に横ジワがたくさん寄ります(^^)

サンプルを握りながら迷っていたのですが、売り場のおばさんの笑顔につられて買ってしまいました。

ストレスリリーサーって初めて買ったのですが、もっとぐにゃっと潰れるものかと思っていました(握るのに意外と力がいります)。
ぜひ、お試しあれ。

投稿: SwingingFujisan | 2010年1月14日 (木) 01時42分

一日違いだったようです。13日に行きました。
わたしも可愛いので触っていたら、売り場のおばさんに勧められて、
つい買ってしまいました(^^)

握らなくても飾っているだけでもいい感じですよね。

投稿: kirigirisu | 2010年1月15日 (金) 02時16分

kirigirisu様
あら、1日違いとは残念。あれ以来、ニアミスしてもなかなかお目にかかれませんねdespair

売り場のおばさん、なかなか商売上手なようでsmile こういうものって、可愛いと思いながら、別に必要ないかという気持ちも働き、迷ってしまいます(これ以上モノを増やしたくないし)。そこで背中を押されるとつい…でも、この黒衣ちゃんは、とても気に入っています。ほんと、飾っておくだけでもいいですものね。

投稿: SwingingFujisan | 2010年1月15日 (金) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/32960725

この記事へのトラックバック一覧です: 黒衣ちゃんっ:

« 時代:昔はどうしていたんだろう | トップページ | 懲りない赤っ恥人生 »