« ラブ歌舞伎座・35(最後の初日) | トップページ | 4月歌舞伎座初日第一部・2 »

2010年4月 3日 (土)

4月歌舞伎座初日第一部・1

42日 四月御名残大歌舞伎初日第一部(歌舞伎座)
カウントダウン時計が30日を切った今日、初日。さすがに大間は役者さんの奥様方が揃って華やか。私は前田愛さんを初お見かけ。勘三郎夫人に伴われてご贔屓筋に挨拶して回る愛さんは、初々しくてと~ってもきれい、可愛かった。
「御名残木挽闘争(おなごりこびきのだんまり)」
歌舞伎座建替えのために特別に作られた演目。大筋は曽我兄弟の「対面」である。上手揚幕には歌舞伎座の紋である鳳凰丸が染め抜かれている。團蔵さんの前触れに続いて大薩摩の演奏。これが常に増して勇猛で、胸が高鳴る。
浅葱幕が振り落とされ、正面大ゼリから工藤祐経(染五郎)、曽我十郎(菊之助)、五郎(海老蔵)、鬼王新左衛門(獅童)、小林朝比奈(勘太郎)、片貝姫(七之助)、秩父庄司重忠(松緑)、大磯の虎(孝太郎)、小林舞鶴(時蔵)が登場。なんという華やかさshine
染五郎さんは残念ながら工藤祐経にしては線が細い。五郎の海老ちゃんのほうが立派に見えてしまう。その海老ちゃんは菊ちゃんとの曽我兄弟コンビ。おお未来の團菊とはシャレた配役とにんまり。
勘太郎さんが堂々としてとてもいい(はじめ誰だかわからなかった)。獅童さんは、全身タイツ男(「大江戸りびんぐでっど」)で歌舞伎座出演を終わらなくてよかったcoldsweats01
「対面」では工藤が狩場の札を兄弟に与えるが、ここでは狩場の絵図面を与える。狩場の絵図面とはすなわち、新しい歌舞伎座の設計図にあたる。工藤は、武蔵野国晴海ケ浜に鳳凰が舞い降りる夢を見た頼朝の命で、ここに舞台を作る役を担っているのである。そして、役目を果たした後に兄弟に討たれることを約束する。
そこで舞鶴が棟上の御幣を祐経から受け取り、「やっとことっちゃあうんとこな」の掛け声とともに大入りの文字を書き、お定まりの「おお恥ずかし」。舞鶴の時様は実に大らかで力強く、「おお恥ずかし」は可愛らしく、先月思った「時様で『女暫』を見たい!!」という気持ちがますます強くなった。
突然、闇になると上手から典侍の局(芝雀)、下手から悪七兵衛景清(三津五郎)が現れ、だんまりになる。源氏の白旗を景清が奪い取ると、夜明けになる。大きな太陽が現れて思わず客席がどよめく。舞台では各自決まったところで定式幕が引かれ、花道には1人景清が残る。力者との絡みがあり(力者の助けでぶっかえるが、ちょっと手間取った感があった。初日だから。力者は花道でのトンボがお見事)、最後は景清が力強い六方で引っ込む。
20分ほどの短い、様式的な演目ながら、花形が勢揃い、三津五郎、時蔵、芝雀と先輩たちが舞台を締め、対面モノが好きな私は十分楽しんだ(これだけの若手が揃うのだからと、舞台全体の見える席を狙って1階二等席を取った。前が通路で広かったこともあり、大正解scissors)。

|

« ラブ歌舞伎座・35(最後の初日) | トップページ | 4月歌舞伎座初日第一部・2 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私は三部のみ、初日観劇となりました(千穐楽がとれなかったので(涙))。
1階2等席(16列)はコスパかなり高いと思います。花道もひっこみまでよく見えますし、おすすめです(^-^)。ただ、今日は16列がとれず17列でした。でもでも、その後ろ18列の華やかだったこと!勘三郎夫人&前田愛さん、幸四郎夫人、菊五郎夫人等等、役者さんの奥様がたがずら~っとお座りでした。

