« ゴマ粒の緊張 | トップページ | 段治郎さん、いよいよ復帰へ »

2010年2月20日 (土)

氷上のミステリー:カーリング

すっかりオリンピックブログになってしまったけれど、今日の観戦はカーリング。
長野五輪で男子チームのスキップ(主将)・敦賀信人選手が人気を集め、俄然カーリングの認知度が高まった。もちろん、私もその時カーリングというスポーツの面白さを初めて知った。
この大会では、ミリ勝負を制したアメリカ戦をハイライトで見たきりだったが、今イギリス戦を見ている。カーリングはミステリーだと思った。
やられたらやり返す。どんなに優勢に進めていても、最後の一投で大どんでん返しを食らうこともある。アメリカ戦みたいに、計測しなくてはわからないこともある。勝負を決めるのは読みとショットの精度--犯人と駆け引きしながら探偵が謎解きをするミステリー小説みたいに思えてくる(カーリングに善悪はないけどね)。
1試合10エンドのうち、点を取りにいかず敢えて0点で終わらせたほうがいい場合もあるそうだ。得点したチームは次のエンドで先攻になり、互いに0-0なら攻撃順は変わらない。カーリングの場合、後攻が有利なため、後攻をキープするために0-0として、次のエンドで大量点を狙うという戦法が効を奏することがあるというのだ。もちろん、そういう作戦を立てても、実際には点を取らざるを得なくなったりして、思うようにはいかないのが試合である。
解説を聞きながら(この解説者が、本当にカーリングを好きだ、っていう感じで盛り上げてくれるから、面白さが倍増する)、自分でも展開ごとに状況を読んで作戦を立ててみると、探偵小説を読みながら事件の解決に自分なりの推理を組み立てているような感覚になるのが面白い。
カーリングは氷上のチェスとは言われるが、私には氷上のミステリーと言ってもいいくらい。
追記:第9エンド、目黒選手のスーパーショットで11対4とし、この時点でイギリスがギブアップ。イギリスチームは、カーリング発祥の地スコットランドから来たそうで、そういうチームを破ったのは見事。

|
|

« ゴマ粒の緊張 | トップページ | 段治郎さん、いよいよ復帰へ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/33458027

この記事へのトラックバック一覧です: 氷上のミステリー:カーリング:

« ゴマ粒の緊張 | トップページ | 段治郎さん、いよいよ復帰へ »