« 二月歌舞伎夜の部3:籠釣瓶 | トップページ | おめでとう、右近さんもうじきパパに »

2010年2月13日 (土)

ラブ歌舞伎座・30(地口がいっぱい)

歌舞伎座2月の風物詩。まずはわかりやすいところから。

10021301jiguchi_3 10021302jigutityagama
10021303jigutikuwai
10021304jiguti 10021305jiguti_3
10021306jiguti 10021307jiguti
10021308jiguti

穴よりだんご→花よりだんご
ずんずん茶釜へ毛がはえた→文福茶釜に毛がはえた
くわいとしらずにとうたべた→お前と知らずに戸を立てた
ふのり一わでくいたらねど→おのれ一羽で食い足らねど(伴内の「鳥尽くし」に対する勘平のセリフ。by梅之さん)
はだしで本郷へゆくわいな→わたしゃ本郷へ行くわいな(お七のセリフ?)
お傘かついでちどりあし→お笹をかたげて千鳥足
天道様はからすがおすき→天道様は囃すがお好き(「暫」で敵方の大名が言うセリフ。by梅之さん)

以上はほんの一部。3年前にもpart1で取り上げたが、それと重複しているかも(「穴よりだんご」、「くわいと知らずに」、「お傘かついで」と3つも重なっていたbearing 選ぶ感覚が3年前と全然変わっていないということ)。もっと歌舞伎に関係した面白いのがたくさんあると思うのだけど、なかなかじっくり見て歩けなくて。
うかれ坊主様からのコメントにある道成寺の地口を、追加で載せました(撮影は3年前)。

|
|

« 二月歌舞伎夜の部3:籠釣瓶 | トップページ | おめでとう、右近さんもうじきパパに »

ラブ歌舞伎座」カテゴリの記事

コメント

わたしは「伊達に見しょとて銭金尽きょうぞ」と言うのが良かったです。
「誰に見しょとて紅・鉄漿つきょぞ」そうですね。道成寺です。
新しい歌舞伎座でも続けて欲しいものです。

投稿: うかれ坊主 | 2010年2月13日 (土) 14時19分

うかれ坊主様
そうそう、道成寺の地口がありましたね。3年前に撮った写真を探したら出てきましたので、追加で掲載しておきます。思い出させてくださって、ありがとうございます。
地口って、ふだんなかなか目にする機会がないのですが、何をもじったのかと考えるのがとても楽しいですね。もっとも私は浅学にて、わからないもののほうが断然多いのですがcoldsweats01
新しい歌舞伎座でもぜひ続けてほしい、と私も切に願います。

投稿: SwingingFujisan | 2010年2月13日 (土) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/33356449

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ歌舞伎座・30(地口がいっぱい):

« 二月歌舞伎夜の部3:籠釣瓶 | トップページ | おめでとう、右近さんもうじきパパに »