舞台のことは今日はおいといて(^_^;、のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2010年4月 3日 (土) 00時35分

からつぎ様
こんばんは。
千穐楽の戻りは今のところ、きびしそうですねぇ…。
16列は今回初めて取りましたが、おっしゃるとおり。こんなにいい席だとは思いませんでした。1列前の15列が一等席なんですから、ほんとコストパフォーマンスはいいですよね。狙うのが遅すぎた…新しい歌舞伎座でも同様だったら、絶対狙います。

第一部も奥様方は後方席でご観劇だったのかしら。小山觀翁さんが観劇していらしたのには気がついたのですが。第一部では、藤十郎、菊五郎、吉右衛門、勘三郎、勘太郎、橋之助、時蔵さんの奥様と三津五郎さんのお嬢様をお見かけしました。他にも私がお顔を存じ上げない奥様たちがたくさんいらしたでしょうね。海老蔵夫人も期待したのですが、第一部にはいらっしゃいませんでしたが、ミーハー心、大満足でした(^^)

昨夜、お返事したのですが、今見たら非公開のままになっており、大変失礼いたしました。

投稿: SwingingFujisan | 2010年4月 3日 (土) 01時18分

うふふ。私も第1部は1階16列で見るんですよ!! 散財警報が出っぱなしなので、3階にしようと思ってたのですが、いや待て、連獅子の楽しみもあるしなぁ、と。ここは「御名残」、見るのも最後の16列、と思い直しました。実際に見るまでにまだ日にちがありますが、レポを拝読して期待が一段と高まってます。
初日観劇にも千穐楽にも無縁のヤサグレきびだんご、でした。

投稿: きびだんご | 2010年4月 3日 (土) 09時05分

きびだんご様
そうそう、私も3階にしないでよかったと思いました。な~んとなく、それもゴールド発売日の翌朝取ったのですが、残っていてくれてラッキーでした。今までこの席を知らなかったのが悔やまれます。
「連獅子」は日を追えばもっと3人の動きが合ってきてよくなりますよ。しかし、初日からあんなに飛ばして大丈夫かなんて心配にもなったりしてsmile

投稿: SwingingFujisan | 2010年4月 3日 (土) 10時41分

一日遅れで私も今日、16列で見てきました!(SwingingFujisanさまが16列お初とは驚きです!私は歌舞伎会に入った時から気になっていた席でしたので、ゴールド会員に昇格したときまっさきに16列を取りました!以来お気に入りの席です♪)
だんまり、よかったですね~☆もう顔がゆるみっぱなし♪デレデレしちゃいましたよ~
連獅子はドキドキして、心がふるえました!
第一部は千穐楽近くにもう一度見る予定ですが、中日あたりに戻りが出たら行ってしまうかも…です
12日、会社からSwingさまのほうへ念を送りますね~☆歌舞伎座のホントのラストを見届けて、また感動をお福わけして下さいませ~♪♪♪

投稿: 七子 | 2010年4月 3日 (土) 16時44分

七子様
連獅子、素晴らしかったですね!! 大感動です。私ももう一度見たい!!

今頃になって16列デビューなんてお恥ずかしい限りですが、ず~っとかぶりつきにこだわっていたんですよ。だんだんmoneybagが苦しくなってきて、三階席でも見るようになり、このたび何となく二等席を取ってみました。歌舞伎を見るということに少し慣れたのでしょうね、後方の席の楽しさがわかるようになりました。16列は私もすっかりお気に入りです。

12日、ありがとうございます。皆様のお力をお借りして、何とかチケットを確保できますよう、努力しますdash 

投稿: SwingingFujisan | 2010年4月 3日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/34052323

この記事へのトラックバック一覧です: 4月歌舞伎座初日第一部・1:

« ラブ歌舞伎座・35(最後の初日) | トップページ | 4月歌舞伎座初日第一部・2 »