« 最後の千穐楽の歌舞伎座:雰囲気篇 | トップページ | 最後の千穐楽の歌舞伎座:鑑賞篇2 »

2010年4月29日 (木)

最後の千穐楽の歌舞伎座:鑑賞篇1

428日 御名残四月大歌舞伎千穐楽第二部(歌舞伎座)
先のエントリーにも書いたように、ぎりぎり開演に間に合ったので、出だしは息を整えながらの観劇になった。
「寺子屋
これまで「寺子屋」という話は武部源蔵と松王夫婦の物語として見ていた。戸浪は何となく添え物的なイメージを私はもっていた。それが、今回は武部夫婦の物語として入ってきた。どこがどうと言うのはむずかしいのだけど、武部源蔵が戸浪という妻をいかに心のよりどころとしているか、いかに2人で寄り添って生きてきたかという部分が見えたような気がしたのだ。それだけ戸浪の勘三郎さんの存在感が大きかったのだろう。
前回も書いたが、時蔵さんの園生の前に人間味があって印象的である。
手習いをしている金太郎ちゃん、ずいぶん長いこと「い」の字の左の線ばかりをなぞっていて、すっかり気になってしまったcoldsweats01 終わりのほうになったらどんどん次の字に移っていったけれど。顔が染五郎さんに似ているなあと思った。
「三人吉三」
吉右衛門さんがぞくぞくするほどかっこよかった。菊五郎さんはとてもきれいで、女から男へそしてまた女へと、菊ちゃんの「十二夜」をちょこっと思い出した。菊五郎さんのお嬢の名文句、いいねえ。團十郎さんとのコンビもたまらぬ。團十郎さん、傷口に手拭を巻く場面、またちょっと忘れかけてるんじゃないかと心配したsmile
菊十郎さんが江戸のアウトローの世界に誘ってくれ、梅枝クンが掃き溜めに咲く可憐な花のようで、わずかな時間なのに「三人吉三」の世界を堪能した。

「藤娘」
とにかく藤十郎さんが若い。小首を傾げる様の可愛らしさ、酒に酔った様の色っぽさ、藤の枝をもった姿の艶やかさ。踊りは円熟の柔らかさに若い女性のフレッシュな硬さもみられ、ただただ、見とれるばかりである。

|

« 最後の千穐楽の歌舞伎座:雰囲気篇 | トップページ | 最後の千穐楽の歌舞伎座:鑑賞篇2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/34444750

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の千穐楽の歌舞伎座:鑑賞篇1:

« 最後の千穐楽の歌舞伎座:雰囲気篇 | トップページ | 最後の千穐楽の歌舞伎座:鑑賞篇2 »