« 氷上のミステリー:カーリング | トップページ | 歌舞伎の拍手考 »

2010年2月20日 (土)

段治郎さん、いよいよ復帰へ

久々に歌舞伎の話題notes
昨年5月の「東海道中膝栗毛」を最後に休演していた段治郎さんが4月の演舞場で復帰されるそうだsign03
以前に膝が悪いと聞いていたが、やはり休演はそれが原因だったようで、右膝を手術後やっと医師の許可が下りたのだそうだ。
期待に応えようと無理を重ねての症状悪化。半月板や軟骨の損傷が広がり、それを除去する過程で靭帯が傷ついたのだとか。二度の大手術をして、一時は歌舞伎の舞台に立てないかと諦めたこともあるという段治郎さん(正直言って、私もそれを危惧していた)。その闘病生活を思うと、胸が痛くなる。
まだリハビリの段階だそうだが、舞台復帰が見えたことが最高の励みとなっているだろう。今後は周囲も段治郎さん自身も健康第一で考えて長く舞台を続けていただきたいものだ。まずは4月の演舞場で段治郎さんの大きな演技が見られるのが楽しみ。

|
|

« 氷上のミステリー:カーリング | トップページ | 歌舞伎の拍手考 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎座もあるので迷っていたところ、それでgoodぽちっとしてしまった私でした。無理はしないでほしいですが、フィギュアの高橋選手のメダルの後だけに、なんか気分がはずみます。

投稿: urasimaru | 2010年2月21日 (日) 00時57分

urasimaru様
新聞で、段治郎さんの明るい笑顔を見て嬉しくなりました。
高橋選手のメダルも段治郎さんにとって大きな励みになったことでしょうね。

投稿: SwingingFujisan | 2010年2月21日 (日) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/33462652

この記事へのトラックバック一覧です: 段治郎さん、いよいよ復帰へ:

« 氷上のミステリー:カーリング | トップページ | 歌舞伎の拍手考 »